¥2,640
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
B‐29対日本陸軍戦闘機 (オスプレイ軍用機シリー... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


B‐29対日本陸軍戦闘機 (オスプレイ軍用機シリーズ) (日本語) 単行本 – 2004/10/1

5つ星のうち3.4 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥1,791
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • B‐29対日本陸軍戦闘機 (オスプレイ軍用機シリーズ)
  • +
  • 日本陸軍航空隊のエース1937‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦闘機エース)
総額: ¥4,620
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

空を埋め尽くす銀色の重爆撃機B‐29。米国工業力の象徴「超空の要塞」を撃墜する手段は陸軍の空対空特攻機による体当たりしかなかった。精密爆撃によって日本の軍事施設を滅殺しようとした米軍は、日本軍機の猛攻に阻まれ、ついに低高度からの無差別爆撃を開始する。高性能重爆に苦戦しながらも不屈の攻撃精神で向かってゆく日本陸軍戦闘機。突然現れた敵機に翼を折られ、墜落する「超空の要塞」…。B‐29のクルーにとって、帝国本土爆撃は生きて帰ることをひたすら願う恐怖の任務だった!日本側から見た防空戦闘の記録・証言だけではなく、米軍搭乗員の日記、回想なども紹介し、攻撃する者と体当たりを受ける者という、両国の間に立った視点から本土防空戦を客観的に記述する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高木/晃治
1950年、まだ英会話を勉強中の学生だった頃から日本の軍用機に関する資料を収集

サカイダ,ヘンリー
日系三世の米国人航空史研究家。成人後、長年にわたって日本軍戦闘機パイロットについての調査を継続。終戦後、今日まで口を閉ざしてきたかつての飛行士たちから得た数多くの資料を使って、細部まで余すところなく調査している

梅本/弘
1958年茨城県生まれ。武蔵野美術大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2004/10/1
  • 単行本 : 127ページ
  • ISBN-10 : 4499228506
  • ISBN-13 : 978-4499228503
  • 出版社 : 大日本絵画 (2004/10/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 2個の評価