Anita Sings the Most がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 750MP3アルバムを購入

Anita Sings the Most Import

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,143 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 737より 中古品の出品:14¥ 227より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Anita Sings the Most
  • +
  • After Glow/Mad About the Man
総額: ¥2,432
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1956/1/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Polygram Records
  • ASIN: B00000470X
  • EAN: 0042282957726
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 111,473位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
3:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
2:55
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
2:36
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
2:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
2:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
2:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
4:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
3:55
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

In the mid-1950s, the Oscar Peterson trio (with bassist Ray Brown and guitarist Herb Ellis) served as a house rhythm section for Norman Granz's Verve label and his Jazz at the Philharmonic tours. Stars in their own right, they were also superb accompanists, propelling Granz's swing-era giants to some of their best performances of the era. This 1957 date is a superbly swinging session that may be Anita O'Day's finest hour in the recording studio. Although she first found fame as a singer with big bands like Gene Krupa's, O'Day's freewheeling style was most at home in a small group setting. Here she sings swing tunes at breakneck tempos and adds boppish scat with genuinely instrumental fluency. O'Day's wistful treatments of ballads are graced by luminous accompaniments, by Ellis on "I've Got the World on a String" and Peterson on "Bewitched, Bothered and Bewildered." --Stuart Broomer


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ヴァーヴレコードで見事に復活したアニタの最高傑作と呼んでいいアルバム。
白人女性ボーカリストの先駆者としてあとに続く多くのボーカリストに影響を
与えている。
小粋でオシャレ、ハスキーなヴォーカルはまさにアネゴ的余裕を感じさせ、
オスカー・ピーターソン・トリオのバッキングがそれを好サポート、名手の
面目躍如。
「ス・ワンダフル〜」では見事なまでのアップテンポで歌い出し、オスカー・
ピーターソン負けじとソロをとる、途中でテンポの違う他曲を挟む構成はまさに
圧巻。
急テンポで歌い切る「ゼム・ゼア・アイズ」ではスキャットを交えて、続くハ−ブ・
エリスが見事なアドリブを披露、ここまでオシャレに歌えるのは彼女だけだろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前作はオーケストラをバックにした作品で、オデイの代表作として聴き次がれています。しかし僕が思うに、彼女の代表作といえばこちらです。オデイの魅力といえば、自由奔放な歌唱で、伴奏までも自在に操ってしまうところではないでしょうか。そんな彼女の魅力を発揮するには小編成のバンドが最適なのです。しかも、そのオデイの歌唱に確実についていける、実力のあるバンドでなければ話になりません。そしてここに参加したオスカー・ピーターソン・トリオ(曲によってドラムスが参加)ほど相応しいものはないでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アニタオデイで一番好きなのは彼女のスゥイング感。アップテンポな曲での切れ味は天下一品だ。それにしても本作での1曲目での乗りは見事の一言。バックのオスカーピターソンの超絶ピアノ、ハーブエリスの鋭いギターに乗ってスゥインギーに歌いまくるいなせな姿にノックダウン。

続く2曲目のバラッドではビリーホリディを彷彿とさせる程渋くて甘〜い語り口を聴かせる。これにはうっとりとさせられる。

3曲目からも、アップ、メデイァム、スローと曲が出てくるが、全て隙のないものばかり。アニタ姐さんの余裕のあるメロー、ディープかつスウィンギーな自由自在で気の利いた歌唱とバックのゴージャスでイカシタ演奏が十二分に楽しめる。

曲もすべてスタンダーズで、長さも2〜3分に纏めてあるのも聞きやすい。女性シンガーものではピカイチでしょう。気まぐれなボクが何度聴いても聴き飽きないのは、シンプルなバック演奏の良さのせいだろう。

色々な有名女性ジャズシンガーに歌われている名曲"Setella By Starlight"は姐さんのが一番好きだな〜〜乱暴な例えですが、エラを日本酒、クリスを洋酒とすると、アニタ姐さんにはビールの味わいがある。失礼しました!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ヴァーヴレコードで見事に復活したアニタの最高傑作と呼んでいいアルバム。

白人女性ボーカリストの先駆者としてあとに続く多くのボーカリストに影響を

与えている。

小粋でオシャレ、ハスキーなヴォーカルはまさにアネゴ的余裕を感じさせ、

オスカー・ピーターソン・トリオのバッキングがそれを好サポート、名手の

面目躍如。

「ス・ワンダフル〜」のメドレーでは見事なまでのアップテンポで歌い出し、

オスカー・ ピーターソンも負けじとソロをとる。

途中でテンポの違う他曲を挟む構成はまさに 圧巻。

急テンポで歌い切る「ゼム・ゼア・アイズ」ではスキャットを交えて、続くハ−ブ・

エリスが見事なギター・アドリブを披露、ここまでオシャレに歌えるのは彼女だけだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hinish VINE メンバー 投稿日 2002/11/21
形式: CD
 ジャケットは個人的には許しがたい。白人女性ジャズ・ヴォーカル物はやはりヴィジュアル優先で聞く人もいるのに、この大口開き写真はない。
 中身は最高なので、映画「真夏の夜のジャズ」でのエレガントな彼女の姿を頭に思い出しながら聞くといいでしょう。
 ちょっとハスキーな声、”小粋な”フレージング、エラやサラのスタイルとは違った経路をたどって最終的には同じところに来た、という音楽。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック