通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BLEACH―ブリーチ― 73 (ジャンプコミック... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BLEACH―ブリーチ― 73 (ジャンプコミックス) コミックス – 2016/7/4

5つ星のうち 3.7 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 28
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『BLEACH-ブリーチ- 全74巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLEACH―ブリーチ― 73 (ジャンプコミックス)
  • +
  • BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)
  • +
  • BLEACH―ブリーチ― 72 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,318
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アスキンの完聖体による猛毒領域に閉じ込められた浦原は、瀕死の状態から卍解を発動。張り巡らす幾重もの妙計奇策が、次第にアスキンを捕らえ始める! 一方、一護は城の最上部にて座す滅却師の王の下に…!?



登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/7/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088806840
  • ISBN-13: 978-4088806846
  • 発売日: 2016/7/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
学生時代に読み始めついに次巻でラストです。
ネットでは賛否両論ありますが、私は好きですね。
絵が綺麗しかっこいいし読みやすい。長く読んできただけに終わるのは感慨深いものがあります。

物語の後半では隊長各の卍解などがたくさんでるので、学生の頃に戻った気持ちで楽しく読めました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
敵の強さがスーパーインフレ、話の整合性がおかしくなっている。
もう、終わるとのことですが、話がまとまるのかな?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
次で最後です。 え?と思っている人 そうですね 唐突すぎてえ?と思うかもしれませんが本当に次で最後です
裏で操ってる真のラスボスとか 部下がヒゲの力奪ってラスボスに とか
今まで散々やられてはやられてないを繰り返してきましたが、ここに至って そう言う捻った展開は一切ありません、正真正銘ヒゲがラスボスです。

この漫画当初は本当に面白かったです、 3巻の一護の「やってらんねえぇぇ!!」見たいな
弾けててジャンプの主人公ぽく無いところが結構好きだったんですが、今になってこの人のキャラが分かりません。
(あとルキアがコンに一護との強制KISSさせるイメージが笑いましたw)
長く続く作品は作者も心変わりしたり、癖が出たりといろいろあるのでしょうね、作中の絵は当然ですが 作品自体も大分変わりました。
何というか キャラの台詞が多すぎて、纏まりや構成力の無さをごまかしてるみたいにも感じられます。
数話まるまるグダグダ喋ってて全く話が進まない感もあって、流石に読み飛ばしました。

この作者の話 どの章も最初は凄く面白そうなんですが、
話が進むにつれペースダウンしてきて、ラスト辺りでは完全にガス欠って事が多々ありました。
今更ですが この巻の表紙の阿散井恋次 最初出た時
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
次巻でどうやって完結するのと思うくらい今回の内容は驚きだ(もう2年ぐらい続くのかと思ってたが)

そして、ジャンプで重大発表があると聞きアニメ化か続編を期待していたのにまさかの実写化...
銀魂の実写化でお腹いっぱいなのにBLEACHファンとして本当に残念です。作者さん、実写化コケるの間違いないから今すぐやめよう
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
こんな糞まんがはよ打ち切りにせんかい
この頃の若い奴はなってねぇよなぁ
調教しがいのある・・・?かわいい・・・犬はいいねーかなぁ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
72巻から今巻収録のジェラルド戦もそうだが親衛隊戦(ナックル含む)がしつこいくらいに長すぎる。ペルニダもリジェもナックルも、これまで出番のなかったキャラの見せ場作りのためだけに復活や再生を延々と繰り返すだけのただの的みたいな扱い。次刊が完結刊であるとのことだが、話数的にユーハバッハ戦も適当で愛染や平子の卍解なんかもカットされそうである。せめてこの親衛隊戦を半分くらいにまとめることができたらもう少し完結までの話数をもう少し稼げたのにと全巻買ってきた者として残念に思う。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
注:ネタバレ
今巻はいつにも増して「協力」、「連携」がテーマになっていました。
浦原さんとグリムジョー、ネリエル。
白哉と冬獅郎、剣八。
そして一護と織姫。
それぞれ協力の形が違うのも面白いです。
全BLEACHファン待望の卍解、見せ場は
漸く垣間見れた浦原さんの本気、日番谷のかつてないカッコ良さ、白哉のプライドを捨て殺傷能力を採った(と私は解釈)奥義、特記戦力としての剣八の底力、長期連載作品故の良さがある一護と織姫の共闘。その中で1人闘う石田の勇姿。
敵役も、アスキンは浦原との会話の応酬だけでも非常に興味深かったですし、ジェラルドも親衛隊最後の1人として
これ位やってくれなきゃ困る
という感じの豪快さを見せてくれます。
ユーハバッハ及びハッシュヴァルトも一護、石田との会話の中でやっとキャラが立ってきた様に感じます。
そして最終ページの2人。
正にこの戦争へのアンチテーゼとも言うべき関係性は最高に燃えます。

ですが、やはりレビューする上で避けて通れないのは、次巻予告の三文字及び同日発売された本誌の衝撃的な告知です。
私は正直、終わるだなんて微塵も考えておらず、まだ続くと思っていました。
残った謎や伏線
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー