¥ 3,888
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Autodesk Revit ではじめるBIM実践... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門 大型本 – 2016/8/26

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 3,514

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門
  • +
  • はじめてのAutodesk Revit&Revit LT 2017対応 実践! BIM入門ガイド
  • +
  • Autodesk Revit公式トレーニングガイド (Autodesk official training gui)
総額: ¥12,204
ポイントの合計: 367pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

BIM(Building Information Modeling)は、材質や管理情報などの属性データを追加した3Dモデルを作成し、建物の設計から施工、維持管理まで活用していく手法で、日本でも導入が進んでいます。本書は、これまで2D CADで作図していた人がスムーズにBIMを導入できるように、Autodesk社のRevitを使って、平面図を2Dでの作図も併用した簡易な方法で思い通りに作図する方法を紹介しています。これからBIMを導入したいという方におすすめです。

内容(「BOOK」データベースより)

平面図を2D‐CADよりもすばやく簡易な方法で思い通りに作成する「平B式」で無理なくBIMを導入できます!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 288ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2016/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477418294X
  • ISBN-13: 978-4774182940
  • 発売日: 2016/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 25.9 x 18.6 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 253,106位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
近年BIMを導入したいということをよく耳にしますが、Revitがよいのか、Archicadがよいのか、その概要すら実はよくわからない状態であるのが実状です。そこで1ヶ月間お試し期間のあるRevitを導入してみて様子を見るわけですが、これが全くよくわからないまま1ヶ月が終わってしまいます。
また日本ではAutoCADやJW-CADが幅をきかせていて、RevitってあのAutoCADのおまけでついてくる3Dソフトでしょ!という認識程度しかありません。
結局、Sketchupのような使い方をして1ヶ月で、これは使えない、と挫折した方の方が圧倒的に多いというのがBIMの現状です。
本書は、BIMなのに、まず平面図を徹底的に描くことから始めるテキストです。そのことで、現在のCADをBIMにリプレースできるからです。それから3次元に入ればいいわけですから。
しかし、このアプローチは、全くBIMとしては邪道な使い方で、Autodesk社も公認してもらえませんでした。
ですが、実務ベースにBIMをのせていく場合、この方法がベストであり、著者の山形が実践してきたプロセスそのものの解説書でもあります。
2016年9月4日の段階でRevitの解説テキストは世の中に2冊しかなく、これが3冊目となります。CADがゆっくり日本の設計文化に根付いていっ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
付録データはダウンロード形式となっていますが、メールアドレスなどを提供する必要があります。
メールアドレスが必要だという旨、なぜ本書に書かないのか?
ある一種、売買契約違反ですね。
購入の際はご注意ください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告