¥ 907
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2017/5/9

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1,167

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLAME! THE ANTHOLOGY (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集
  • +
  • 人形の国(1) (シリウスKC)
総額: ¥4,455
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

無限に増殖する巨大階層都市を舞台に、探索者・霧亥(キリイ)の孤独な旅路を描いたSFコミックの金字塔、弐瓶勉『BLAME!』を、日本SFを牽引する作家陣がノベライズ。九岡望による青い塗料を探す男の奇妙な冒険、小川一水が綴る珪素生命と検温者の邂逅、酉島伝法が描く“月"を求めた人々の物語、野崎まどが明かす都市の片隅で起きた怪事件、飛浩隆による本篇の二千年後から始まる歴史のスケッチなど、書き下ろし全5篇を収録

収録作品
九岡 望「はぐれ者のブルー」
小川一水「破綻円盤 ―Disc Crash―」
野崎まど「乱暴な安全装置 -涙の接続者支援箱-」
酉島伝法「堕天の塔」
飛 浩隆「射線」

内容(「BOOK」データベースより)

無限に増殖する巨大階層都市を舞台に、探索者・霧亥の孤独な旅路を描いたSFコミックの金字塔、弐瓶勉『BLAME!』を、日本SFを牽引する作家陣がノベライズ。九岡望による青い塗料を探す男の奇妙な冒険、小川一水が綴る珪素生命と検温者の邂逅、野崎まどが明かす都市の片隅で起きた怪事件、酉島伝法が描く“月”を求めた人々の物語、飛浩隆による本篇の二千年後から始まる歴史のスケッチなど、書き下ろし全5篇を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 373ページ
  • 出版社: 早川書房 (2017/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150312753
  • ISBN-13: 978-4150312756
  • 発売日: 2017/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『BLAME!』を読んだときのあの圧倒的な深遠・虚無・静寂の味わいをもう一度、ではなく、階層都市の世界にいろんなドレッシングをかけたような小話集 (派生アンソロジーなので当たり前だけど。) 原作のように都市が主人公ではなく、どれも人物が主人公なので、あくまでも読後感は”アンドソーオン的”。ただ、どの作品も著者の愛を感じるし短編として面白いので、おそらくファンなら楽しめるはず。

以下、各作品について
・ はぐれ者のブルー:とてもユニークな組み合わせで、短編として純粋に面白い。

・ 破綻円盤:ニュートン力学的な意味でのハードさが逆に新鮮。
(ああ、原作もそこを想像任せにしてなかったら、こういう印象を受けるのか、って)

・ 乱暴な安全装置:あの世界での日常業務ってそりゃそっか、という一話。バイオパンク好きかで感想は分かれそう、個人的には好き。

・ 堕天の塔:ちょっとファンサービス過剰感もあるが、ヒントだけあって一読ではアハ体験に辿り着かない感じがBLAME!っぽい。

・ 射線:後半は各要素を玩具のように弄んでいる感じがしなくもないが、序章は本当に素晴らしく、原作の雰囲気をうかがわせる。全体的に、(いい意味で)人によってはオラフ・ステープルドンを思い浮かべるかも
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あなたが高名なSF小説家のファンでは無くBLAME!のファンであり
夢小説等に抵抗が無く2次創作なんだから何があってもヘーキと言えない方の場合
ラストを飾る「射線」は覚悟を持って読むべきかと思います。

内容としてはBLAME!世界の終焉までを描いたものです。
文章や独自の設定は流石プロと言えますが、
多数登場する原作の人物、勢力、設定は主役である環境調和機連合知性体の
引き立て役として存在していますので原作との整合性や活躍は期待しないで下さい。
僕の引き出しでこの環境調和機連合知性体に比肩しうるキャラクターは
プロトタイプ版英霊召喚作品の主人公の姉位では?と言ったらわかる人にはわかるかと
原作主人公霧亥の声優が櫻井孝宏と言うのも妙な繋がりを感じます。

もし最初の条件に当てはまってしまう方は最初に読んでしまう事をお勧めします。
残りの4篇が間違いなく楽しめるでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
野崎まどさんの作品がひどすぎたので途中で読む気が失せてしまい、
その後の酉島伝法さんの傑作が消化不良になってしまいました。

小川一水さんの作品はわりと面白かったですが、
43歳の人がこんな作品描いてると思うとキモいな〜と思ってしまいます。
これはどんな本にも言えることですね。

表紙がかっこいいので買って後悔はしていません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
九岡望の「はぐれ者のブルー」は正統派的外伝だった。BLAME!の世界観に矛盾することなくそれを掘り下げて表現している。読後感もよく面白かった。

飛浩隆の「射線」、アンソロジーのなかで一番期待してたこの作品はパラレルワールド的外伝といえるか。
当初あった違和感も最後まで読むと、これは本編より分岐した異なる世界線の記録なんだろうと受け入れることができた。圧倒的な世界観。最後のカタルシス。面白かった。

酉島伝法の「堕天の塔」、様々な謎が謎のまま、でもそれがBLAME!本編も同様なので特にストレスは感じなかった。落下しつづける塔の中での代理構成体たちのサバイバル。魅力的な舞台。面白かった。

野崎まど「乱暴な安全装置」
正解するカドというアニメーションの脚本を担当している方だそうなので期待してたのだが、最悪最低の作品。冒頭魅力的世界観を披露しながら、話を纏めれずぶっこわしエンド。作品とし成立していない。作者後書きもいいわけじみていてみっともない。このアンソロジーの価値を200円は下げてる。これにGoサインを出した二瓶勉氏は悪趣味であり、その部分だけがBLAME!の世界観と一致してると言える。

後生、正解するカドはこんな締め方しないで欲しいと切望する。

小川一水氏は
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告