Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,980

¥ 238の割引 (7%)

ポイント : 84pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[WINGSプロジェクト阿佐志保]のAmazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門
Kindle App Ad

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,980

紙の本の長さ: 416ページ

商品の説明

内容紹介

サーバー構築経験が少ないアプリエンジニアにも安心! イチから分かるクラウド入門!

クラウドサービスの普及により、業務システム開発においても「クラウドファースト」と呼ばれる開発スタイルの採用が増えてきました。本書は、クラウドサービスの最大手「Amazon Web Services(AWS)」を使って、クラウドでのシステム開発手法を説明する入門書です。

一言にAWSと言っても、提供されるサービスが多岐にわたり、どこから手をつけてよいか分からない、という声もよく聞きます。本書では、クラウドに最適化されたアーキテクチャではなく、レガシーアーキテクチャを採用し、業務システムで広く使われているJavaによるWebシステムを構築する手順を紹介することで、AWSを初めて利用する人へのハードルを低くしています。

AWSの基本的な考え方や操作方法に十分に慣れたところで、クラウドネイティブなアーキテクチャでシステムを構築し、無理のないクラウド化を進めていただくことが狙いです。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

内容(「BOOK」データベースより)

クラウドサービスの普及により、業務システム開発においても「クラウドファースト」と呼ばれる開発スタイルの採用が増えてきました。本書は、クラウドサービスの最大手「Amazon Web Services(AWS)」を使って、クラウドのシステム開発手法を説明する入門書です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 89579 KB
  • 紙の本の長さ: 560 ページ
  • 出版社: 翔泳社; 1版 (2016/6/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01HD5VVW0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,135位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
AWSの基礎を学習しようとすると、ネットで検索すると様々な情報があふれてくる
しかし、その中から、真実を見極めるには非常に多くの時間が必要となる
その時間を短縮し基礎を学ぶには最適な一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
【良い点】
・全体的にイラストとキャプチャが付いているので分かりやすい
・オンプレミスって何?サーバーの可用性って何?といったレベルからの解説がある

【人によっては気になる点】
・表紙にもある通りJavaでの構築であり、AWS Toolkit for EclipseやTomcatのインストール等がある。
そこでハマってしまうと本筋(AWS)とは違うところでハマることになるので要注意!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
AWSのコンソール画面は決して、プログラマに取っては使いやすいとは言えないと思う。
まず、WEBサーバを立てるにはどうすれば良いのか?とか、RDBとWEBサーバを接続するにはどうするのか?
などある程度、よくあるケースの流れであっても、あちこちと行ったり来たりする必要がある。

そのため、慣れていないと、先ほどやった作業すら、どうやって戻るのか迷ってしまう場合がある。
この本は、目的別に操作手順が示されているので、AWSのコンソール画面に慣れていない場合には非常に助かります。
なので、新米でなくても、AWSのコンソール画面の使い方が慣れていない人や、たまにAWSのコンソール画面を触るというプログラマにはお勧めだと思います。

(WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、献本してもらったので、書評を書きました)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
流行のクラウドシステムを使ったインフラ構築の基礎を学習することができます。業務システムでよく使われる JavaのWebアプリケーションを使ってAmazon Web Servicesを例にして サーバー構築、ネットワーク技術、セキュリティ、運用方法について詳しく初心者にもわかりやすく書かれているので初心者エンジニアでも安心して学習できます。『WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、献本してもらったので、書評を書きました。』
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover