通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BLEACH 22 (ジャンプ・コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

BLEACH 22 (ジャンプ・コミックス) ペーパーバック – 2006/5/2

5つ星のうち 3.0 59件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLEACH 22 (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • BLEACH 24 (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

A blend of Six Sense and Buffy the Vampire Slayer. A normal 15-year-old who could see ghosts met the "Goddess of Death" together they went on an adventure to rid of demons and evil spirits of the afterlife. Also an anime. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088740491
  • ISBN-13: 978-4088740492
  • 発売日: 2006/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 422,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
人気がある死神を登場させるより、まずはもう少しゆっくりと一護の学校での日常を書くべきだったと思う。

そして何より問題なのは破面二人の動き。某人気漫画に似ているとかはとりあえず目を瞑りますが、ヤミーが多くの、軽くみつもっても何百はある魂魄を吸い取り、それに対しての主人公サイドの無関心さ。

敵が周りのモブを殺して残忍さを表現する方法はいくらでもありますが、それに対しての怒りは全く見られないのはどうしようもない。

主人公は仲間を守れなかった事に落ち込んでいますが、主人公サイドには死人は全くでていません。
大量の魂魄を吸い取り、死人までだしといて主人公以外も全く仲間以外には興味ないという素振り。

少しでも怒りを表さないと破面に怒りも覚えられないし、神経を疑います。

このせいでまるっきりキャラクターに感情移入ができなくなりました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「少年漫画」なんですが、

・町の人々がヤミーの「魂吸」で大勢死んでも、怪我をした仲間の心配しかしない主人公。

・「(現世が)面白そうだから」、「(一角がいくなら)僕も行く」で乗り込んだ死神。町の人が敵によって大勢死んでいるのに、悲しむ、憤る、罪悪感を感じることもない。

・自分の生まれ育った町で悲惨なことが起きた後、本来それらを阻止すべき役割の死神達がピクニック気分で現世に来たことに、なんの怒りも覚えない主人公。

これで敵の標的となっている「町の人の魂を守る」と言われても、共感も納得のしようもないのですが。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パー 投稿日 2006/5/25
形式: ペーパーバック
そもそも「世界」を潰しにやってくる破面軍団が、主人公の「町」をまず標的にした目的がイマイチ掴めず、話に乗っていけない…。SS編では「救出」という目的がとりあえずあったのですが、このまま行くと典型的なジャンプのありがちバトルマンガになってしまいそうで…
あと他の方も書いてますが、
・現世に来る死神の選出基準が強引。
・破面軍団登場シーンがサイヤ人。
・織姫の心情描写。
など個人的に「?」が乱舞します。

星2つはこれからの巻き返しに期待を込めて。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
私はコミックスのレビューを書くのは、終了した作品だけと決めていました。だって映画で例えると、鑑賞途中に作品全体を評価できませんしね。

でも最近のブリーチ見てたら、こりゃ我慢できねーわと思ったので堪らず投稿する事にしました。

はっきり言ってキャラもストーリーも構成も全て破綻してますよ、これ。

まずソウルソサエティ編が終了してから破面編までに一護たちの日常をもう少し描くべきだったと思います。じゃないと、守るべき彼等の町や生活の重みが伝わってこないですし。作者も長編で溜まったガスを抜き切れないまま破面編に突入してしまった感があります。

最も許せなかったのは、ソウルソサエティで別れたばかりのルキアや死神たちのご都合的な再登場。早すぎる。あれだけ長かったソウルソサエティ編でのあの最期の別れを、完全に陳腐化させたこの展開に「読者を馬鹿にしているのか?」と作者に問いたくなりました。

ソウルソサエティ編までなら★5も納得できますが、最近のブリーチはどんなに甘くみても★2が限界でしょう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
連載当初はだいすきでした、この漫画。
今はもう、一護ちゃん強いね〜すごいね〜、な話ばかり。パターン繰り返しすぎで、正直あきました。
あと織姫と乱菊の話は…いるのかコレ。描いてる本人は楽しかったでしょうが、うん、ドン引きしたよコレ。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
ルキア奪還まででしたね。この漫画が面白かったのは。

いろいろゴチャゴチャと伏線はりまくってますが、何もないまま現在にいたるものも多いです。「思いつき」と言われても仕方ない状況になりつつあります。ひっぱるのはイイですが、判明させる時期を逃してます。違うタイミングで明かされても「あ、そうだったの…」「え?そんなくだりあったっけ?」て感じで、その重要性も半減しちゃいます。これは極めて残念。描いている本人は練りに練っているつもりなんでしょうが、読む側に立つと…。

「次はどうなるんだろう?」という読むのが待ち遠しいという感情が湧きません。ありきたりの話に、グダグタ意味のない肉付けの連続。

当方、原作(週刊少年ジャンプ)も読破しているので、先の展開も分かっているのですが、この辺りから話が極めてザルです。

あと、キャラの強さに差が出すぎてきました。ワタシはこれを「ドラゴンボール化現象」と呼んでいます。

原作ではこの現象もますます進行します。話そのもののスカスカ感もさらに悪化します。主要キャラを多くするとこの現象になりがちなんですよね。まとめきれずに…。

持ち直して欲しいです。本当に。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック