通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BECK(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BECK(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン) コミックス – 2000/2/15

5つ星のうち 4.2 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BECK(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • BECK(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • BECK(4) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第26回(2002年) 講談社漫画賞受賞

内容紹介

果てしなく続く、穏やかで退屈な中学生活。それは、いつまでも変わらないはずだった――あいつに出会うまでは……。


登録情報

  • コミック: 216ページ
  • 出版社: 講談社; B6版 (2000/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063342786
  • ISBN-13: 978-4063342789
  • 発売日: 2000/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
以前に紙媒体で読んでいたのですが、電子書籍で読み直してみました。やはり面白いです。1巻だけでは、まだまだこの物語の面白さに気づけないかもしれませんが、ぜひ続きも読んでほしいです。地味で特別個性的でもない平凡な中学生がボーカルの才能を見出され、ロックバンドに加わり、成功するというある種ありきたりなシンデレラストーリーですが、それを読者に納得させる作品になっています。
余談ですが、リアルな音楽シーンに取材して書かれているので、このバンドはあのアーティストをモデルにしているとか想像できるのも楽しいです。発表されてから時間がたっているので、現状の音楽シーンより古く感じるとは思いますが、洋楽ファンなら楽しめるのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoーda 投稿日 2004/12/29
形式: コミック
 2004年についにアニメ化されたロックバンド
漫画です!
 どこにでもいそうな平凡な中学生の少年「コユキ」
が少しの勇気を振り絞った行為から青年に出会い、
その出会いが少年と音楽をめぐり合わせます。
 私自身もバンドを組んでいた経験があり、それも
あって面白そうだなと読んでみたのですがこれはおもしろい!
キャラクターがそれぞれ非常に立っていて個性的でその
からみが面白く、しかも生々しい!そして作者の人間描写
もリアルで感情が伝わってきやすい!
 個人的に一番すごいと感じたのがライブの直前の
シーンです。イベント開始前の独特の緊張感があるのですが、
漫画のシーンからそれが伝わってきます。バンドを組ん
でた時を思い出しました!
 音楽をやっている人は「チャラついた感じ」と敬遠し
がちなジャンルの漫画ですが、リアルにバンドマンの苦悩
や醍醐味、熱い気持ちが描かれてますので、バンドを始めた
ころの情熱を呼び起こされることと思います。お勧めです!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
冒頭の「14歳にして先は見えてしまった」というモノローグは日本で生きる平凡な少年のモラトリアムな感覚を見事に射抜いていると言える。
で、「実はそのコユキは天才的ヴォーカリストでした!」って、話が破綻してないか。全然平凡じゃないじゃん。
普通の少年がロックに出会って変わっていく青春ものにだけしておけばいいのに、
著者のロキノンからの影響著しい底の浅いロック観がそこら中に散りばめられてて苛立ってくる。
この漫画で最も不愉快なのはライバルのヴィジュアル系ロックバンドがろくでもないという事を
「客が全員不細工な女」ということで表現するところ。日本のロック史で女性が果たしてきた役割を知らないのか。
レッド・ツェッペリンにしろクイーンにしろ、海外のバンドに日本で最初に夢中になったのは女性たちだよ。
海外のバンドマンがそのまま少女漫画のモデルになったりもした。
国内バンドでも、ミッシェル・ガン・エレファントもブランキーも初期のライブには女性客が多い(ライブ映像見りゃわかる)。男はその後から付いてっただけだ。
因みに主人公たちのバンドが素晴らしい事という事は「ロックフェスの客から支持される」という方法で表現される。
ミーハーな女性客=悪、通(笑)なロックフェスの客=善という勧善懲悪、大衆蔑視。ロック
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ライブ好きのツボにはまるよ、とまずはアニメの方を勧められて見始めてハマって・・・じゃあ原作はどうなのよ、と読んでみたらこれまた面白い!まあ、確かにこの原作に限って言えば物語のテーマがバンドやライブでなくっても良さそうだし、現在音楽を生業としている人間がシンクロできる内容かって言うとそれはちょっと厳しい。(これからバンドやってみたい人には悪くない)しかしこのマンガの勢いみたいなモノにいつの間にか巻き込まれてしまう感じがあり、終いまで本を閉じることを許してくれない。アニメにはないこれ以上下品になれない下世話なギャグや汚すぎる描写にもいつの間にか笑いがこみ上げてしまう。(実際、このマンガのコアな読者はアニメの方はきれいすぎて物足りないとの感想をもらしていた)有無を問わさず巻き込むその力強い描写はありえない世界も難なく描き出してくれる作者の途方ない才能に脱帽する長編物語である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー