Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,808
ポイント : 28pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[渡嘉敷 守]のAndroidアプリUIデザイン&プログラミング アイデア固めからユーザーフィードバック分析まで
Kindle App Ad

AndroidアプリUIデザイン&プログラミング アイデア固めからユーザーフィードバック分析まで Kindle版

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808 ¥ 1

紙の本の長さ: 299ページ

商品の説明

内容紹介

◆UI設計とプログラミングのバランスがわかる

魅力的なアプリをつくるには、プログラミング力とともに、独自のアイデアと、心地良いインタフェースをデザインする力が必要です。本書では、アイデア固めにはじまり、アイコンデザイン、UI設計、 Androidの特徴を活かしたアプリ構造の設計、プログラミング、
マーケットへのリリース、ユーザーからのフィードバックの分析まで、一連の開発プロセスを順に説明します。また開発プロセスをそのまま、本書の章構成にしているのも特徴です。



◆Android Developer Challengeファイナリスト作品の開発過程を公開

200万ダウンロードを超える「Voice Recoder(録音アプリ)」、Android Developer Challenge のTOP50に入った「MyCloset(洋服コーディネーションアプリ)」をはじめ、「Sticky(付箋紙のメモアプリ)」「Continuous Shot(連写アプリ)」「DialCall(ダイヤル式電話アプリ)」など、著者が実際に開発したアプリを実例に、Illustratorを使った各パーツのデザイン、画面のつくり方、画面遷移の考え方など、多数の図、画面を使って解説します。実際にリリースされたものばかりなので説得力が違います。



◆プログラマー、企画担当者、デザイナーに役立ててほしい一冊

本書の対象者は、これからアプリ開発を始めてみようとしている方、アイデアはあっても実作業に踏み出せない方、プログラミング技術は習得できてもオリジナルのアプリ作りをどのように始めればよいかわからないという方、デザイン能力はあるがプログラミングのイメージがつかめない方、プログラミングはできるがデザインは敬遠してしまう方、など幅広い方を想定しています。

内容(「BOOK」データベースより)

デザイン力は磨ける!Google主催Android Developer Challengeファイナリストが明かすユーザーを惹きつけるアプリ開発のノウハウ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 17813 KB
  • 紙の本の長さ: 514 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2010/12/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GH7KM62
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 156,637位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
Androidの技術書というより、作りたいAndroidアプリのアイディアを実現するための
進め方が分からない・ノウハウを知りたいデザイナーやプログラマにおすすめの本です。

デザイナーにとっては作ってみたいUIがプログラムとして実現可能かを調べたり確認する際の手順など、
プログラマにはデザインと機能を両立しそれらをどのように優先順位をつけるかのノウハウが詰まっています。

アプリを一人で作る際もデザイナーとプログラマが役割を別けた際にも思想やアイディアの共有・整理に役立つと思います。

個人的にはプログラマなのでC2DMや時間差処理・スレッド処理の簡単・シンプルな説明が面白かったです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多くのAndroidアプリ開発本が機能を実装するという観点で書かれていますが、デザインから実装を考えた内容になっているという点が他には無いですね。

著者自身がデザインとプログラミングの両方をやっておられる方なので、プログラムを知らないデザイナーの話でもなく、デザインに無頓着なプログラマの話でもないので、デザイナ・プログラマのどちらにも納得できる説得力のある内容となっています。

各種ウィジェットの使い方などを解説しているわけではないので、これだけではアプリ開発を始めることはできませんが、公開するアプリを開発するときに参考にする本として持っていて損は無いです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
UIに関しての本を探してて、本書と出会いました。

アプリ作成の全般について書かれています。
デザイン、UIの部分が特に面白かったし、参考になりました。

デザイン、UIの初学者にはおすすめの本だと思います。

一読する価値は充分にあります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一言でいうと、ガラケーアプリ時代からアプリ制作にかかわっていた著者にとってのアプリを作るうえでの考え方が濃密に書かれた本です。
UIに関して理論的な方面から述べた本はいろいろとありますが、どのようにやったかを書いた本というのは珍しいのではないでしょうか。

ただし、この本は古いです。Android2系がメインだった時代(2010年)に書かれたものなので、Android3以降、つまり「Androidタブレット」を想定した記述はないです。当然ながらAndoid4系のようにスマホでもタブレットでも使えるUIを作るということ(このレビューを書いている時点で現代的なアプリを作るうえでは必須だと思います)も考慮されていないですし、Windows8(2012-)がきっかけで流行りだしたフラットデザインに関する考察なんてものないです。
とはいえ、この本は非常に有益です。

たしかにこの本だけでアプリを作ることは絶対に不可能です。一方で、難しい技術的なことをガンガン述べているわけでないので非技術者でも読めます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 アプリの企画から運用まで、全般的に内容の濃い本ですが、特にデザイン未経験のプログラマ−がいままで養ったシステム設計の経験を応用して、アイコンの制作スキルをどのように取得すべきか記述が興味深かったです。これだけでもこの本を買った価値があると思います。なお、本でイラストレータを推奨していますが、Photoshopを使った制作でも応用できると思います。

 次は非プログラマ−のためのアイコン制作にフォーカスした本を出してほしいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover