Akai Professional 管楽器 ウイン... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 29,800
通常配送無料 詳細
発売元: イシバシ楽器
カートに入れる
¥ 29,800
+ 関東への配送料無料
発売元: 楽器のことならメリーネット
カートに入れる
¥ 29,800
+ 関東への配送料無料
発売元: JEUGIA 楽器ONLINE SHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Akai Professional 管楽器 ウインドMIDIコントローラー EWI USB

5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー
| 3人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 34,800
価格: ¥ 29,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,000 (14%)
ポイント: 2,980pt  (10%)  詳細はこちら
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 29,800より
  • 電子管楽器コントローラー
  • MacやPCへのUSB接続でプレイ可能
  • 管楽器などの音源ソフト「ARIA」付属
  • 複数の運指モード:サックス、伝統的なEWI 、フルート、オーボエ、およびEVI
  • 取り外し可能、食器洗い機で洗えるマウスピース
個装箱で発送:
Amazon.co.jp が発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


楽器サマーセール 後半
お買い得品多数。レジで割引ほか。楽器サマーセールをお見逃しなく。7/31まで。 楽器サマーセール 後半をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Akai Professional 管楽器 ウインドMIDIコントローラー EWI USB
  • +
  • Akai Professional アカイ EWIシリーズ用ストラップ 黒 EWI-STBK
  • +
  • EWI MASTER BOOK CD付 教則完全ガイド 改訂版[USB/4000/5000対応]
総額: ¥35,488
ポイントの合計: 3208pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
メーカー型番EWI-USB
インターフェース USB
  
登録情報
ASINB001MTKAD0
おすすめ度 5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 1,925位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.3 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2008/11/22
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

EWI USBは誰もがなじみのあるリコーダと同等の運指(サキソフォン準拠)で、管楽器が未経験の方や初心者の方でも気軽に演奏を始められ、かつ比較的簡単に演奏をマスタできます。もちろん金管/木管楽器に慣れ親しんだ方なら、EWI USBの運指モードを「EVIフィンガリング・モード(トランペット運指準拠)」、サキソフォンに近い運指モード(さらにはフルートやオーボエの運指も可能)に切り替える事で、EWI USBで、艶やかでみずみずしい息吹を感じさせる演奏が行えます。

Amazonより

ウィンド・シンセサイザ「EWI」シリーズを完全コントローラ化。
   様々な運指モードの搭載、豊富で高品位な音色搭載の「ARIA」プレイヤ、自由にMIDIアサイン可能なセンサ類。
   EWI USBとお使いのコンピュータをUSBケーブルで接続し、付属ソフト「ARIA」をインストールするだけですぐに演奏可能。






GARRITAN 社製「ARIA」
   付属のサンプル・プレイヤ「ARIA」は、EWI USBに最適化された82種類の高品位サウンドを装備。
   一般的な木管/金管管楽器は勿論、弦楽器、打楽器、シンセサウンドにいたるまで、あらゆるスタイルやジャンルでの演奏が可能。

MIDIコントローラとして
   EWI USBは各センサなどにMIDIコントロールチェンジをアサイン可能。MIDIコントローラとして多彩な表現力を提供。

ヒューマンフィールあふれる演奏
   伝統を受け継ぐスタンダード機種「EWI4000s」と同様、ブレスセンサ、リップセンサ、タッチセンサなどにより、
   音程のアップダウン(ベンド)、音量の強弱、ビブラートを表現でき、管楽器そのままのニュアンスをダイナミックに演奏へ活かす事が可能。
   タンギング奏法もスムーズに行える様になっており、管楽器独自のニュアンスをよりパーフェクトに再現。

ウインド・シンセサイザの入門機として
   コンピュータ上で動作する「EWI USB」は手軽でリーズナブルでありながら、基本的な操作感は既存上位モデル「EWI4000s」とほぼ同等。
   ウインド・シンセサイザ「EWI」の入門機としても最適。


メーカーより

EWI USB EWI 4000SW EWI 5000
EWI USB EWI 4000SW EWI 5000
サイズ(W×D×H) 42×41×586mm 61×69×670.5mm 61×69×670mm
重さ 610g 874g 860g
音域 5オクターブ 8オクターブ 8オクターブ
音源数 82(コンピューター接続時) 100(本体内蔵) 100(本体内蔵)
運指モード EWI方式(リコーダ/サキソフォン準拠)、サキソフォン、EVI方式(トランペット準拠)、フルート運指、オーボエ運指 EWI方式(リコーダー/サキソフォン準拠)、EVI方式(トランペット準拠)、サキソフォン運指、オーボエ/フルート EWI方式(リコーダー/サキソフォン準拠)、EVI方式(トランペット準拠)、サキソフォン運指、オーボエ/フルート
電源 USBバス・パワー 単三アルカリ4個/ACアダプター(別売) 充電池式
ワイヤレス演奏

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

私はエレクトーンおよび PC の経験者ですが、吹奏楽器の経験はありません。
今回 USB EWI を購入しましたが、購入する前は、こちらにあるレビューのような不安点がいくつもあったので、それらを纏めてみました。

ちなみに評価は★★★★★です。

■ 不安点

1. 重くないのか?
- これ以上重いとちょっと負担になるレベル。ただしストラップをつけた方が良いです。

2. ASIO 対応オーディオインターフェースが無いと音がならないか?
- 2, 3 年前のノート PC に音源をインストールしたが、そのままではおとはプツプツします。ASIO ALL といったフリーソフトをインストールすることで、遅延なく発声しましたので、お試しください。

3. EWI4000s よりも使い勝手がわるいのでは?
- 音源がない分、PC を起動する必要があるため少々手間がかかりますが、PC のスタンバイモードから復帰するのは 1 分もかからないので、それほどストレスにはなりません。

4. そもそも EWI は演奏が難しいのでは?
- 触れれば音が鳴る、という意味では、私は全く違和感なく演奏できてます。ただ、オクターブを跨ぐ指
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
レビューコメント欄を眺めてみたが、情報が混乱しているようなので整理します。

本楽器は「MIDIコントローラ」と言って、外部の音源を使って音を出す楽器です。
つまり、EWI USBは外部音源を接続しなければ音を出すことはできません。いわば「ウインドMIDIコントローラ」。
内部音源を持たない「MIDIキーボード」と役割としては同じものです。
MIDIキーボードは鍵盤を押すことでMIDI信号を音源に伝えるのに対し、EWI USBは吹くことでMIDI信号を音源に伝えます。

対してEWI4000S、EWI5000は「ウインドシンセ」。
これはEWI自身が音源(シンセサイザー)を内部に持っているので、EWI単独で音を出すことができます。
(シンセサイザーはMIDI信号を外部に出すこともできるので、EWI USBと同様に外部の音源を使って音を出す、MIDIコントローラとしても使うこともできます。)

よって本製品について「音の良し悪し」を評価するのはあまり意味がありません。
コメント欄で言及されているEWI USBとしての音の評価は本製品に付属する外部音源ソフトウェアである「ARIA」の評価でしかないからです。
ARIAはそれほど悪いソフトウェアではないと思うの
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
久しぶりに管楽器をやろうと(一応サックス経験者です)、マンションでの練習が可能で、かつ値段も手頃なこちらを購入しました。サックス等とは全く違う楽器ですが、やはり管楽器経験者であれば、息の使い方、タンギングの方法、運指(タッチキー)などに慣れるのは早く、培った技術を生かせると思います。
当初、ウインドシンセは邪道な感じがして個人的には若干の抵抗がありました。しかし、実際使ってみると、音色を変更できたり(自分で音色を作ることはできないようですが、複数の音色を重ねるなどして新しい音にすることは可能です)、ヘッドフォンを使えたり、パソコン上で録音等ができたり、また息を吹けば普通に音が鳴るので、音を出すまでの苦労をしなくてよいなどメリットが多く楽しい楽器です。楽器としても十分な表現力を持っていると思います。
私はMacを使用していますが、Macに標準で付属するGarageBandはARIAをプラグインとして使用でき、GarageBand上で演奏し、録音できます。私は「EWI Mastar Book」付属CDに収録のTruthのカラオケを使って録音したりして遊んでいます(なお、当初、私の持っているGarageBandではEWI USBを認識しませんでしたが、メーカーHPでARIAの最新バージョンをダウンロードしたところ認識するようになりました。)。
パソコンについ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かず4711 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/7/31
先日からEWI USBをゲットして練習をしています。
使用感やASIOの話はよくみかけるので、EWI4000sとの違いを書いてみます。

管楽器というより、楽器自体が久しぶりの自分なので
勘違いもあるかもしれませんが、参考になれば幸いです。

【EWI4000sとの違い】

・無から音色を作成できない。

 ARIA備え付けの音色をベースに、聞こえ方を調整するのは可能ですが
 一から音色を作ったり、パラメーターをファイルで受け渡す等はできない。
 (EWI4000sは、Vyrezというソフトから編集できるようです)
 厳密には「シンセサイザー」でないような気もします。

・音階をなめらかにつなげるための「グライドプレート」がない。

 オクターブローラーを挟んで、アースプレートと対面側に位置する
 グライドプレートがありません。
 ここに触れたままキーを変えると、キー間の音程をなめらかに繋げます。
 サックスにない表現(T-SQUARE本田氏)との事ですが、
 これを多用する演奏の再現は困難かもしれません。

・オクターブローラーが少ない
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー