Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,161

¥ 708の割引 (38%)

ポイント : 561pt (48%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Doerr, Anthony]のAll the Light We Cannot See
Kindle App Ad

All the Light We Cannot See Kindle版

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(18)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,161
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 3,194
CD, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 2,149

紙の本の長さ: 545ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

内容紹介

WINNER OF THE 2015 PULITZER PRIZE FOR FICTION
NATIONAL BOOK AWARD FINALIST
NEW YORK TIMES BESTSELLER
WINNER OF THE CARNEGIE MEDAL FOR FICTION

A beautiful, stunningly ambitious novel about a blind French girl and a German boy whose paths collide in occupied France as both try to survive the devastation of World War II

Marie-Laure has been blind since the age of six. Her father builds a perfect miniature of their Paris neighbourhood so she can memorize it by touch and navigate her way home. But when the Nazis invade, father and daughter flee with a dangerous secret.

Werner is a German orphan, destined to labour in the same mine that claimed his father’s life, until he discovers a knack for engineering. His talent wins him a place at a brutal military academy, but his way out of obscurity is built on suffering.

At the same time, far away in a walled city by the sea, an old man discovers new worlds without ever setting foot outside his home. But all around him, impending danger closes in.

Doerr’s combination of soaring imagination and meticulous observation is electric. As Europe is engulfed by war and lives collide unpredictably, ‘All The Light We Cannot See’ is a captivating and devastating elegy for innocence.

レビュー

"Exquisite...Mesmerizing...Nothing short of brilliant."--Alice Evans "Portland Oregonian "

"Hauntingly beautiful."--Janet Maslin "The New York Times "

"History intertwines with irresistible fiction--secret radio broadcasts, a cursed diamond, a soldier's deepest doubts--into a richly compelling, bittersweet package."--Mary Pols "People (3 1/2 stars) "

"Anthony Doerr again takes language beyond mortal limits."--Elissa Schappell "Vanity Fair "

"Enthrallingly told, beautifully written...Every piece of back story reveals information that charges the emerging narrative with significance, until at last the puzzle-box of the plot slides open to reveal the treasure hidden inside."--Amanda Vaill "Washington Post "

"Stupendous...A beautiful, daring, heartbreaking, oddly joyous novel."--David Laskin "The Seattle Times "

"Dazzling...Startlingly fresh."--John Freeman "The Boston Globe "

"Gorgeous... moves with the pace of a thriller... Doerr imagines the unseen grace, the unseen light that, occasionally, surprisingly, breaks to the surface even in the worst of times."--Dan Cryer "San Francisco Chronicle "

"Incandescent...Mellifluous and unhurried...Characters as noble as they are enthralling. Doerr looms myriad strains into a luminous work of strife and transcendence."--Hamilton Cain "O, the Oprah magazine "

"Perfectly captured...Doerr writes sentences that are clear-eyed, taut, sweetly lyrical."--Josh Cook "Minneapolis Star Tribune "

"A beautiful, expansive tale...Ambitious and majestic."--Steph Cha "Los Angeles Times "

"This tough-to-put-down book proves its worth page after lyrical page...Each and every person in this finely spun assemblage is distinct and true."--Sharon Peters "USA Today "

"Doerr is an exquisite stylist; his talents are on full display."--Alan Cheuse "NPR "

"To open a book by Anthony Doerr is to open a door on humanity...His sentences shimmer...His paragraphs are luminous with bright, sparkling beauty.--Martha Anne Toll "Washington Independent Review of Books "

"Doerr deftly guides "All the Light We Cannot See" toward the day Werner's and Marie-Laure lives intersect during the bombing of Saint-Malo in what may be his best work to date."--Yvonne Zipp "Christian Science Monitor "

"The craftsmanship of Doerr's book is rooted in his ability to inhabit the lives of Marie-Laure and Werner...[A] fine novel."--Steve Novak "Pittsburgh Post-Gazette "

"Vivid...["All the Light We Cannot See"] brims with scrupulous reverence for all forms of life. The invisible light of the title shines long after the last page."--Tricia Springstubb "Cleveland Plain Dealer "

"Magnificent."--Carmen Callil "The Guardian (UK) "

"Intricately structured..."All the Light We Cannot See" is a work of art and of preservation."--Jane Ciabattari "BBC "

"A revelation."--Michael Magras "BookReporter.com "

"Doerr conjures up a vibrating, crackling world...Intricately, beautifully crafted."--Rebecca Kelley "Bustle.com "

"This novel has the physical and emotional heft of a masterpiece...[All the Light We Cannot See] presents two characters so interesting and sympathetic that readers will keep turning the pages hoping for an impossibly happy ending...Highly recommended for fans of Michael Ondaatje's The English Patient."--Evelyn Beck "Library Journal (starred review) "

"What a delight! This novel has exquisite writing and a wonderfully suspenseful story. A book you'll tell your friends about..."--Frances Itani, author of Deafening

"This jewel of a story is put together like a vintage timepiece, its many threads coming together so perfectly. Doerr's writing and imagery are stunning. It's been a while since a novel had me under its spell in this fashion. The story still lives on in my head."--Abraham Verghese, author of Cutting for Stone

""All the Light We Cannot See" is a dazzling, epic work of fiction. Anthony Doerr writes beautifully about the mythic and the intimate, about snails on beaches and armies on the move, about fate and love and history and those breathless, unbearable moments when they all come crashing together."--Jess Walter, author of Beautiful Ruins

"Doerr sees the world as a scientist, but feels it as a poet. He knows about everything"--radios, diamonds, mollusks, birds, flowers, locks, guns--but he also writes a line so beautiful, creates an image or scene so haunting, it makes you think forever differently about the big things--love, fear, cruelty, kindness, the countless facets of the human heart. Wildly suspenseful, structurally daring, rich in detail and soul, Doerr's new novel is that" novel, the one you savor, and ponder, and happily lose sleep over, then go around urging all your friends to read--now."--J.R. Moehringer, author of Sutton and The Tender Bar

"A tender exploration of this world's paradoxes; the beauty of the laws of nature and the terrible ends to which war subverts them; the frailty and the resilience of the human heart; the immutability of a moment and the healing power of time. The language is as expertly crafted as the master locksmith's models in the story, and the settings as intricately evoked. A compelling and uplifting novel."--M.L. Stedman, author of The Light Between Oceans

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1768 KB
  • 紙の本の長さ: 545 ページ
  • 出版社: Fourth Estate (2014/5/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B00G1TOJ7Y
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
皆さんの評価が高くので購入しました。が、本が大き過ぎて読みにくいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
第二次世界大戦が始まろうとしているヨーロッパで生まれたフランス人の少女とドイツ人の少年の物語。
Marie-Laureは、6歳のときに目の疾患で失明する。パリの国立自然史博物館で錠前師として働いている父親は、Marie-Laureが独り立ちできるよう、住んでいる地域のミニチュアを作ってそれを覚えさせる。

この美術館には、呪いがかかっている大きな青いダイヤモンド『Sea of Flames』が保管されているという噂があった。そのダイヤモンドを持つ者は不死になるが、周囲の者はすべて悪運に見舞われるというのだ。
ドイツのフランス侵略が進み、博物館はMarie-Laureの父親にある極秘の使命を与える。実は青いダイヤモンドは実存し、それを守るために博物館は3つの偽造品を作り、本物とあわせた4つのダイヤモンドを別々の職員に渡して遠くに送ったのである。4人のうち誰が本物のSea of Flamesを持っているかは知らされていない。

Marie-Laureは父と一緒に大叔父が住むブルターニュ地方のサンマロ(Saint-Malo)に逃げ、父は、ここでも娘のためにSaint-Maloの模型を作る。しかし、1940年にSaint-Maloはドイツに占領され、博物館からの招集で出かけた父はそれきり戻ってこない。

いっぽ
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
第2次世界大戦の戦時下、フランスの盲目の少女Marie-Laureとドイツの孤児院育ちの少年Wernerの人生が不思議な因縁で交差する。作者はそれぞれの状況を交代に描いていく。しかも時間的に追うのではなく、幼少期の過去に戻ると思えば、戦時下に飛び、再び過去に戻りと、行きつ戻りつ、次第に二人の人生の交差するクライマックスへと導いていく。徐々に明らかになる、二人の人生の交差の原点。読み進むうちに二人の運命的な因縁に魅了される。

そしてthe Sea of Flamesと呼ばれる伝説的なダイヤモンドと、Marie-Laureの父が娘のために作った町の家並みを再現したミニチュアモデルがこの小説の重要な役割を果たし、ミステリー的要素をもたらしている。 

Marie-Laureをとりまく心優しき人々やレジスタンスに協力する人々、かたやドイツ軍にMarie-Laureの父の情報を売った近所の男などの人間模様が、戦時下のパリや城塞都市Saint-Maloを舞台に描かれる。そしてWernerを励まし、能力の開化を導く孤児院のフランス女性Frau Elenaやエリート学校で出会った友人Frederikや巨人のVolkheimerの魅力的な人間性がたくみに描かれている。妹Juttaの芯の強い女性像にも心惹かれた。他方、エリート養成学校の容赦ない無慈悲さと残酷な
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
戦争物語でありながら知的なロマン小説である。
孤児のドイツ人少年と盲目のフランス人少女。
遠く離れた敵対国のふたりがどこでどうつながるのか、
気の急く読者はいっきに結末を知りたくなるのだが。

人は「見えないすべての光」で結ばれていると著者はいう。
作品の中では、光は電波を意味し、人は電波でつながるということらしい。
主人公のドイツ人の少年は、その電波をとらえる天才的知識と技量を持っているのだ。

著者が、この本のアイデアを得たのは、携帯電話で世界のどこからでも家族とつながれた経験からだと
述べているのは意外だ。

幼年学校の理不尽な暴力や密告を恐れるレジスタンスの人々、
空腹や耐乏生活など、戦時下の生活が丹念に描かれるが、
それでも、この小説がむしろロマン的な印象を与えるのは、
盲目の少女を取りまく上質な博物学的環境が設定されているからだろうか。

少女のために父親が作った精巧な城塞都市の模型。
彼女のために点字に訳されたジュール・ヴェルヌの『海底二万マイル』。
彼女の指が触れる博物館の貝の化石。
彼女が訪れる城塞の岩陰に潜む無数の巻貝の群れ。
彼女の祖父が愛用した電波発信
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover