この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

American Idol 5 Finalists: Encores Import

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2006/6/7)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B000FIM2EO
  • JAN: 0828768575727
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 567,858位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. What About Love- Melissa McGhee
  2. Superstition- Bucky Covington
  3. I’m Every Woman- Mandisa
  4. Wanted Dead Or Alive- Chris Daughtry
  5. Father Figure- Ace Young
  6. Takin’ It To The Street- Taylor Hicks
  7. Signed, Sealed, Delivered (I’m Yours)- Lisa Tucker
  8. Walkin’ After Midnight- Kellie Pickler
  9. Moody’s Mood For Love- Elliott Yamin
  10. Think- Katharine McPhee
  11. Midnight Train To Georgia- Paris Bennett
  12. When I Fall In Love- Kevin Covais

商品の説明

内容紹介

American Idol: Season 5 Encores features the top 12 finalists singing their best performances from this season. Rocker Chris Daughtry offers his take on Bon Jovi's "Wanted Dead or Alive." Kellie Pickler contributes her special version of Patsy Cline's "Walkin' After Midnight." And, Taylor Hicks sings the classic Doobie Brothers hit "Takin' It to the Streets."

Amazonレビュー

噂は本当だった――飾らない声の妙技を披露する『American Idol』はシーズン毎によくなっている。『American Idol Season 5 Encores』を買い求めるファンには嬉しいことに、ここに収録された12曲はどれも聞きやすい。ケリー・ピックラーによるパッツィ・クラインのカバー「Walkin' After Midnight」では、ノース・カロライナ出身の愛嬌のある彼女が熱心に歌いかけてくる。メリッサ・マクギーが過酷な優勝争いの中であまりにも早く落選したことを「What About Love」で思い知らせれば、ケヴィン・コヴェスは未来のディズニーのサントラになりそうな「When I Fall in Love」をしっとりと歌いあげ、彼の可能性を示している。本作は、今頃は終結しているだろうが、ウェブ上でさまざまな議論を呼んでいる。それはおそらくファイナリスト5人の選択についてだ。パリス・ベネットの「Midnight Train to Georgia(邦題「夜汽車よジョージアへ」)」はこの1曲だけで、たとえこの曲を歌っている元気いっぱいの17歳について何も知らなくても、番組に才能あふれる人材が集まっていると知らしめている。クリス・ドートリーの「Wanted Dead or Alive」は元歌のボン・ジョヴィには及ばないかもしれないが、彼のロック魂を最大限に披露している。だが、最高の歌声は9曲目に登場する。エリオット・ヤミンの「Moody's Mood for Love」、この曲は他の曲を圧倒して光り輝いている。テイラー・ヒックスのファンは彼の真っ直ぐでハスキーな「Takin' it to the Streets(邦題「ドゥービー・ストリート」)」を楽しみ、同じくらい彼の優勝を喜んでもいるだろう。だが他の者にとっては、エリオットの曲が、『アメリカン・アイドル』の歴史で最高の出来といっても過言ではない。


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(13)

トップカスタマーレビュー

2006年12月9日
形式: CD
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年7月19日
形式: CD
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年6月18日
形式: CD
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年6月8日
形式: CD
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年5月12日
形式: CD
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年6月21日
形式: CD
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年7月23日
形式: CD
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年6月2日
形式: CD
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?

最近のカスタマーレビュー