中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BBゴローの恐の出来事 (竹書房ホラー文庫) 文庫 – 2013/2/28

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2013/2/28
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

稲川淳二の物まねでお馴染みのBBゴローが怪談を語る!ハンパない実話が容赦なく恐怖の世界へ引きずり込む…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

BBゴロー
1972年北海道富良野生まれ静岡県御殿場育ち。ギター漫談・弾き語り・漫談を駆使する「遅れてきた昭和芸人」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 220ページ
  • 出版社: 竹書房 (2013/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812493390
  • ISBN-13: 978-4812493397
  • 発売日: 2013/2/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 597,330位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 あまぞん VINE メンバー 投稿日 2013/3/11
どうして竹書房の本って、誤植が多いんでしょうね。
誤植のない本はないというくらいの頻度で呆れるくらいです。
また本作、面白いものの「です・ます調」と「だ・である調」が混在している芸人さんの書いたものに多い残念な書き方…
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
恐怖の感じ方は人それぞれですが、怪談本としてそれなりに怖く読めます。毎度の事ながら、相変わらずの誤植。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全然怖くもないし、落ちもないし、どーでも良い話がいくつかあった反面、「こういう話はあまり聞いたことがないかも」というような話もあり、全体的には、まずまず楽しめる。「実話」と言っても、必ずしも信用はしていないが、どの話もあまり人工的な匂いがないところも好感がもてた。しかし、帯に「ハンパない実話が容赦なく恐怖の世界へ引きずり込む」とあるのは、あおり過ぎ。そこまで怖くない。あと、先行レビュアーも書いてる通り、ちょっと校正が甘いのではないだろうか。竹書房の本は実話怪談くらいしか読んでないので、他は分からないが、確かに誤植というか、助詞が抜けてたりするのは、良く見かける。毎月2冊3冊と発行していくペースに無理があるのか。文芸作品ではないので、多少のことは目をつぶっても良いが、段々ひどくなってる様な気がする。善処望む。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告