Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 528 (10%)
Kindle 価格: ¥4,752

(税込)

獲得ポイント:
238ポイント (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[レイモンド・ロステンバーグ, ロブ・バッカー, ロブ・ウィリアムズ, 前出 祐吾, 根来 和輝, 釘屋 二郎]のAkka実践バイブル アクターモデルによる並行・分散システムの実現

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Akka実践バイブル アクターモデルによる並行・分散システムの実現 Kindle版

5つ星のうち3.5 4個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥4,752
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は並列・分散処理フレームワークAkkaの解説書『Akka in Action』の日本語版です。本書では、制御が難しい並行・分散システムをAkkaによって安全に構築する方法を学ぶことができます。アクターモデルなどの基本概念やAkkaの基本的な機能といった全体像から、akka‐httpとakka‐streamを用いたストリーム処理に基づくハイパフォーマンスなRESTサービスを構築する方法、Akkaのクラスタリングを用いて障害からの回復力を持つスケーラブルなシステムを構築する方法などについて説明していきます。そのほか、システム間連携、Akkaのテストとパフォーマンスチューニングなど、より実践的な事柄についても詳しく説明しています。また、訳者による日本語版オリジナルの書き下ろしとして、Alpakkaを用いたエンドポイントの実装の解説(13.2節)、AkkaをJavaから使う方法(巻末付録)を追加しています。 --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

前出/祐吾
TIS株式会社へ入社後、大手電機メーカー向けシステムの開発などSIerの現場経験を経てR&Dに従事。2009年よりSIの生産性向上を目的に、Seasar2をベースとした社内フレームワークの開発から現場展開・支援・教育を行う。2013年頃からSIerでScalaの活用検証に取り組み、リアクティブシステムに出会う。2015年にLightbend社とパートナー契約を結び、現在はリアクティブシステムのコンサルティングのかたわらエンタープライズ領域への当技術の適用検証に従事。Akkaの普及により開発者に幸せが訪れることを願い、ThinkITへのリアクティブシステムの連載、CodeZineなどのメディアへの寄稿やScala Matsuriなどのカンファレンスにも多数登壇

根来/和輝
2011年にTIS株式会社へ入社、大手医療機器メーカー向けWebシステムの受託開発プロジェクトで開発と運用に従事。プロジェクトチームに自動テストやCIを導入し品質と生産性の向上に貢献する。2015年より同社のR&Dに従事。Akkaをメインとしたリアクティブシステム関連の技術をエンタープライズ領域へ適用させることを目指し、技術検証やコンサルティングを行っている。同技術が幅広いエンジニアにとって身近な技術となるよう、入門者向けハンズオンセミナーの開催、ScalaMatsuriなどの技術系カンファレンスにも多数登壇

釘屋/二郎
フリーランスエンジニア。独立系SIer、PaaS技術開発ベンチャーでの勤務を経て現在フリーランス。業務委託でScalaやAkkaを使って広告システムやコミュニケーションツールの開発に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

出版社より

Akka実践バイブル アクターモデルによる並行・分散システムの実現

並行プログラミングからクラスタリング、 そしてリアクティブシステムへ!

昨今、ムーアの法則は終焉したとも言われ、かつてのコンピュータの性能向上に期待するアーキテクチャでは、増加を続けるトラフィックに対処することが難しくなりました。

並行プログラミングやクラスタ構成によるスケーリングへの理解が開発者・アーキテクトに求められています。

本書は並列・分散処理フレームワークAkkaの解説書『Akka in Action』の日本語版です。本書では、制御が難しい並行・分散システムをAkkaによって安全に構築する方法を学ぶことができます。

アクターモデルなどの基本概念やAkkaの基本的な機能といった全体像から、akka-httpとakka-streamを用いたストリーム処理に基づくハイパフォーマンスなRESTサービスを構築する方法、Akkaのクラスタリングを用いて障害からの回復力を持つスケーラブルなシステムを構築する方法などについて説明していきます。

そのほか、システム間連携、Akkaのテストとパフォーマンスチューニングなど、より実践的な事柄についても詳しく説明します。

また、訳者による日本語版オリジナルの書き下ろしとして、Alpakkaを用いたエンドポイントの実装の解説(13.2節)、AkkaをJavaから使う方法(巻末付録)を追加しています。

【ポイント】

  • Akkaの基本から応用までを、実践的な例をもとに学べる
  • リアクティブシステムを構築するためのアーキテクチャや概念、手法を学べる
  • 非同期プログラミング・分散システムについて学べる

これからAkkaを使い始めたい開発者やAkkaの使い方・活用方法をきちんと学びたい開発者、非同期プログラミングに興味のある開発者、分散システムを設計するアーキテクトにおすすめの一冊です。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B076Z8SK45
  • 出版社 ‏ : ‎ 翔泳社; 第1版 (2017/12/13)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/12/13
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 234615 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 547ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
4 件のグローバル評価
星5つ
44%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
15%
星2つ
41%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年5月19日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月17日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告