この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

THE BARN

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 佐野元春 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (1997/12/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B00005G4NT
  • JAN: 4988010184926
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 27,440位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
2:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
3:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
4:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
5:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
2:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
6:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
10
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
4:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
11
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
5:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
12
30
- アーティスト: 佐野 元春 and The Hobo King Band
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

Amazonレビュー

   ザ・バンドのガース・ハドソンやジョン・セバスチャンなどがセッションに参加した、佐野元春率いるHKBのデビューアルバム。また、米国ポップ・ロックテイストがあふれる会心作だ。
   共同プロデューサーにジョン・サイモンを迎え、ウッドストックにてレコーディング。そのほとんどがライヴレコーディングであり、70年代ミュージシャンたちにインスパイアされた作品をコラージュ的に散りばめ、ポップでディープな臨場感のあるサウンドに仕上がっている。佐野元春の新たなステージ、音楽的な進化を感じさせる通算8枚目のオリジナル。(海老原澄画)

メディア掲載レビューほか

ジョン・サイモンとの共同プロデュースによるアルバム。The Bandのガース・ハドソン他がゲスト参加。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アルバム全体を通して聴いてみて、良さが分かる。
飛び抜けてキャッチーな曲があるわけでもなく、地味な曲ばかりのアルバムだけど、演奏から録音に関わる全てのメンバーの技量が圧倒的ハイレベルだからなしえる音世界。
佐野元春のファンであり、ロックンロールを愛する者ならば、この作品の持つ、ロックンロールへの深い愛情に、おおいに共鳴できるはすだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
寄り添うかのような佐野さんの歌詞と歌声、ホーボーキングバンドの暖かなサウンド。発売当時から自分にとって大切なアルバムでした。
ノスタルジーに浸れると思って購入し聴いてみると、そんな期待を良い意味で見事に裏切られました。
あれっ?こんな音鳴ってたっけ?てな部分が沢山……
いや、鳴ってたはず! 忘れてるからか?
自分でも判断つかないくらい、ある音はクッキリと立体的に、ある音は力強く、またある音は包み込むように、初めて聞いた演奏のように迫ってきます。
あー……他のリマスター版も買おうかなぁ…
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ホーボーキングバンドとしての力量を輝かしく掲げた今作は、佐野がハートランド時代の曲は演らないかもしれないとこぼした当時の、このバンドでロックする気合が結果に結びつき、楽器それぞれの調和も奥行き深く、非常に充実した音になっていた(6「風の手のひらの上」は名曲)。

このバンドは凄い。またそれを引き出すサイモン氏のタクトも。6人というビッグバンドとしてのガチャガチャ感がひとつにまとまったときの大きなグルーヴ、そして細かなディティールに潜むミュージシャンそれぞれの泣きの見せ所など、一回聴いたら二回三回とひきこまれてしまう奥深さが在る。この一流の最強メンバーだからこそ成し得る、ロックの原点回帰(ディランやニール・ヤングを経由した先)の美しさをみた。9「誰も気にしちゃいない」の歌、音の鳴り方等、ウッドストックのその館に染み込んでいる熱が、佐野の魂に触れ、ホーボーキングの音に揺れ、寄り集まってきたような神聖さを覚える。

また、テクニックだけでなく、バンドが音を出すときの喜びが全体を大きく貫き、それを大人のインテリジェンスさ(4「マナサス」は絶品)が包み込むので、バンドのハートがしっかり伝わる一枚だ。更に音は“納屋”というロックバンドが初めて音を鳴らす場所のようなピュアな環境が敷かれている。だからだろうか、音の中に木の温もり、つまりは音の跳ね返りが柔らか
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
打ち込み系の音楽がまだ幅を利かせていた時代、このアルバムが奏でるアコースティックな味わいが、
なんと新鮮に聴こえたか!
僕にとって初めての元春のアルバム。既存のファンからは不評だったが、初期3部作を
リアルタイムに聴いていない僕にとって、なんの抵抗もなく受け入れることができた。

ほとんどが一発録りというのも、普段ジャズを聴いていた自分にとって通じるものを感じたと思う。
他の作品だったら元春のファンになっていなかったかも?←このコメントは昔からのファンには
共感できないと思いますw

今年にはリマスタリングされたものが出るらしいので、もちろん購入したい。
流行を追っていないからこそ、このアルバムは何十年後も時代を越えて楽しめるアルバムだ。
音にうるさい方(ステレオマニアってわけではなく)にも十分に自信を持ってオススメできます!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 7218 投稿日 2008/7/4
形式: CD
貪欲に突っ走っていくだけのメディア、切ない、ただ切ない。当時も今の変わらない状況。金に群がり、金にしがみ付き、金に狂わされる多くの人達。純粋さを保つのはやはり難しい。20年前の自分をもう一度思い出してみようと思う。今になってこのアルバムがやけにすばらしく感じる。70年代に活躍したミュージシャン達の演奏もすばらしい、本当に心に響く。それ以上にやはり、佐野元春はすばらしい。彼がもし日本の音楽シーンに登場していなければ、僕達は何を信じればいいのだろう。いや何も信じれるものはなかっただろうし、今も彼以上のものはない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
買ってからだいぶ長い間置き去りにされていた。というのもyoung foreverくらいしか聞ける曲がないと思ったからだ。他に派手な曲はなく、全体に地味な曲ばかりで避けてしまっていた。でも最近になって聞いてみようと思って聞いているうちに、だんだん個々の曲のこの部分がなんかかっこいいとか、好きだとか思い初めて特徴を感じなかった曲の色が分かるようになってきてからだんだんこのアルバムにはまっていった。全体的によくまとまっていて、音もいいし、独特の雰囲気をもってると思う。例えばこのアルバムの1曲を他のアルバムへ入れてみようとすると違和感が出る。それだけこのアルバムの曲たちはみなTHE BARN の曲になっているのだ。今のところこのTHE BARNとTHE SUNが佐野元春氏のアルバムの中ではお気に入りです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す