この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

BIRDER(バーダー)2017年4月号 鳥の鳴き声 図鑑 雑誌 – 2017/3/16

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 1,950 ¥ 1,394
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

花見・新緑の季節までに覚えておきたい
特集「鳥の鳴き声 図鑑」

●バードウォッチングに「鳴き声」が重要なわけ
●まずは覚えておきたい25種の声
●鳥の声録 基礎講座
●鳥が出す「音」を覚えよう!

●鳥類言語学入門 〜シジュウカラの単語と文法
●鳴き合わせの系譜
●鳥の声に関わる雑学集
●ホオジロの声が「一筆啓上仕りそうろう」と聞きなせないわけ
●ソナグラム解析で、鳥の声紋を読み解く
●読者が作る、新しい「鳥の聞きなし」発表

And more…
●BIRDERGraphics 春が来た! 〜サクラに集まる鳥たち〜
●超高速連写で、決定的瞬間を確実にモノにできるミラーレス一眼 オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」
●最高の1枚は、最高画質のA3対応プリンターで残そう! エプソン「カラリオ EP-10VA」
●新宿区立四谷図書館主催、「新宿御苑探鳥会」レポート
●新連載 NerdBirds―鳥見学への誘い―
●新連載 English for Birding
●新連載 鳥と日本人

出版社からのコメント

2017年4月号の「まずは覚えておきたい25種の声」は無料ARアプリ「文一AR」を使って聞くことができます。
また、音声の一部はサイトBIRDER.jpで公開中です。
日本で唯一の本格的バードウォッチングマガジン。鳥を知り、環境について考えるための記事が満載!
バックナンバーは小社ホームページ(http://www.bun-ichi.co.jp/)でも取り扱いがございます。デジタル版も好評発売中!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 雑誌: 80ページ
  • 出版社: 文一総合出版; 月刊版 (2017/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MR9QN6D
  • 発売日: 2017/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌 Amazonで購入
10年ぶりに野鳥の本を購入しました。
さえずりの案内、写真、イラスト、参加者の層の厚さなど
すべてに順調な進化を感じました。
さくらの中の小鳥のしゃしんには、脱帽しました。
BIRDERの発展を祈ります!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
全体を通して前半の記事は特集の意図を汲むものだが、後半の記事はテーマの選び方が散漫な印象。初心者〜ベテランまでバードウォッチャーが本当に知りたい、”知らない声を聞いたんだけど、それは何かどう調べたら良いんだろう”などの疑問には明快には答えてくれない。それでも鳥の声の第一人者で日本野鳥の会理事の松田さんの総論と、25種の解説は知らない事も多く一読の価値がある。また、鳴き声に文法を持つシジュウカラの最新研究はバードウォチャーは必須の知識でもある。

特集のみにフォーカスする。
8個の記事と1つのコラムからなり、特集の説明は「鳥が見つからない原因の80%は鳴き声を知らないからだ!」なので、初心者を意識したものだろう。そのため、最初の記事は松田道生さんに依る「野鳥観察に鳥の声が重要な理由」がうまくまとめられている。鳥は声で見つけるが、日本語に置き換えにくくそのため覚えにくいこと、分からない事も多いが地鳴きは鳥の気持ちを表し、鳥の気持ちがわかるバードウォッチングができるなんて考えると楽しくなると締める。

その後、覚えておきたい25種の鳥の声の解説がある。1番のヒヨドリから、シジュウカラ、カワラヒワ、など25番のアオバヅクまで続く。それぞれの解説には短いながら”おお、そうなんだ”と松田さんならではの説明がある。中でも気になったのはヒヨドリの地
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告