The Allman Brothers at Fi... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,540
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Skynet
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,050MP3アルバムを購入

The Allman Brothers at Fillmore East CD, Original recording remastered, Import, Live

5つ星のうち 4.8 42件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,025 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:27¥ 462より 中古品の出品:9¥ 380より

Prime Music Prime Music


Amazon の オールマン・ブラザース・バンド ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • The Allman Brothers at Fillmore East
  • +
  • Eat a Peach (Dlx) (Exp)
  • +
  • The Allman Brothers Band
総額: ¥3,663
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/10/14)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import, Live
  • レーベル: Island / Mercury
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B000003CMB
  • EAN: 0731453126022
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 6,366位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
4:35
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
8:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
19:18
アルバムのみ
5
30
5:21
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
13:05
アルバムのみ
7
30
23:03
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

   1968年3月8日、プロモーターのビル・グラハムはNYのイーストサイドにあった映画館跡地にライヴハウスを開設、71年の閉店までの短い期間、フィルモア・イーストは伝説のライヴを数多く生んだ。
   とりわけオールマン・ブラザーズの演奏を収録したアルバムはロック界最高のライヴ・アルバムとされ、その輝きをいまに伝えている。南部ジョージア州出身ならではのブルーシーなメロディライン、黒人ゴスペルから流用されたオルガンの旋律を背景にツインドラムを配するなど、音は厚くスケールの大きなものとなっている。ウィル・マクテルやエルモア・ジェイムズら往年のデルタ・ブルースマンの曲を再解釈するデュアン・オールマンのスライド・ギターは時に粘っこく、そして「スカイドッグ」と呼ばれたように音の空間を自由に駆けめぐる。そこにはデュアンによる、先達への畏敬や憧れすら聴き取れる。
   彼はこのライヴを制作する前にデレク&ドミノスの『レイラ』に参加、エリック・クラプトンにグループへの加入を求められるがそれを断り、フィルモア・イーストでの演奏の後、オートバイ事故で帰らぬ人となった。(駒沢敏器)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dolphintanz 投稿日 2012/1/31
形式: CD
20才そこそこの若者がこれを作ったということがホントに凄い。
音楽は今、携帯するものになってしまった。そして時代とともに、いや季節とともに使い捨てにされ、忘れられていく。それでも誰も惜しまない。音楽なんて、所詮そんなものだから。お友達との会話についていくためだけのもの。いくらでも新しい人たちが出てきて、結局同じ昔のものを焼きなおして、お金と時間を無駄遣いし、消費してしまえばいい。Artistとかいう人たちだって、使い捨てればいい。代わりはいくらでもいるし。
ここにあるものはそんなものとは絶対に違う。代替不可能。ここ、この時にしかない音楽。
何も考えていなかったかもしれない。若造だし。でも真剣に音楽に向かっている。純粋に楽しんでいる。聴衆に媚びるところがない。純度100%の結晶。無色透明。不純物なし。
Rockがあって良かった。大事にできる音楽があって良かった。このアルバムに出会えて、僕らは幸せだ。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
71年の初期メンバー絶頂期のライブ音源。
「Statesboro Blues」の一発目から聴けるデュアンの飛びまくりスライドから
「Whipping Post」まで非常に熱い演奏が繰り広げられた全ロック史上屈指のライブ盤。
完全版でこのライブの最後まで聴くこともできるが通常版でも演奏の密度に変わりは無い。
当時のフィルモアにおける空気だけではなく汗や埃や匂いまでもが音の間から伝わりそう。
この夜、一晩中ドップリとこの音に浸かることができたなんてホント夢のような話である。
40年近く前の米国で起こったまさに奇跡の夜の出来事の記録。

怒濤のリズムセクションから広がるインプロヴィゼーションの中心はもちろんデュアン。
フィルモアを縦横無尽に飛び交うギターはもはや楽器という言葉を超越した存在。
デュアンのさまざまなセッションワーク、クラプトンとのバトルも捨てがたいが、
やっぱり自分とこで好き放題に放つ音の自由奔放度はこのアルバムに勝るものはない。
音楽家として非常に短い活動期間であった彼が最高潮であった時期の「生演奏」を
切り取った記録としての資料価値も十分に高い。
個人的にはこのライブは米国音楽の一つの頂点であると思う。

そして
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この作品は何世代にも渡って、エレキギターを手にした人と同じ数だけ聴かれたといっても言いすぎにはならないとおもう。しかしそういう側面は横に置いて純粋に「体質でやっている音楽」=ブルースということからすると、以降のクラプトンがスランプになったのも理解できるデユアンの才能の輝きが、一点に絞られていく感動的な様がここには凝縮されている。いつ何度聴いても発見があるというのはブルース音楽の常だが、彼等には白人ブルース特有の気負いや気取りが全くない。問題は肌の色ではないのだ。オールマンズを聴くときそう感じて仕方がない。このアドリブの時間は音楽を聴くものの思い込みを入れ替えるだけの時間だと解釈してます。理屈でなく体験してみてください。そういう風に音楽が受け止められていた頃の精神を想像しながら....。意外と現在の空気ともマッチしてくるんです、これが。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
初めて聴いたのは高校生の時だったと思う。
レンタルレコード屋で2枚組のLPを借りてカセットテープに録音した。
ブルース・ロックに時間を忘れて聴き入った。

が、本当に心の底からこのアルバムを愛しはじめたのは
30歳を超えたぐらいかもしれない。

大学生の頃にCDを買っていたのだが、
たまにアルコールで酔った時などに聴く程度だった。

しかし、おっさんになってきて改めて聴いたら、
もうアルコールなしでこのアルバムに酔いしれる。

こんなライブに参加できた人はなんてうらやましいのだろう。
キレのありまくる演奏、リズム隊はもちろんだが、
やはりデュアン・オールマンのギターがなんといっても素晴らしい。

アドリブ満載で緊張感がただよう。

歴史に残る名盤だ。

しかしこんなすごい演奏をした後、
デュアン・オールマンはオートバイでトラックに追突し、
24歳の若さで死ぬ。

しかしデュアン・オールマンは今作だけではない。
デレク・アンド・ザ・ドミノスのアルバム
『いとしのレイラ』でもギタリストとして参加している。
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック