Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 本を聴くオーディブル 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 コンタクトレンズストア Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental

和書総合

和書総合は、『嫌われる勇気—自己啓発の源流「アドラー」の教え』 が根強い人気で堂々の1位。続編となる『幸せになる勇気—自己啓発の源流「アドラー」の教えII』も8位にランクインする結果となった。2位の『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』は、子どもが眠くなる絵本として口コミを中心に話題となっており上半期から引き続き根強い人気をみせてのランクイン。3位は大ヒットとなっているアニメーション映画『君の名は。』の原作『小説 君の名は。』。本作のサブキャラクターたちを掘り下げた特別編『君の名は。Another Side:Earthbound』も7位にランクインしている。
(集計期間:2015年11月16日~2016年11月13日 ※和書総合はコミック除く)


岸見一郎さんから和書総合1位、趣味・実用・自己啓発1位受賞のコメントをいただきました

2013年12月の刊行以来、『嫌われる勇気』が長きにわたって多くの方に読まれたことを本当に嬉しく思います。

出版時、アドラーの名前はほとんど知られていませんでした。その思想はあまりに新しく、時代を一世紀先駆けしていると私はいってきましたが、一世紀を半世紀に修正できるかもしれないと考えています。今や時代はアドラーにいよいよ追いついてきたという手応えを感じているからです。

アドラーは厳しいことを多々いっていますから抵抗する人は多いですが、『嫌われる勇気』で展開される哲人と青年の対話を読むことは読まれた方の人生を変えうる力があると考えています。

『嫌われる勇気』がこれからも何世代にもわたって長く読み継がれてほしいです。

本当にありがとうございました。


古賀史健さんから和書総合1位、趣味・実用・自己啓発1位受賞のコメントをいただきました

『嫌われる勇気』をたくさんの方々に読んでいただけたこと、まことにうれしく思います。

共著者の岸見一郎先生とともに「アドラー心理学の『あたらしい古典』となるような一冊をつくろう」と熱っぽい議論を重ねていた日々が懐かしく思い出されます。

また、今年は本書の続編となる『幸せになる勇気』も刊行し、二部作として完結させることができました。

この二冊で語られたアドラーの思想が「あたらしい古典」となり、これからも十年、二十年と、長く読み継がれることを願っています。

どうもありがとうございました。


三橋美穂さんから和書総合2位、絵本・児童書1位受賞のコメントをいただきました

世界的ベストセラー『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』が、日本でも多くの方々に支持されて、Amazon総合2位に感激しています! 著者の意図をくみ取りながら、日本語でも効果的な表現にしていくのは難しい作業でしたが、本書に関わることができて、とても光栄です。

寝かしつけに困っていた方々からの読者ハガキも、たくさん届いています。寝つきがよくなったのはもちろん、夜中に起きなくなった、夜泣きがなくなった、朝の機嫌がよくなったという声が多く、これは物語を聞きながら十分にリラックスした状態で眠りにつけるため、眠りが深くなった結果だと考えられます。

そう、本書の一番の特長は、「身体の感覚で眠り方を覚えられる」ことにあります。眠り方を教わったことがない私たちの、“眠りの教科書”ともいえるでしょう。

10月には、『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』も発売になりました。人気声優の水樹奈々さん&中村悠一さんが、やさしい声で効果的に読み聞かせてくれます。スタジオ収録に立ち会ったときは、私自身が眠くなって困ったほど。大人の方は、朗読CDをぜひご活用ください。

一人でも多くの方が、本書でぐっすり眠れることを願っています。


撮影/山口宏之

『小説 君の名は。』 へ

新海誠さんから和書総合3位、文学・評論1位受賞のコメントをいただきました

文学・評論の第1位とのこと、本当にありがとうございます。

今回の作品は思春期の人に向けて作りました。実際の年齢は関係なく、「まだ会ったことがない人の中に、自分にとってすごく大事な人がいるんじゃないか」という思いこそが思春期なのではないでしょうか。僕は今もその気分が抜けないですし、自分が物語を作る理由もそこにあると思っています。

小説版については、この本が読者の皆さんにとって、豊かな小説世界への入口になったらいいなと考えていました。この本で「小説って面白いな」と感じてくださった方々が、他の作家さんのさまざまな作品にも触れていってくだされば、うれしく思います。





















Amazonランキングとは? Amazonランキングとは?