Amanda がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 oggetto
コンディション: 中古品: 良い
コメント: CDケース新品交換済。帯ナシ。盤面に若干のキズがありますが比較的綺麗な状態です。アルコール除菌にてクリーニング済。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Amanda


参考価格: ¥ 2,365
価格: ¥ 2,257 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 108 (5%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon の Christopher Allan Diadora ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2013/9/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Helter Skelter Records
  • ASIN: B00ELBZH8O
  • JAN: 4562384461199
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 399,095位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Hells To Go
  2. Done With Vandals
  3. Clementine
  4. Sweet Arcadia
  5. Eyes Of Mine
  6. Dawnraided
  7. Swallow, Don't Spit It Out
  8. The Common Fall
  9. Dutiful Life
  10. Notice About The Ghost Behavior
  11. Wolves

商品の説明

内容紹介

The Telephones 石毛輝が大絶賛する “遅れてきた大型ルーキー”が待望の1stアルバムをリリース!

”Christopher Allan Diadora、2013年期待の遅れてきた大型新人とうとうベールを脱ぐ"といわゆる懐かしめのロック雑誌の小見出しにして欲しいほどにこのバンドにはロックンロールの本質的な衝動と世界が終わるまで失われないであろうルーツロックを紐解いた普遍性が存在している。1周ってか2.5周したこの音楽性にはロック好きもロック好きじゃない人も惹きつけてやまない魅力がある。てか多分中毒になると思う。いきなり何を言い出すんだと思うかもしれないがロックはファッションでは無いと信じている。思い出して欲しい。
初めてロックを爆音で聴いた時に感じたマリオがスターを取った時にも似た無敵感バリバリの衝動を。ダサくてもいいんだ。周りなんか気にするな。安酒をあおって彼らの音に魂を解放して首に青筋をたてながら振りまくって一緒にシンガロングしようじゃないか。10年来の誇れる仲間に乾杯を捧げます。
こんな時代にこの音を鳴らしてくれてありがとう。
石毛輝 (the telephones)

Christopher Allan Diadoraの待望の1st Albumが完成した。
待望、というのが大袈裟じゃないほど、待たされた今作。(もはや出ないんじゃないかとも思った笑) メンバーは素晴らしい音楽リスナーでもあるし、そういう意味での音楽的バックボーンは当然感じられるが、結局どの曲も「Christopher Allan Diadoraでしかない」という感覚は、当たり前のようでとても稀有だ。
先行シングルとなる「Done With Vandals」はまさにそういう部分を感じる事が出来る名曲。今の日本のマーケットを考えて、なんて事はまるで無くて。もっと言えば、実は今の海外のシーンも横目では見つつも、あんまり関係なくて。結局大切なのは彼らが今まで地下で練り上げてきた偏執的な美意識でしかない。呆れちゃうほどのそれに基づいて作られたことは楽器の音一つをとっても明白。だからこそ、この曲を、この1枚を聴いたときに自分は「これこそが彼らにしかやれないROCKだ」と思うのだ。なんて痛快なんだろう。ダメな2ndを聴かされるなら、この1枚で彼らのキャリアは終わって欲しい。それなら今の純度のまま、この1枚をずっと聴き続けられるから。誇張じゃなく、それほど好きな1枚なのです。
タイラダイスケ(FREE THROW)

メディア掲載レビューほか

2010年に始動したChristopher Allan Diadoraのファースト・フル・アルバム。 (C)RS

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう