この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

BANG!

5つ星のうち 5.0 36件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の BLANKEY JET CITY ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (1992/1/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B00005GLE8
  • JAN: 4988006091290
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 69,172位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. RAIN DOG
  2. 冬のセーター
  3. SOON CRAZY
  4. ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車
  5. 絶望という名の地下鉄
  6. とけちまいたいのさ
  7. ★★★★★★★
  8. クリスマスと黒いブーツ
  9. Bang!
  10. ディズニーランドへ
  11. 2人の旅
  12. 小麦色の斜面

商品の説明

Amazonレビュー

   ブランキーのセカンドアルバムは、とにかくかっこいいの一言に尽きるほどの見事な仕上がり。余分な音を排除したシンプルな構成を追求しながら、前作以上にポップな音作りに成功している。
   プロデューサーに元一風堂の土屋昌己を迎えた結果、サウンドがよりクリアに仕上がっている点が成果を上げたといえるだろう。それにしても、浅井健一の悲痛な歌声と緊迫した歌詞には聴くものを圧倒する勢いがある。(大石みちひろ)

メディア掲載レビューほか

印象として悲しくなってしまう曲が多いのは気のせいだろうか?「冬のセーター」「ディズニーランドへ」などは心を鷲掴みにされたような感覚に陥る。ブランキーの特徴は浅井のヴォーカルにあると思われるが、それが特に出ているアルバム。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ブランキーはデビュー時から「大物新人」として雑誌などで紹介されていました。
この2ndアルバムは高校2年の時にリアルタイムで聴きましたが、
大げさではなく“人生を変えられた”一枚でした。
「これがロックというものなのか」と非常に衝撃を受けました。
土屋昌巳プロデュースがバッチリはまったこのアルバムは本当に素晴らしい。
プロデューサーという役割を知るきっかけにもなりました。

まるで映画のようなベンジーの歌詞に一層説得力を持たせるのは、生々しいギター・ベース・ドラムの音。
すべてアナログ録音されたそうですが、1stアルバムのカッチリした音作りとは異なりまさに人間がその手で楽器を演奏しているんだな、と感じます。
曲構成も、緩急織り交ぜ最初から最後まで一気に聴かせてくれます。

一生忘れられない、素晴らしい作品です。是非聴いてみてください。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 refgv 投稿日 2002/7/1
形式: CD
ブランキーの最高傑作。
あまりに真剣な音は、日本製のロックバンドとして誇らしいほど。
浅井の詩も、表現力と感性。このふたつが最も両立した最高の時期だった。
その詩と、独特の雰囲気を持った緊張感溢れる音。
人間の心を怖いくらい映し出した独特の物語には、感動せずにはいられない。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 scats 投稿日 2004/3/31
形式: CD
やはりブランキーの最高傑作である。
1曲1曲をとっても素晴らしいが、アルバム1枚としての流れもいい。
音とは関係ないが、歌詞カードの裏の、入れ墨を入れた赤ちゃんの写真が好き。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
★★★★★★★を初めて聴いたときは、本当に自分の中でその「問い」がはじまってしまった。あたりまえだと思っていたことがガタガタと崩れだす。
そしてLast Danceで「足の震えが止まらないぜ こんな夜には」をベンジーの口から聞いて、心底震え上がり、目の前が真っ白になった。
「ディズニーランドへ」や「冬のセーター」を初めて聴いたときは、そのあまりの真実性に精神のバランスを崩しそうになった。
「Rain Dog」や「Soon Crazy」を聴けば、頭の中で何かが起こり、体がワナワナと震えだす。
それだけ中毒性のある音楽。一度その味を覚えてしまうと、他のほとんどの音楽は幼稚園の学芸会のようにしか聞こえなくなる。

もっとも、聴く人というか、時期を選ぶように思える。
ある程度の年齢になり、心が固まってから聴いても、ふ〜んくらいで終わってしまうかもしれない。もちろん個人差はあるだろうが。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
限りなく純粋な少年の心、純粋であるが故の狂気。「BANG!」の魅力はこの言葉だけでは言い尽くすことはできない。
 大人になってもどれだけの人が少年の心を持ち続けて、どれだけの人が純粋であり続けているだろう?少年の心を持ち続けることは決してネガティブなことではない。堂々と肯定できる。それならなぜ人は少年の心や純粋さを失ったりするのだろうか?理想を追い続けることや純粋であり続けることに関して人は自由である。しかしどこまでも追い詰める社会という名の暴力に人は飲み込まれてしまう。大人になるために時に純粋さは邪魔になり社会に適応するため、誰かに好かれたいがために人は純粋さを失ってしまうことがあるのかもしれない。だが自分自身を愛し続けようとする人はいつまでも純粋でいられるのだろう。
 きっとほとんどの人が浅井健一の詞を理解できないだろうが感情を叩きつけたような彼の詩は決して作為的ではない。それゆえ彼の詩から聴こえるのは感情である。しかしその言葉を感情として感じる人は少ないのかもしれない。
 僕は高校生の頃このアルバムを狂ったように聴きまくった。その頃の僕にとっては依存性の高いドラックのようなアルバムで毎日聴いていたし、聴かずにはいられなかった。詞からも音からも感情が聴こえたのだ。僕にとっては得体の知れない気持ちよさだった。
 以前、ふと新宿の歌舞伎町を歩
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 PT 投稿日 2008/2/20
形式: CD
このアルバムを陰気な文学青年でなく、
実際にノーヘルで白バイまくような不良が作ったところが凄い!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
俺はブランキーが出るまで洋楽一本で邦楽は馬鹿にしてた
そこそこのバンドが出てきても「世界じゃあどうなんだろうな」
と鼻で笑っていた。
でもリアルタイムでこのアルバム聴いてぶっ飛んだ。
世界なんかどうでもいいと思った。最高にカッコイイと思った。
洋楽カブレの俺の目を覚ましてくれた、20世紀最強のアルバム。
今聴いても最高に格好イイ。我を忘れさせる程狂わせる唯一のアルバム
まだ聴いた事の無い人は是非一度、ブランキーに触れてみて下さい
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す