¥11,870
無料配送: 7月26日 - 27日 詳細を見る
最速の配達日: 明日7月 25日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon
販売元 次世代マーケット
出荷元
Amazon
Anker PowerConf スピーカーフォン ... がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
¥12,980
1010pt (8%)
詳細
発売元: AnkerDirect

Anker PowerConf スピーカーフォン オンライン会議 テレワーク (グレー:メタリック)

5つ星のうち4.4 2,125個の評価
Amazon's Choiceは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice anker powerconf

参考価格: ¥12,980 詳細

参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
価格: ¥11,870
OFF: ¥1,110 (9%)
グレー:メタリック

購入を強化する


この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 全指向性マイク搭載:6つの全指向性マイクを360°に配置することにより、全方向から声を漏れなく集めます。8人程度までの会議に最適です。
  • 優れた音声処理機能:エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を採用しており、クリアな通話を実現しました。
  • オートゲインコントロール:声の大きさとPowerConfまでの距離に関係なく音量を最適化します。相手側に均一な音量で声を届け、ストレスのないオンライン会議をサポートします。
  • 簡単セットアップと高い利便性:Bluetoothによるワイヤレス接続と付属のUSB-C & USB-Aケーブルでの有線接続に対応しており、複雑な初期設定をすることなく簡単に使用することができます。6700mAhのバッテリーを搭載し、一度の満充電で最大24時間の連続使用が可能です。
もっと見る

よく一緒に購入されている商品

  • Anker PowerConf スピーカーフォン オンライン会議 テレワーク (グレー:メタリック)
  • +
  • ロジクール ウェブカメラ C920n ブラック フルHD 1080P ウェブカム ストリーミング 自動フォーカス ステレオマイク 国内正規品 2年間メーカー保証 ブラック
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

色:グレー:メタリック

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

スピーカーフォン, 会議用マイク, 会議, 電話, オンライン会議, zoom, Hungout

主な製品仕様

サイズ:約124 × 124 × 28mm

重量:約340g

オーディオ出力:3W

接続方法 (使用時):Bluetooth / USB Type-C

通信方式:Bluetooth 5

バッテリー容量:6700mAh

連続使用時間:最大24時間

入力:USB Type-C 5V = 2A

注意

  • iPhoneなどのiOS搭載機器やGalaxyをはじめとするAndroid OS搭載機器はBluetooth接続でのみご使用可能です。
  • PowerConfのミュートボタンを押すとミュート機能はオンになりますが、オンライン会議ツール上ではミュート表示にならない場合があります。
  • 本製品は複数台連結してご使用いただく、連結接続には対応しておりません。
  • Linux搭載のPCはサポートしておりません。
  • 電源LEDの状態はそれぞれ以下のように対応しています。
    • 赤色に点灯:充電中
    • 白色に点灯:満充電 (本体の電源がオフの場合は消灯)
    • 赤色に点滅:要充電

PowerConf PowerConf S3 PowerConf+ Anker PowerConf C300 Soundcore Mini 3 Soundcore 3
PowerConf PowerConf S3 PowerConf+ PowerConf C300 Soundcore mini 3 Soundcore 3
カテゴリー スピーカーフォン スピーカーフォン スピーカーフォン ウェブカメラ Bluetoothスピーカー Bluetoothスピーカー
サイズ 約124 × 124 × 28 mm 約124 × 124 × 28 mm 約124 × 124 × 28 mm 約 99 × 30 × 30 mm (※クリップ除く) 約72 ×72× 84 mm 約174 × 57 × 59 mm
重さ 約340g 約340g 約340g 約127g 約230g 約500g
接続方法 (使用時) Bluetooth / USB Type-C Bluetooth / USB Type-C Bluetooth / USB Type-C / Bluetooth USBアダプター (USB-A) USB Type-C Bluetooth Bluetooth
ノイズリダクション機能 - -
オートゲインコントロール機能 - -
連続使用時間 最大24時間 最大24時間 最大24時間 - 最大15時間 最大24時間
アプリ対応
トラベルポーチ付属 - - -
特徴 充実した音声処理機能を搭載し、自宅で仕事をしている際もクオリティが高い会議環境を実現するスピーカーフォン PowerConfの充実した音声処理機能はそのままに、外観にファブリックを採用したスピーカーフォン Bluetooth USB アダプターが付属し、簡単にワイヤレス接続が可能になったスピーカーフォン リモートワークやオンライン授業等を取り入れた新しい生活様式に合わせて開発されたフルHDウェブカメラ アプリに対応し、イコライザーのカスタマイズが可能なコンパクト防水Bluetoothスピーカー 大人気製品「Anker SoundCore 2」のアップグレードモデル。低⾳から⾼⾳まで全ての⾳域で⾼⾳質を追求したBluetoothスピーカー

類似商品と比較する


Anker PowerConf スピーカーフォン オンライン会議 テレワーク (グレー:メタリック)
eMeet Luna Lite スピーカーフォン 会議用マイクスピーカー Bluetooth対応 Skype Zoom など対応 ノイズキャンセリング  VoiceIA技術 オンライン会議 テレワーク 在宅 会議用システム ウェブ会議 テレビ会議 ビデオ会議 PCマイク web会議スピーカー 双方向通話 全指向性集音マイク 連結機能 5-8名対応 360˚全方向集音 USB/AUX接続 高音質 Skype/ZOOM/Facetime通話アプリ対応 ブルー
Anker PowerConf S3 スピーカーフォン 会議用 マイク Bluetooth 対応 24時間連続使用 グループモード対応 USB-C接続 オンライン会議 テレワーク 在宅 会議用システム ウェブ会議 テレビ会議 ビデオ会議(グレー:ファブリック)
PC マイク 会議用マイク usbマイク マイク スピーカー マイクフォン 360˚全方向集音 テレワーク・オンライン会議・多人数遠隔会議用・セミナー・家族会話・ドライバー不要 日本語説明書付き
Kaysuda スピーカーフォン マイク付きスピーカー 双方向通話対応 スピーカーマイク USBスピーカーフォン 会議用システム Zoom/Skype/Teams/Google meet などに対応 オンライン会議/ウェブ会議/テレビ会議/ビデオ会議/在宅勤務/テレワーク/オンライン教育 全指向性集音マイク Plug&Play対応 USBモデル ブラック
GNオーディオジャパン JABRA USB・Bluetooth接続対応 スピーカーフォン 「JABRA SPEAK 510 UC」 7510-209
詳細を表示
カスタマー評価 5つ星のうち4.4 (2125) 5つ星のうち4.5 (679) 5つ星のうち4.4 (394) 5つ星のうち4.0 (76) 5つ星のうち3.9 (710) 5つ星のうち4.5 (80)
価格 ¥11,870 ¥8,980 ¥8,980 ¥3,680 ¥5,508 ¥14,000
出荷 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
販売者 次世代マーケット eMeetDirect JP AnkerDirect ACCGUYS 直営店 kaysuda tech Moving IT Ltd

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
2,125 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年3月12日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 平凡以下な出来で、お勧めできる製品ではない。
ユーザー名: Amazon Customer、日付: 2020年3月12日
本レビューについては、私個人が自費で購入した機材に対してレビューしています。
[2021/06/27追記]
その後いくつかのファームウェアアップデートもリリースされましたが、
updateの結果ハウリングが起きるなどの症状も発生し、改善するどころかさらに使いづらくなる一方のため、利用を諦めて処分しました。
Ankerさんは好きなメーカーではありますが、会議スピーカーについてはノウハウが無く、あえて選択する製品ではないと思います。
このレビューも削除されるかもしれませんが、購入される際はよい評価だけでなく悪い評価も一通り確認された方が良いお買い物ができると思います。

[2020/05/27追記]
ファームウェアを最新の26.48にupdateかけてみました。
他の方のレビューにもあるように、iOSなどからアプリで電源オフや音量調整が出来るようになっていました。
残念ながら個人的には会議などの打ち合わせの際にスマホから音量調節するのはどういう使い方なんだろうと感じます。使い道が思い浮かびません。

しばらく所有して感じるのは高級な製品なのかなと感じさせるような作りの良さみたいなものでしょうか。安っぽさは無いです。

音質面では会議スピーカーで音楽を聴く事はあまり無いと思いますが、音楽再生などについては比較的良い音と感じられると思います。
ただ、本製品の主用途である会議、打ち合わせの場面でマイクについて不満を強く感じます。購入当初から本製品ではマイクの拾いが他製品と比較して良くないのはと感じていました。
Teamsのデバイス動作確認を実施するとマイクについてはエラーと認識され、マイクの入力が不十分だという事のようです。
実際の会議でも音量が小さかったり拾わなかったりするのですが、この点は当初から一貫しており、ファームウェアのupdate等を実施しても改善されていないようです。

ファンも多いankerの製品で私も期待しておりますが、今のところ満足して利用するには至っていません。

[2020/03/12]
まさかankerが会議用スピーカーマイクに参入するとは思っておらず、発売日にいささか半信半疑で購入。
普段から利用している会議用マイク製品のjabra のSpeak 810/710/510/410、Sennheiser SP 20、Plantronics Calisto 3200/610/620らメジャーな製品と比較してみました。

一番古いSpeak 410は2009年の製品であるがとても良い使い勝手と見劣りしない音質で今も業界のスタンダードになっている製品、anker powerconfはそれらの製品と比べて、最新の製品らしい解像度の良さなどは感じられず、拍子抜けするくらい平凡な出来の様に感じます。サイズは一回り大きく、本体周囲6箇所にあるマイクなど、比較的多人数の会議にも使えるとの事、今後のファームウェアの修正などで改善される余地もあるかと思いつつ、最初の印象としては、先行の各社製品に全く及ばないものでした。
今後の改良に期待したいです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
249人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月1日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 ファームウェア34.73が公開されました。
ユーザー名: たくぞう、日付: 2020年3月1日
[2021/05/25 更新]
ファームウェア34.73がリリースされました。
・接続の問題を修正

34.72での接続問題が修正されたようで、アップデート後にPowerConf+で付属のBluetooth USBドングル(A3303)と再ペアリングが必要になる事はありませんでした。

34.72からの新機能であるマルチペアリング(最大2台まで同時接続可能)も、PowerConf(+含む)で確認出来ました。

[2021/05/05 更新]
ファームウェア34.72の公開が中止されファームウェア更新自体が出来なくなっていましたが、34.67が再公開されファームウェアが更新出来るようになりました。

周りに良く聞かれるので、今回PowerConfのシングルモードとグループモードに関する情報を記載しておきます。

ANKERサポートに問い合わせると下記の回答が返ってきます。
シングルモード:双方向通話モードになり、マイクの集音距離が短い、基本2m以内の集音となる。
グループモード:単方向通話モードになり、マイクの集音距離が延長、最大3mまで対応です。

双方向通話モードと単方向通話モードの違いは下記になります。

【双方向通話】聞くことと話すことが同時にできる。
(例1:スピーカーから相手の声が聞こえている状態でも、こちらが話すと相手にこちらの声が聞こえる)
(例2:こちらが話している時に、相手が話すとスピーカーから相手の声が聞こえる)

【単方向通話】聞くことと話すことが同時にできない。
(例3:スピーカーから相手の声が聞こえている状態で、こちらが話すと相手にこちらの声が聞こえない)
(例4:こちらが話している時に、相手が話してもスピーカーから相手の声が聞こえない)

通信用語的には全二重通信と半二重通信、比較的身近なところでは電話とトランシーバーといった感じでしょうか。

ということで、通常はシングルモードで使用するのが良いと思います。

[2021/04/26 更新]
現在、ファームウェア34.72の公開が中止されています。
やはり、PowerConf+で接続に問題があったようです。

ちなみにPowerConfでは特に接続問題を確認できませんでした。

[2021/04/20 更新]
ファームウェア34.72がリリースされました。
・マルチペアリング機能の追加(最大2台まで同時接続可能)

34.67からアップデートを行ったところ、アップデート後に新規デバイスとしてペアリング済みデバイスと再ペアリングが必要になりました。

※上記により、PowerConf+の場合、付属のBluetooth USBドングル(A3303)と再ペアリングが必要になった場合、A3303との組み合わせでPowerConfが使用できなくなる可能性があります。(現在A3303をペアリングモードする手段が公開されていないため)

[2021/01/16 更新]
Anker カスタマーサポートに問い合わせたところ、ファームウェア34.67の改善点は以下と回答がありました。

・マイクの集音パフォーマンスを改善
・Zoomアプリ上でMute機能が作動しないことを改善

やはり、マイク集音に関する修正が入っていたようです。
ただ、ハウリング気味のマイク音質になってしまっているのでちょっとやり過ぎた感があります。

また、下記環境でZOOMアプリ上のMute機能がPowerConfのミュートと連動できるか試してみましたが、すべての環境で出来ませんでした。

【環境1】デスクトップPC (Windows10 Pro 20H2)でCreative BT-W3 Bluetooth USBドングル (HFP ON)とPowerConfをBluetooth接続しZOOMアプリを使用。
【環境2】ラップトップPC (Windows10 Pro 20H2)とPowerConfをBluetooth接続しZOOMアプリを使用。
【環境3】Phone XRとPowerConfをBluetooth接続しZOOMアプリを使用。

もしかしたら、Bluetooth USBアダプター付属のPowerConf+ (A3306011)でしかZOOMアプリとPowerConfミュートの連動は出来ないのかもしれません。(本件は引き続きサポートに確認中)

[2021/01/14 更新]
ファームウェア34.67がリリースされました。
アップデートしてみましたが、29.55との違いはマイク感度が非常に上がった感じです。
ただ、マイク感度が上がったからなのかハウリング気味のマイク音質(特に高音が少しキンキンする)になってしまいました。
もしかしたら、エコーキャンセリングや残響抑制の処理に変更が入っているのかもしれません。
機能的に大きな不具合が発生しているというわけではありませんが、総じて私の使用環境では29.55の方が聴き取りやすいマイク音質で特に不具合を感じていない方でしたらアップデートは控えた方が良いかもしれません。

[2020/12/04 更新]
数日間様子見しても2台中1台でファームウェア29.54が検出されなかったため、Ankerに問い合わせたところ29.55をリリースしたので試してみてほしいとの事でした。
その結果、2台共に29.55にアップデート出来ました。
どうやら、ファームウェア29.54の配信に問題があったようです。
ちなみに、29.55の更新内容は以下の通りです。
・マイクパラメータの最適化により、マイクの集音パフォーマンスを向上
・Zoomアプリとの互換性を向上

[2020/11/28 更新]
ファームウェア29.54がリリースされました。
アップデートしてみましたが、26.48との違いは判りませんでした。
ただ、2台中1台のみファームウェア29.54が検出されアップデート出来ましたが、もう1台ではファームウェア29.54が検出されず26.48のままです。
数日間様子見してもファームウェア29.54が検出されなければ、Ankerに問い合わせてみようと思います。

[2020/05/21 更新]
ファームウェア26.48がリリースされました。
アップデートしてみましたが、26.47との違いは判りませんでした。

[2020/05/13 更新]
ファームウェア26.47がリリースされましたので更新してみました。
すると、スマホアプリでPowerConfのいろいろな機能をコントロールが出来るようになりました。
電源のOFFや音量調整、マイクのミュート、モード切替(シングル/グループ)などなど。
個人的に最もうれしいのはオートパワーオフ機能をOFFにすることが出来るようになった事。
会議用マイクスピーカー製品でこのような事ができるのは本製品ぐらいではないでしょうか。
どんどん使い勝手が良くなっていきますね!

[2020/04/30 更新]
ファームウェア26.44へアップデート後、毎日Zoom会議で利用していますが特に不具合はなく、以前のファームウェア(24.38)よりBluetooth接続時の安定性が向上した印象です。

[2020/04/19 更新]
ファームウェア26.44がリリースされたのでアップデートしてみました。
リリースノートには「バグを修正」と記載されています。
基本的な動作は問題なさそうですが、今後Zoomで日常利用して問題点が改善されているか確認していきます。

[2020/04/09 更新]
ほぼ毎日1ヵ月強利用していますが、1点使いづらい点があります。
昨今の在宅勤務でiPhone 8と常時Bluetooth接続している状態で利用する事が多いのですが、利用していない状態が続く(1時間ぐらい)と自動的に電源がOFFになってしまいます。
Bluetooth接続が切れている状態では自動電源がOFFはありがたいのですが、Bluetoothが接続状態で電話やZOOM待ち受け状態の時は電源ONを維持してもらわないと困ってしまいます。
今後のアップデートでBletooth接続が継続している場合は自動電源OFFを行わないように改善される事を期待したいと思います。

[2020/04/02 更新]
ファームウェアをv23.34→v24.38に更新してから、会議の相手からしばしば声が聴き取りづらいと指摘されるようになりました。(ZOOM)
試しに、会議中に他のPCでイヤホンでモニターしてみたところ、ファームウェアv23.34時よりもv24.38の方が明らかにマイク音質悪く(こもった感じというか極端にビットレートを低くしたような音質になった)聞き取りづらい。
Bluetooth接続の電波の問題かと思いUSBで接続してみましたが変わらず・・・
v24.38でマイクの音声処理に変更が入っているのかもしれません。
私の利用方法・環境になりますが、ファームウェアがまだv23.34で利用されている方はアップデートは様子を見た方が良いかもしれません。

[2020/03/28 更新]
3/1に商品が届き、ZOOMで日常的に利用しています。
ノイズリダクションとオートゲインコントロール機能は、ほとんど機能していないに等しいです。
まずノイズリダクションですが、キーボードの打鍵音やマウスのクリック音、環境音(特にプロジェクターのFANの音など)がはっきり聞こえる状態です。
オートゲインコントロール機能は、ZOOMソフトウェアの設定の「自動で音量を調整」をOFFにするとマイクの音量が一定になり小さい声は小さく、大きい声は大きく聞こえます。
ノイズリダクションとオートゲインコントロール機能が実際は本製品に実装されておらず、会議ソフトウェア側の機能で補完されているとしか思えない感じです。(特にオートゲインコントロールはまったく機能しているとは思えない)
今のところ実用上致命的な問題ではありませんので星3つとしていますが、ちょっと期待していただけに残念に思います。

[2020/03/13 更新]
先日、ファームウェアがリリースされたようで、最新(v23.34→v24.38)に更新したところ、下記LEDの問題が改善されました。

[2020/03/06 更新]
多くのサイトでレビュー記事が掲載され始めましたが、「話している時に声を認識している人の方向が上部のブルーLEDの光る方向でわかるようになっている」機能が私の個体では話しても上部のブルーLEDがすべて消灯している状態で全く反応しません。(初期不良?それとも仕様が変わった?)
少なくともマニュアルには、この機能があると記載されていますが…

[2020/03/01]
PCとBluetooth接続、PCと有線接続、スマホとBluetooth接続をし簡単なテストしてみましたが、クリアな音声でマイク感度・音質共に期待通りでした。
本体は金属製で高級感はありますが、サイズのわりにズッシリと重く常時カバンに入れて持ち歩くのは厳しいかもしれませんが満足感は高いです。
付属のトラベルポーチも高級感があり作りもしっかりしていますが、サイズが本体ピッタリのため内側にあるケーブル収納用ポケット(らしきもの)にケーブルを入れると蓋が閉まりません。
これならケーブル収納用ポケット(らしきもの)は無くても良いと思いました。
ケーブル収納出来ないのは残念なポイントですが、総合的には良い製品だと思います。
今後日常的に使用して、詳細な性能や使い勝手を確認し不具合が無ければ会議用マイクスピーカーとしてヤマハのようなスタンダートになりえるかもしれません。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
168人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月20日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
69人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月1日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 同価格帯では最も良いスピーカーフォン
ユーザー名: 工場長、日付: 2020年3月1日
発売日に購入しました。

ボディは上下ともメタルでひんやりとしていて高級感があります。
3人ほどで電話会議をしてみましたが、相手にはよく聞こえたそうです。
ですが3Wですのでそれほど大きくないスペースでの利用が主になるでしょう。
付属品はUSB-A to Cのケーブルです。充電とPCへの接続に使えます。
Cのみの端子のパソコンにつなぐ場合はC to Cのケーブルが別途必要となるので、そこだけご注意を。

別メーカーの一万円台のメーカー製品も持っていますが音量はこちらの方があります。またハッキリと相手の声が聞こえます。

無論、高価な有名メーカー製の電話会議スピーカーフォンと比べれば音量など全く違うレベルですが基本的に小会議室や数人で囲んで使うには値段以上の製品だと思います。

他社製品よりバッテリー容量が大きく24時間利用可能で、USB-Aから逆に充電できるのも出張などで緊急時には便利そうです。

あとモノラルではありますが音楽再生もB.G.M程度なら聴ける音質です。radikoやpodcast に最適かと。

強いて悪い点を上げるならバッテリーやボディがメタルのせいも有りますが約240gはちょっと重いかな?あとソフトやアプリで設定が出来ると良いのですが望みすぎですかね。。。

BluetoothかUSB-Cで接続するだけで使えますし、スピーカーフォン最初の一台にはとても良いんじゃないかと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月15日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入早期レビュー取得プログラム(詳細)
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月31日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月14日に日本でレビュー済み
色: グレー:メタリックAmazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。レビュー高評価商品PC用マイク