At the Montreux Jazz Fest... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 haru95
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面ややキズ多し。再生・音には影響ありません。デジパック仕様(多少のスレあり)。ライナーノーツ付。迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 750MP3アルバムを購入

At the Montreux Jazz Festival (Dig) CD, Original recording remastered, Import, Live

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,802 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 574より 中古品の出品:10¥ 385より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • At the Montreux Jazz Festival (Dig)
  • +
  • Some Other Time : The Lost Session From The Black Forest
総額: ¥4,491
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/3/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import, Live
  • レーベル: Polygram Records
  • 収録時間: 58 分
  • ASIN: B0000069NC
  • JAN: 0731453975828
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 118,286位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
0:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
8:22
アルバムのみ
6
30
6:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
6:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
6:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   エディ・ゴメス(B)は66年にビル・エヴァンス・トリオに参加。彼はエヴァンスとラファロが築き上げたスタイルをきっちり踏襲し、以後11年の長きにわたってエヴァンスの女房役をつとめる。ドラムスは、現代ジャズ界最高のドラマーであるジャック・デジョネット。エヴァンスより15歳ほど年下の、若手2人は本盤録音時点ではまだまだ無名。後にコンテンポラリー・ジャズ界を背負って立つ2人のはつらつとしたプレイと、それに刺激されいつになく力強いタッチのエヴァンス。
   さらに、世界有数のジャズ・フェスティヴァルでのライヴという付加価値が加わり、稀にみる名演が生まれた。ハイライトは愛奏曲<4>で、生涯で最もパワフルな演奏になっている。多くの名作ライヴ盤を生んだ同フェスティヴァル、その最初の名盤。ジャケット写真に写るのは、会場のすぐ近く、スイス・レマン湖のほとりに建つ古城。本作は「お城のエヴァンス」としてファンに親しまれる。(高木宏真)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ファースト・トリオで確立させた名声は決して偽りではなかったことを強く表した作品です。また、ゴメスとディジョネットをそれぞれフィーチャーしていますが、強くエヴァンス色がでた点において、エヴァンスの中期を彩る演奏形態の始まりと言えることでしょう。また、ディジョネットがすぐにトリオを離れてしまい、このメンバーによるトリオの公式録音が少ないという点において貴重なアルバムでもあります。しかし、そのようなサイドストーリーを別にしても、60年代後半に発表されたピアノ・トリオのアルバムの中において充実した内容をもつ作品であることは言うまでもありません。

力強くもロマンティックなエヴァンスのピアノ、非メロディアスなソロを構築するゴメスのベース、そして間の大きいパーカッシブなディジョネットのドラムス、三者の個性が見事にミックスされています。絡み合うインタープレイとは違った、個性を残したインタープレイといった感じの演奏です。

オープニングのMCから、もう作品の一部ですね。そして始まる「One for Helen」、ピアノ、ベース、ドラムスと徐々に盛り上がる演奏が素晴らしいです。その他の演奏もアップテンポ、スローテンポの組合せもよく考えられています。個人的には「Mother of Earl」から「Nardis」につながるLP時代A面の流れが最高に好きですね。グラ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
勿論スコットラファとのライブも名演です。しかしビルエバンスのプレイだけに注目すると、このライブが最高傑作と思います。ペダルを余り使用しないで、がんがん弾きまくる爽快なビルに喝采を送りたい。音も生き生きしており、聴く者の心を踊らせます。ビルの心の充実振りが、本当に気持ち良くストレートに伝わって来ます。このような爽快なプレイは、ビルエバンスの場合、余りありませんから。良く考えると、ビルの名演はライブに集中してませんか' なおこのCDは何度か買ってますが、録音の良し悪しの波が有ります。かなりの違いです。私のCDは日本発売の紙ジャケット、24bit録音です。かなり音良いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
発売直後に輸入盤LPを購入した。購入の動機はそのころ買ったばかりのステレオに聴き惚れて、もっといい音のレコードを聴きたいと思ったからだ。このアルバムスは地元スイスの放送局が録音したもので、当時スイングジャーナルの録音賞を獲得したことで購入に至った。
 しかし、録音よりビルエヴァンスの演奏の虜になってしまった。毎日毎日、レコード盤がすり切れるまで聴きまくった。当然ながらCD発売と同時に直ちにCを購入し、今でも聴いてい愛聴盤である。CDを含めてジャズのアルバムでこれほど聴いたものはない。

 エディゴメスのベースは、ものすごいテクニックだと思ったものの、当時、何をやっているかよく分からなかった。しかし、弦がネックに当たるアタック音が生々しく、ウッドベースの音色を強く意識した。ジャックデジョネットは後にマイルスのバンドで活躍するが、元々ピアニストということで、他のドラマーとは異なるドラミングで、ビルエヴァンストリオでは唯一の演奏であるが、もう少しアルバムを残して欲しかった。
 スコットラファロとの演奏は格別として、1960年代最高の演奏の1枚である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 babybass 投稿日 2014/6/7
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
おなじみのMC、「ミダーム!ミダモーゼー!ムシュー!」で始まり、エバンス節全開でOne for Helenのイントロが始まる…高校生でジャズを始めたとき、丸山君がこのライブの中の曲ばかり持って来たなあ。今にしてみれば気違い沙汰ですが、その頃はエディ・ゴメスのベースもジャック・デジョネットのドラムもがしゃがしゃばたばた五月蝿えなあと思っていたのに、最近久しぶりにCDで聴いたら、意外と3人とも落ち着いたプレーをしてることが解り、今更ですが見直しました。名曲、名ジャケ、要するに名盤ですな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1968年録音のライブだが、クリアーで臨場感あふれる録音のため、オーディオ・チェック用に聴いている人も多いと思う。
音数の多いエディ・ゴメス+ジャック・ディジョネットのリズム対エヴァンスの対決といった様相を呈しているアルバムで、息を呑むようなその緊張感はオープニング曲、"One For Helen"の第一音から始まっている。疾走感を伴ったエヴァンスのピアノにゴメスのベースが絡みつき、ディジョネットのシンバルがあおっていく。同曲は、66年の『Bill Evans at Town Hall』のボーナス・トラックとしても収録されているので、比較すると面白い。(Chuck Israels(b)、Arnold Wise(ds))。
"Embraceable You"ではゴメスの饒舌なベースが堪能できる。このアルバムを初めて聴いた当時は、技巧のひけらかしが鼻につくような気がしていたが、今改めて聴くと、悪くない。聴き慣れたせいかもしれない。
つい身を乗り出して聴いてしまうほどテンションの高いエヴァンスも、物思いにふけりながら聴くエヴァンスと同様、いいものだ、と思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告