All Night Wrong がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

All Night Wrong Import

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,545 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 857より 中古品の出品:3¥ 2,298より

Prime Music Prime Music


Amazon の アラン・ホールズワース ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • All Night Wrong
  • +
  • ロード・ゲームス
  • +
  • I・O・U
総額: ¥5,845
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/9/9)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Favored Nations
  • ASIN: B0000C3I5V
  • EAN: 0690897233027
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 85,676位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Lanyard Loop
  2. The Things You see
  3. Alphrazallan
  4. Funnels
  5. Zone
  6. Water On the Brain Part II
  7. Above & Below
  8. Gas Lamp Blues

商品の説明

Amazonレビュー

The title may offer insight into guitar legend Holdsworth's notorious aversion to the pressures of live recordings; indeed, this marks the first live solo album of his long career. But the nigh-flawless performances here (recorded in May, 2002 at the Roppongi Pit Inn in Tokyo, Japan) also suggest a certain irony to the fusion pioneer's concerns. His distinctive chordal melodic technique sets "Lanyard Loop" (and much of the album) in a quietly savory orbit; but it's a deceptively languorous framework that Holdsworth masterfully uses to contrast his often-aggressive soloing. "The Things You See" showcases some remarkably fluid tonal shifts and a solo tack that's as free and Coltrane-esque as advertised. The soft focus of "Alphrazallan" proves it can also be a tightrope walk, while drummer Chad Wackerman's playful, funk-edged solo introduction gives the dark, cascading mystery of the guitarist's playing on "Zone" yet another compelling facet, with bassist Jimmy Johnson capably adding yet another layer of rhythmic complexity. The jazzy, neo-swing of "Water on the Brain, Pt. II" and "Gas Lamp Blues" (where Johnson in particular shines) displays the trio's forceful, economic interplay to good effect, and one that stands in dramatic contrast to the dreamy soundscape "Above & Below." Fusion remains an underappreciated musical language, but this is a fine live showcase for one of its master linguists.


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
六本木ピットインでのライブということで、少し安心しました。
というのは、FM等でのオンエアの印象だと思いますが、
大きなホールだと音が引っ込んでいて間に出ていないような気がするのです。
その点、ライブハウスということで、音が前に出ている、
というか音が逃げていない気がするのです。
スタジオワークでの音とはさすがに違う気がします。
だから、ちゃんと聴いているとスタジオじゃないなというのは感じます。
ところが、何気なしに聴いているとライブの不足感がないのです。
チャド・ワッカーマンのタイコもいいです。
ライブプレイの遊び感が出ている感じがします。
「ライブだから」とためらっている方には特にお薦めしたいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 abjohn VINE メンバー 投稿日 2005/6/24
形式: CD
2002年に突如として出現したアラン・ホールズワースのライブアルバムです。完璧主義者ゆえに、不確定要素が多いライブ盤の発売を頑なに拒んできた彼ですが、そんな頑固者のアランさんが自信を持って(笑)世の中に送り出した初めてのライブ盤だけに、これは大変な傑作です!これは聴く前からわかっていました!
ギターシンセの導入、スタンダードナンバーへの挑戦など、個人的な感想・見方ですが試行錯誤を繰り返してきたアランさんですが、このライブでは「原点」に戻った姿が見られます。そう、とにかく弾きまくっています!ギターをもった渡り鳥(喩えが古すぎです)ではありませんが、どんなに立派な機材を揃えていても、演者の熱情が伝わって来なければライブとしては失敗です。ここでは、アランさんの乾坤一擲、気合が入ったソロが充満しています。特に1曲目のLanyard Loop でのソロは何度聴いてもため息が出てしまいます。
ところでアルバムタイトルの「All Night Wrong」ってどんな意味が隠されているのでしょうね?どなたかご存知ですか?
3 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 いわずと知れたレガートの達人であり、一切の妥協をしない完壁主義者でもある、Allan Holdsworthの初の公式ライヴアルバム。私が初めて彼の音楽に触れたのはこの作品であった。パワフルでもあり時に繊細でもある音、奇妙でもあり絶妙でもある和声、他の追随を許さない超絶技巧、一見矛盾しているようで実は高い整合性を持った音楽、これを聴いた私は、実に衝撃を受けた。
 内容は、音にもリックにも一切妥協をしない姿勢を貫く彼だけあって、とても質が高いものとなっている。聴いていると、まるで自分の目の前でAllanが弾いているような感じさえする、臨場感溢れる音だ。時に雷の様でもあり、時に透明な水のしずくのような音といえばよいのだろうか、そんな彼独自の"声"で遺憾なく囁き、叫びまくっている。個人的に、7のabove & belowの音の透明感には、美と静寂という深い響きを感じる。もちろん、徹頭徹尾、超絶技巧満載のアルバムであること、は言うまでもない。Allanのいくつになっても衰えを知らない高い演奏能力と、ミュージシャンとしての姿が生々しく映し出された傑作といえる作品である。

 ベスト盤と呼べる選曲ではないかもしれないが、彼が演っている音楽を、彼の音楽を知らない人が聴いても、端的に分かる選曲になっているのではないだろうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
内容は他の方に任せるとして、よく世界で最も無名な有名ギタリストという表現でコアな人気を持つ実力派ギタリストを称する。かつてはロイ・ブキャナン、ダニー・ガットン、エリック・ジョンソンあたりがそう呼ばれていたと思う。でもその呼称はアラン・ホールズワース(AH)にこそ、相応しい。およそギターに興味がない人はまず人生の内でAHの音楽を聴くことはあるまいし、AHの音楽はそういう人を寄せ付けない佇まいである。しかしこの人には売れたいとかいい生活がしたいとかという欲求が商業ミュージシャンでありながらも他に比べて薄いのであろう。ジャンルは違えどバルトークの音楽が持つ気高さを感じる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 abjohn VINE メンバー 投稿日 2006/8/24
形式: CD
2002年に突如として出現したアラン・ホールズワースのライブアルバムです。完璧主義者ゆえに、不確定要素が多いライブ盤の発売を頑なに拒んできた彼ですが、そんな頑固者のアランさんが自信を持って(笑)世の中に送り出した初めてのライブ盤だけに、これは大変な傑作です!これは聴く前からわかっていました!

ギターシンセの導入、スタンダードナンバーへの挑戦など、個人的な感想・見方ですが試行錯誤を繰り返してきたアランさんですが、このライブでは「原点」に戻った姿が見られます。そう、とにかく弾きまくっています!ギターをもった渡り鳥(喩えが古すぎです)ではありませんが、どんなに立派な機材を揃えていても、演者の熱情が伝わって来なければライブとしては失敗です。ここでは、アランさんの乾坤一擲、気合が入ったソロが充満しています。特に1曲目のLanyard Loop でのソロは何度聴いてもため息が出てしまいます。

ところでアルバムタイトルの「All Night Wrong」ってどんな意味が隠されているのでしょうね?どなたかご存知ですか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック