日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

BARレモン・ハート

シーズン1
 (30)
201613+
『BARレモン・ハート』は、古谷三敏(ファミリー企画)による日本の漫画。うんちくを扱った漫画作品で『漫画アクション』(双葉社)にて連載中である。内容は酒場で繰り広げられる数々の人間模様とそれに関係した様々な酒の紹介となっている。(C)古谷三敏・ファミリー企画/双葉社 (C)BSフジ/NEXTEP
出演
中村梅雀川原和久松尾諭
ジャンル
ドラマホビー・実用
オーディオ言語
日本語

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4、11月25日22:00独占配信開始

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話 再会
    2015/10/06
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    「BARレモン・ハート」の棚に、ある珍しい酒"ポール・ジロー"があった。普段はブランデーを飲まないメガネさんが切望するほど、秀逸な酒らしい。しかし、マスターはそれを開けることを拒む。マスターは「これは師と仰ぐ人のために特別に手に入れた酒だから」と説明するが...。
  2. 2. 第2話  女医さんとデート
    2015/10/06
    17分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    いつにも増して絶好調な松ちゃん。なんと今度、お世話になった美人の女医さんと、この「BARレモン・ハート」でデートをすることになったそうだ。しかし酒オンチで、いつもウィスキーのウーロン茶割りを飲んでいる松ちゃんは、デートで彼女にどんな酒をすすめるか悩み、試行錯誤する。
  3. 3. 第3話 1/150のプロポーズ
    2015/10/13
    21分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    常連客の青木さんが、長年想いつづけた女性、キャリアウーマンの京子にプロポーズ!しかし、軽く断られてしまった。しかし青木さんはさらに猛アタック!その気持ちに心が揺れた京子は、"ある課題"をクリアすれば結婚をする。と約束する。
  4. 4. 第4話 バーボン小僧
    2015/10/13
    19分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    深夜族のメガネさんが珍しく開店と同時に店に現れた夜、「BARレモン・ハート」にテンション高く騒がしい若者カップルが、乱暴に扉を開けて入ってくる。連れのナオミにBARの心得やバーボンの薀蓄(うんちく)を得々と語るトシちゃん。
  5. 5. 第5話 酒言葉
    2015/10/20
    16分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    松ちゃんが取材で出会ったひとりの女性・美子を連れレモン・ハートへ。なにやら最初から松ちゃんらしからぬいいムードでグラスを重ねている...。そんな中、美子は"ある酒"を松ちゃんに求めオーダーした。その酒を飲みながら会話が進むうち、なぜかいきなりムードが一転!
  6. 6. 第6話 サチコの酒
    2015/10/20
    24分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    マスターが"シャンパン"を用意して女性を待っている。若い女性だと聞いた松ちゃんは興味を持つが、実はマスターもその女性には会ったことがないようだ。遡ること5年前。北原総合病院の院長はいつもの定位置に座り、孫娘のサチコの話を始めた。
  7. 7. 第7話 少年時代の酒
    2015/10/27
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    カウンターの二人の中年男、知り合いのようだが無言のまま酒を飲み続けている。一人が帰った後、残った野口が同期入社だという二人の付き合いをマスターに語りだす。そのエピソードを聞いて、マスターがある酒を野口にすすめる。
  8. 8. 第8話 ファンシーボトルの謎
    2015/10/27
    17分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    松ちゃんが姪っ子のユミ子から相談があると話を聞いてみると、離婚した元夫から突然「変なボトルに入ったお酒」が送られてきたという。その鷹の形をしたボトルの酒が意味するところを、メガネさんやマスターとともにアレコレ推測するが、そしてその謎が数週間後あきらかになり...
  9. 9. 第9話 王様のビール
    2015/11/03
    17分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    松ちゃんが大学の同級生・美奈子から仕事の悩みを打ち明けられる。取引先の社長の接待があるのだが気難しい性格でお酒の好みも聞いても教えてくれないという。そこでマスターに相談するのだが...。数日後、社長と店に現れた美奈子が緊張する中、マスターが謎解きの上に出した酒に社長は...
  10. 10. 第10話 最も危険な酒
    2015/11/03
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    霧深い夜、びしょ濡れの若い男性・出口が店に松ちゃんを訪ねてくる。松ちゃんが店に遅れて現れると、出口は泣きながら「殺してください!」と訴えてきて...。そんなやりとりを見てあきれたメガネさんが出口に、そんなに死にたければ「この世で最も危険な酒」を飲ませるという...。
  11. 11. 第11話 へそまがり人生
    2015/11/10
    14分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    今晩は、松ちゃんがへそまがりな叔父さんとやってくる。しかし、時間になっても二人は現れない。その時突然、奥の扉から松ちゃんが顔を出す。この叔父さん、正面から入るような普通なことはしたくないと言うのだ。マスターは、この偏屈オヤジをギャフン!と言わせることができるのか...
  12. 12. 第12話 レモンハートな男たち
    2015/11/09
    13分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    4人組の中年の男客が入ってきた。強い酒を飲みながら妻の不満を言い合って憂さを晴らすという。そんな彼らがみな「レモンハート」というラム酒を注文する。松ちゃんも、メガネさんの「やめておけ」という忠告を聞かず、レモンハートを注文するのだが...。
  13. 13. 第13話 昭和50年の思い出
    2016/04/04
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    店の隅に電話で息子と口論をする元新聞記者の牧田信吾。仕事人間の牧田は日頃から息子とうまくいっていないらしい。マスターは牧田親子の仲をとり持とうと、ある提案をする。「"とっておきのウイスキー"を口実に、息子さんを誘うように」。
  14. 14. 第14話 両手に花の勝負師
    2016/04/11
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    松ちゃんはBARを訪れた客・森田の職業を当てようと意気込むが、マスターに負けてしまう。しかもたまったツケの支払いを求められてしまう。数日後、松ちゃんは女性を2人も連れてやってくる。ツケを賭けてマスターに勝負を挑む名案を思いついたらしいのだが...。
  15. 15. 第15話 息子が送ってきた酒
    2016/04/11
    15分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    風呂敷を持った畑中が顔を出す。その中身は外国に行ったきり便りひとつよこさない息子から突然送られてきたブランデーだった。5年前にはレモン・ハートで言い争ったこともあったその息子が酒を送ってきた意味...。マスターとともに謎解きをすると、そこにはあるメッセージが込められていた
  16. 16. 第16話 サケ・ア・ラ・カルト - バレリーナの憂鬱 -
    2016/04/18
    21分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    「サケ・ア・ラ・カルト」松ちゃんが連れてきた客は超マザコン男。そんな彼にピッタリだとマスターが取り出したボトルは...なんと哺乳瓶!「バレリーナの憂鬱」バレエを辞めて実家に帰ると言う静香に「最後の一杯をご馳走する」とマスターが取り出したのは...静香にとって特別なボトルだった
  17. 17. 第17話 停電の夜に
    2016/04/25
    21分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    マスターとメガネさんは一年前の停電の夜を思い出していた。停電中に男が現れ、一瞬ロウソクの火が消え、点けなおすと男は姿が消えてしまっていた。男は売れない小説家で、その5日も前に海で死んでいたらしい...彼は幽霊だったのだろうか...その時ドアが開き現れたのはなんと!
  18. 18. 第18話 出発の酒
    2016/05/23
    21分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    何度もため息をつきながら「神様って不公平」と落胆する客、二郎。話を聞いていたメガネさんは我慢しきれなくなり、二郎を諫めた。どうやらメガネさんは子供の頃からこの兄弟を知っているらしい。後日レモン・ハートを訪れる二郎に、今度はマスターがとある酒を勧める。
  19. 19. 第19話 スコッチ小僧
    2016/05/02
    21分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    バーボン小僧と言われるトシちゃんが調子に乗ってスコッチ通なことを語りだし、今度はスコッチ小僧と呼ばれてしまう。とその時、トシちゃんの彼女のナオミが男を連れて来店。ナオミは、どちらがスコッチに詳しいか勝負して勝った方と付き合う、と言い出す。
  20. 20. 第20話 六月の花嫁に
    2016/05/09
    20分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    常連客の山村が娘・友子を連れてやってくる。今夜は嫁にいく友子と最後の父娘水入らずの酒。しかし婚約者からの電話で友子は店を出ていくことに。一人になった山村が酒をあおり始める。その時、心配そうに見ていたマスターが山村から30年前に預かった物を思い出す。
  21. 21. 第21話 カクテルグラスにさよなら
    2016/05/30
    22分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    重い雰囲気で別れ話をする男女。女が去り、男が追いかける。その様子をマスターは心配そうに見つめる。先程の男・佐野は妻に先立たれ、半年ほど前に彼女にプロポーズ。マスターは、彼女・ミドリが残したグリーンのカクテルを見ながら、佐野が初めて彼女を連れてきた時のことを思い出す。
  22. 22. 第22話 安い酒の定義
    2016/05/16
    19分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    高級クラブに行こうとする社長の丸山が部下の斎藤に無理やりレモン・ハートに連れてこられる。ママのいないBARに不服そうな社長は高級な酒を頼もうとするが斎藤に止められてしまう。代わりに一番安い酒を2杯頼む斎藤、実直な経理担当のようだ。男はどうして高い酒を飲みたがるのだろうか?
  23. 23. 第23話 めおと鶴亀
    2016/06/20
    19分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    「アンポンタンという酒を知ってる?」松ちゃんが居酒屋で知り合った鶴二郎から聞いた話によると、アンポンタンとは飲んでも減らない夢のような酒だそうだ。その秘密を解いてもらおうと店にやってきた鶴二郎。この酒は朝起きると飲んだ分だけ元に戻るのだと言い切る。
  24. 24. 第24話 老猫の仕事
    2016/06/06
    16分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    仕事仲間の小栗芙美から猫を預かった松ちゃん、マスターに預けにくる。この猫はタウザーといい、元々の飼い主は芙美の父。彼女の父は元警察官で退官後も別の仕事をし続け、生涯現役を自負する働き者だという。その話と猫の名に興味を持ったマスターは芙美に父親を呼ぶように伝える。
  25. 25. 第25話 白と黒
    2016/06/13
    19分
    13+
    オーディオ言語
    日本語
    作家のブラック黒田を連れて松ちゃんがやってくる。黒田はやたらと毒を吐いているが、マスターが出した好みの黒い酒に機嫌を直していく。その時、ホワイト白井と名乗る男がやってくる。もめ事の原因の相手だ。BARレモン・ハート、今宵はどうなることやら...
39件のエピソードをすべて表示

詳細

監督
---
シーズンイヤー
2016
提供
NEXTEP
コンテンツ警告
飲酒
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.6

30件のグローバルレーティング

  1. 34%のレビュー結果:星5つ
  2. 16%のレビュー結果:星4つ
  3. 31%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

ほぼAmazonの客2020/12/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
酒を絡めた「大人の人間模様」ドラマ
あまり酒のうんちくを覚えないようにしているので、色々知らない事が多く勉強になる。
しかし、決して酒のうんちくドラマではなく、酒を絡めた「大人の人間模様」ドラマ。
中村梅雀さん、川原和久さん、松尾諭さんはレギュラーで毎回出てくるが、その他各話毎に出てくる俳優が、大物俳優だったり、(ドラマはほとんど観ないので)名前は知らないけど演技が上手かったり。
決して名前で選んでる訳ではなく、演技が上手い俳優を出演させてるという感じ。

ちなみに実店舗 BARレモンハートの店主(古谷三敏先生の孫)が監修をしている。
ドラマ初期の頃は、酒を注ぐ、カクテルを作る、と言った手元しか映らない作業は、梅雀さんではなく店主がやっていたそう(笑)
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
濱爺ィ2020/12/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
何度観てもいいですネ
このドラマ、何度観ても良いですね。観てるとついついお酒が進むのが玉に瑕ですが(^0^;)
以降のシリーズもぜひ配信して欲しいです。

《追記》
11話まで公開されました。
昨年末のテレビ放映時には1シーズン、2シーズンを配信となってたので……徐々に増えるのだろうか?
期待してます。

《追記2》
更に5話追加、待ち遠しかった(^^)
一話抜けがあるのは……「レモンハートな男たち」かな?どうしたんだろう??
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Rivenspire2021/01/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
お酒をもっと知りたくなる
1話完結でテンポがよく面白かったです。
お酒についての説明もマスターの声のせいもあってか、程よくわかりやすく酔わせてくれます。
ドラマのバーでやりとりされる人間模様から様々なふさわしいお酒というものがいろいろあるのだなぁと学びました。そして、このドラマを見なかったら第5話「酒言葉」の松ちゃんのような状況になった時に同じ失敗を繰り返していることでしょう(そんな状況が本当にやってくるのかは別として)。
このドラマはシーズン1,2、スペシャル版とまだまだお話があるようなので是非配信をお願いしたいです。
<追記>
やったー!少しずつエピソードが追加されてる。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Lup32020/12/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
おいしい酒が飲みたくなる。
単項本を買って読んでいて、「バーボン小僧」の様に、うんちくを話していた事を思い出します。
酒の事は当たり前ですが、見た後暖かくなる、おいしい酒が飲みたくなる物です。
何年か前に、BSでやっているのを、たまたま見て、そしたら、年末とかの当別な時だけ放送するようになり
先日も、たまたま見て、画面上にアマゾンでも・・・と表示が出た為、直ぐに拝見いたしました。
やっぱり良いですね!酒もおいしいです。したしぶりにバーボン(洋酒)が飲みたくなりました。
カンパイ~!!
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mmy2021/01/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
酒のつまみに最高!
明るい時間に見てましたが、どうにも酒を飲みたくなってしまったので見るのを中断して夜に再開。
飲みながら見ると酒が余計に美味しくなります。
酒のうんちくだけでなく、ホロっとできたり頬が緩んだりできて、ホッコリさせてもらえました。
悲しいかな、6話しかないのが残念です。

追記
知らぬ間に11話まで追加されてました。
旨い酒のつまみが増えてうれしい限りです。
まだ続きがあるならぜひお願いします。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
June2021/02/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
コミックと同じ。3人のハーモニーが癒されるんです。
昔、職場の休憩室にコミックが置いてあって新刊はみんなでお金を出し合って楽しく読んでいました。

最初、マスターがコミックの様な四角顔ではなく瓜実顔の中村梅雀さんにあれ?っと思いましたが、すぐに慣れます。
高貴でしなやかな佇まいや
優しく聞き取りやすい綺麗な発音での
お酒のうんちくの語り口を耳にすると
もはやこの方しか実写版のレモンのマスターはいない‼︎と納得のキャスティングでした。

小道具にスマホが出てきたり、
現在に置き換えてのドラマ化ですが
セリフやファッション、時代感などは原作のまま、
ちょっとチグハグですが
それが良いです。
(バーボン小僧トシちゃんやアケミのファッションが昔のまんまで懐かしい!)
昭和の終わりから平成初期の
昔のカッコいい横浜港に
ひっそりとあるであろう
オーセンティックBARレモンハートの世界観のリアルさが伝わり、
それがとてもほっこりして本当に良いですね。

メガネさんみたいなファッションの男性や
自分の好きな分野をとても詳しく勉強している知識豊富な大人達が多くいた時代が懐かしいです(ジャズやお酒に詳しいおじ様達が酒場に沢山いましたね)
メガネさんのトレンチ&中折れ帽が、
3話位から川原和久さんの身体に馴染んで
それも個人的に盛り上がりました笑
松ちゃんこと松尾諭さんもヒゲが無いけど
松ちゃんそのもの!
まさにレモンのハーモニー!
癒されます。

ゲストの豪華さも素晴らしいです。

ずーっと続きを見続けたい。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
吉野 弘規2021/01/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
素敵なBar
この原作の漫画と同じくらい前の昭和の時代。
私も通い詰めた,同じようなBarがあります。
レモンハートのマスターとよく似ていて、お客様の心遣いがとても良いですね。
Barのマスターって、お客様がいつ頃来たのかよく覚えている物です。
私も一時期、飲みに出歩かなかった時があり、マスターに1年ぶりですねっていったら…。
『いえ、1年半ぶりですね』って。
最後に来たときのことを覚えていて、ビックリしたことがありました。
どんなに年月がたとうと、覚えていてくれると、なんだか家に帰ってきたような暖かい感じがしますね。
このBarレモンハートも,そんなお店かもしれません。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
いわちゃん2021/01/27に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
ほっこりはするんだけどね
各キャストの演技も脚本も悪くはないですが「BAR」という雰囲気ではなく、まるで居酒屋。
一流のバーテンダーっていうのは客とのコミュニケーションには長けていても、プライバシーに踏み込んでまでペラペラと喋らないものです。
こういうBARもなくはないんでしょうが、BARっていうのはどちらかというと1人、もしくは少人数で静かめにしんみりと飲みたい場所なので、こういうバーテンダーがペラペラ喋って、周りの客もゴチャゴチャうるさいBARには自分ならいきませんね。
ボトルの開け方やグラスへの注ぎ方などはすごくうまく撮れているのに、雰囲気が終始居酒屋なのがとても残念。
BARではなく居酒屋を舞台としてゆるく描いていればもっと楽しめたはず。
脚本や台本に沿って演技をしていると思うので、出ているキャスト陣が嫌いとかではありませんので、念のため。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示