通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BAR追分 (ハルキ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BAR追分 (ハルキ文庫) 文庫 – 2015/7/11

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2015/7/11
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BAR追分 (ハルキ文庫)
  • +
  • オムライス日和 BAR追分 (ハルキ文庫)
  • +
  • 情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新宿三丁目交差点近く―かつて新宿追分と呼ばれた街の「ねこみち横丁」の奥に、その店はある。そこは、道が左右に分かれる、まさに追分だ。BAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーやカレーなどの定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテルや、ハンバーグサンドなど魅惑的なおつまみを供する。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所。昼は笑顔かかわいらしい女店主が、夜は白髪のバーテンダーがもてなす新店、二つの名前と顔でいよいよオープン!


登録情報

  • 文庫: 210ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2015/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758439176
  • ISBN-13: 978-4758439176
  • 発売日: 2015/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

見知らぬBARに入り、すでにそこにいる見知らぬお客さんと一つか二つ、席を離して座る。なんとなくそのお客さんとバーテンダーの会話を横耳にしながら、さて今日は何を飲もうか、考える。1杯か、2杯、すこし時間が必要だが、次第にそのBARやそこに集まる人々に近づいていくような感覚を覚える。BARには素敵な大人の「距離感」がある。この作品はまさにその絶妙な「距離感」で様々な人々が描かれている小説だ。登場する人々は年齢も、環境も、抱えている悩みもさまざま。でもBARという一つの空間でそっと繋がり、そして時にはすれ違う。収録された幾つかの物語も、その絶妙なバランスで紡がれていく。
読み始めた時は、まさに初めてBARに行った時のような緊張感がある。そして物語が後半に進むにつれて次第に常連の気持ちになり、最後にはバーテンダーのような広い気持ちで物語を追っている自分に気がつく。伊吹作品の淡々とやさしく心に入り込んで、ページをめくる手が止まらない空気感は健在だ。何よりいままでの作品で一番食べ物が美味しそう。夜の帳が下りたころ、すこし時間を見つけて読んでほしい1冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
バーの常連客や、新規で入って来たお客達のエピソードでつなぐ 人情味のある物語。 気持ちの良い世界観に浸れます。細かい場面ですが漫画パイナップルアーミーのエピソードが出てきたりして 同世代の私は余計 親近感がわきました。 このバーに行きたい!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ネットで紹介されていたので、読んでみました。
昔から小説の食事の描写が大好きな私。この作品は、まるで文庫本サイズのメニューを手にして読んでいるような感覚になりました。派手なアクションや展開があるわけではないのに、何回も読みたくなります。

ひょんなことから横丁の管理人になった宇藤の生真面目さがいいですね。結構ふわふわした業務内容で、やろうと思えば好き勝手できそうですが、彼なりにちゃんと向き合っているのがいいと思います。
個人的に好きなのは4話です。ああいう愛の形もあるんだなと思いました。梵さんカッコいいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あっちゃん 投稿日 2015/10/20
Amazonで購入
作者の作品は読み終えた後、心が温かくなり、大好きです。今回もなんとなくわけありな登場人物に興味しんしんだったたり、普通の人の悩みに共感したり。ここに描かれていないわけあり登場人物の人生が描かれてたらと思いました。続編が出るのかな。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
登場人物たちの、他者に対して とても温かい気持ちで接する姿が 読んでいて 心地良く響き、こちらも じんわりとした温かさを感じました。ココロが疲れた時に ほっこり出来る 優しい本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
登場する人物はバールのモモちゃんを除いては、みんな一癖も二癖もあるし、謎も陰もある人達ばかりなのに、不思議と世界観が調和しているのは、新宿というカオスな街が舞台だからなのだろうか?と思ってしまった。
伊吹さんの作品を読んだのはこれが初めてだったのだけど、魅力ある人物像の描写に引き込まれ、グイグイと一気に読み進めてしまった。
そして何より、とても美味しそうなのに、決してくどくないお料理の描写が絶妙で、遅い時間に読むのは酷なくらい。こちらもとっても魅力的。
くれぐれも食べ物を手元に置いて読まないことをオススメする。
宇藤は30歳の割に頼りないし、ものを知らなさすぎるところが多々あるが、そこが自分に重なってしまい、嫌いにはなれない。
読み進めるうちに「続編があればなぁ。この世界に浸っていたいなぁ。。。」と思っていたら、『
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー