この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BEYER -the Chromatic Notation- バイエル教則本(クロマチックノーテーション)大川ワタル:著


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

作曲家、フェルディナント・バイエル(Ferdinand Beyer)が著したピアノ奏法入門書「バイエル」を、ムトウ音楽メソッドが考案した全く新しい記譜法、「クロマチックノーテーション」で表記したバイエル教則本です。バイエルは、主に初めてピアノを練習する者を対象としており、全106曲といくつかの予備練習で構成されており、題名などはない。先生と生徒で演奏する連弾曲も含まれています。

5本の線の上にさまざまな記号を用いて音を記録する「五線譜」。この形式ができたのは、およそ500年前と言われています。それから今日まで、五線譜の様式はほとんど変化していません。しかし、この五線譜という表記形式を「複雑でわかりづらい」と感じたことはありませんか?

楽譜には音の高さ、音の強さ、そしてリズムなどが表されています。私たちを混乱させている最も大きな要因は、音の高さ。つまり音程表記の複雑さです。 ♯、ダブルシャープ、♭、ダブルフラット、ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号・・・ この音程をわかりやすく表示し、音楽の理解を深める全く新しい楽譜、それが「クロマチックノーテーション」です。 クロマチックノーテーションには、音楽を難しくしていた♯・♭などの変化記号、ト音、へ音記号などの音部記号もありません。 3本の基線に、1オクターブ分の12個の音それぞれに場所がもうけられているので、ひと目で音程と、音と音の正確な距離感も把握できます。 また、調が変わった場合でも、五線譜のように記号によって複雑に表記が変化してしまうこともありません。 視覚と聴覚が正確に一致し、音楽への理解も深まる記譜法です。 ※クロマチックノーテーションは、ピアノを始めとする鍵盤楽器、移調楽器、弦楽器、声楽に至る全ての記譜に対応しています。 ※解説ページ及び楽譜内の解説は、日本語と英語で表記されています。

著者について

書籍「いますぐ五線譜を捨てなさい」の著者でもあり、ムトウ音楽メソッドの考案および、クロマチックノーテーション(3線譜)やクロマチックキーボード(ラピアン、ホールトーン、クロマトーン)の開発者。
最近では、クロマトーンのiPad用アプリケーションなども発表し、ベストセラートップ10入りを果たすなど、音楽に関わる活動範囲は多岐にわたる。 また、自身の即興や6弦ベースとクロマトーンを同時演奏してしまうスーパープレイは圧巻。ムトウ音楽メソッドによるアーティスト指導もおこなっており、彼独自のレシピでエッセンスを加えた楽曲は、個性を損なうことなくアーティストの素材がふんだんに活かされている。
固定観念にとらわれない自由な発想力と先見の明により、アーティスト達からも絶大な信頼を得ている。


登録情報

  • 楽譜: 101ページ
  • 出版社: 宝音出版; A4版 (2012/4/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990473469
  • ISBN-13: 978-4990473464
  • 発売日: 2012/4/11
  • 梱包サイズ: 29.4 x 20.4 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,993,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう