Arborescence がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Arborescence CD, Import

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,747 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 1,112より 中古品の出品:6¥ 1,000より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アーロン・パークス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Arborescence
  • +
  • FIND THE WAY
総額: ¥3,494
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/10/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Ecm Records
  • ASIN: B00DHG1X8C
  • JAN: 0602537444014
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 101,901位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cure 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2013/11/17
形式: CD Amazonで購入
米ジャズ・ピアニスト、アーロン・パークスの自己名義3作目は初のソロ・ピアノ演奏集で、独ECMレーベルからの発売。

彼のソロ名義デビュー作「Invisible Cinema」の中に、「Into the Labyrinth」という素敵なピアノ・ソロ曲が入っていた。密
やかながら神秘的な響きを放つその曲はトリオ演奏が並ぶ流れの中異彩を放っていたものの、彼の内省世界の奥底を垣
間見る様で、永く私の心に残っていた。私と同じくこの小品に惹かれた方ならば恐らく手に取る価値のある作品だ。

全11曲、即興からなる50分の演奏は一応各曲に題がつくが、全体としての静謐さと謎めいた雰囲気は一貫しており、大き
な一続きの1曲という印象。音楽は時折調性を曖昧にしながらゆったりと進んでいく。彼の演奏はとても即興とは思えぬ程
多くの美しい瞬間を生み出しており、アンサンブルでは隠れがちだった彼のルーツをより浮き彫りにする。
残響を大切にした不思議な和声には例えばラヴェル、メシアン、武満徹辺りの楽曲と相通じるものがあり、
...続きを読む ›
2 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
Jazzというよりはコンテンポラリー・ミュージック、
あるいはブルーノート以前に垣間見られた本来のアーロン・パークスです。

ブルーノート盤とは打って変わって、
ドイツのECMレーベルからのソロ・ピアノ集。

レーベル・コンセプトである
≪The Most Beautiful Sound Next To Silence≫
と見事な融合を果たしています。

2013年リリースの本作ですが、録音は2011年11月です。

2008年の『Invisible Cinema』からアーロン・パークスに何があったのか、
録音に入っている彼の鼻歌を聴きながら
神童故の紆余曲折を感じるのは私だけでしょうか。

クラシック音楽や現代音楽好きには心に響く楽曲ですが、
純粋なJazzファンには合わない演奏かもしれません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
音の空間を漂うように聴いています。ジャズというより美しい現代音楽のようです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiro トップ100レビュアー 投稿日 2013/12/16
形式: CD Amazonで購入
Aaron Parksも随分と大人になったものだというのが、本作を聴いた第一印象でした。
才気溢れるがゆえに技巧に走るようなプレイが目立った過去の作品とは一線を画す落ち着きが、このピアノ・ソロ「Arborescence」にはあります。
クラシカルでさえあるその響きは耳に心地よく、何度もリピートしたくなります。
また、聴く時と場所を選ばない、ある意味でのポピュラリティも備えていると思います。
さて、2012年11月録音の本作と、5月録音のYeahwon Shin「Lua ya(Aaronが共演)」のプロデューサーは、ECMの創始者Manfred Eicherではなく、韓国の著名なピアニストであり指揮者 Myung-Whun Chungの子息Sun Chung。
Manfred Eicherも後継者を探しているのでしょうか?そして、看板アーチストKeith Jarrettの後釜も、レーベルとしては確保しておきたいところだと思います。AaronがKeithに続くとは、現段階ではまだ言えないと思いますが・・・。
最近、完全版がリリースされた「Concerts - Bregenz / Munchen」を聴きますと、Keithの偉大さを改めて思い知らされます。
もちろんKeithにしても、始めから大物であったわけでなく、努力の末に現在の名声を勝ち取ったに違いないので、今後のAaronの成長ぶりに期待したいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告