この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection Windows版 (旧製品)

プラットフォーム : Windows

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • 様々なデザイン分野に対応できるトータルな制作環境

この商品には新しいモデルがあります:

Adobe Creative Suite6 のパッケージ製品は在庫限りとなります。2012年5月発売以降の新機能は Adobe Creative Cloud にて提供されています。

PCソフト 定期購入 (月額版、年額版)
最新ソフトが月々162円から。使いたい期間だけ使い放題。ソフトは常に最新版にアップデート。 いますぐチェック


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1

製品概要・仕様

  • 様々なデザイン分野に対応できるトータルな制作環境

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows XP(SP3)/Vista Home Premium(SP2)/Vista Ultimate(SP2)/Vista Business(SP2)/Vista Enterprise(SP2)/7 ※「Premiere Pro」、「After Effects」、「MasterCollection」のサブスクリプションには、Win Vista/7(64bit)が必要。「Premiere Pro」と「After Effects」は64bitのみ対応。
  • CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降 ※「Adobe Premiere Pro」はインテルCore 2 Duo以降、またはAMD Phenom 2以降が必要
  • メモリ: 2GB以上
  • HDD: 24.3GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • メディア: DVD-ROM
  • モニタ:1280×900、16bitカラー以上 ビデオカード:VRAM 256MB以上、OpenGLに対応したハードウェアアクセラレーション 他2層式対応DVD-ROMドライブ、MME/WDMまたはASIO対応のサウンドカード、Java Virtual Machine(32bit):IBM JRE 1.6またはSun JRE 1.6が必要 ※Adobe Bridgeの一部の機能では64MB以上のVRAMを備えたDirectX 9対応のグラフィックカードが必要。「Premiere Pro」は、GPUアクセラレーションを利用するにはアドビ認定のGPUカードが必要(サポートされるカードの最新情報についてはメーカーHP参照。「Photoshop」は、GPUアクセラレーションを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要。圧縮されたビデオフォーマットの編集には7200RPMのハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイが必要。SD/HDワークフローにはキャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカードが必要。

登録情報

  • ASIN: B004VDDUDG
  • 発売日: 2011/5/20
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: PCソフト - 22,372位 (PCソフトの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

様々なデザイン分野に対応できるトータルな制作環境。今バージョンでは、マルチスクリーン・マルチデバイスに対応した表現力豊かなコンテンツの効率的な制作・提供を実現するほか、デジタルパブリッシングを強力にサポートしている。HDコンテンツ制作のためのさらなるパフォーマンスと機能を強化。また、Windows 7とMac OS X Snow Leopardに対応し、64-bit環境では、圧倒的なパフォーマンスを発揮する。製品構成:Acrobat X Pro、Photoshop CS5 Extended、InDesign CS5.5、Illustrator CS5、Contribute CS5、Dreamweaver CS5.5、Fireworks CS5、Flash Builder 4.5 Premium、Flash Catalyst CS5.5、Flash Professional CS5.5、After Effects CS4、After Effects CS5.5、Premiere Pro CS4、Premiere Pro CS5.5、Encore CS5、OnLocation CS5、Audition CS5.5、CS Live。Windows版。

Amazonより

創造するすべての人に

『Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection』の収録内容


■Adobe InDesign CS5.5
■Adobe Photoshop CS5 Extended
■Adobe Illustrator CS5
■Adobe Acrobat X Pro
■Adobe Flash Professional CS5.5
■Adobe Flash Catalyst CS5.5
■Adobe Flash Builder 4.5 Premium
■Adobe Dreamweaver CS5.5
■Adobe Fireworks CS5
■Adobe Contribute CS5
■Adobe After Effects CS5.5
■Adobe Premiere Pro CS5.5
■Adobe Audition CS5.5
■Adobe OnLocation CS5
■Adobe Encore CS5
+Adobe Bridge CS5
 Adobe Device Central CS5.5
 Adobe Dynamic Link
 Adobe Media Encoder CS5.5
CS Liveオンラインサービスが利用可能

注目ポイント


▼マルチスクリーン・マルチデバイスに対応した表現力豊かなコンテンツを効率的に制作・提供(New)
▼業界注目のデジタルパブリッシングを強力にサポート(New)
▼HDコンテンツ制作のためのさらなるパフォーマンスと機能を強化(New)
▼アドビの最新クリエイティブツールとサービスが統合された究極の制作環境
▼Windows 7とMac OS X Snow Leopardに対応。64-bit環境では、圧倒的なパフォーマンスを発揮

※Adobe Premiere Pro CS5.5およびAdobe After Effects CS5.5は、64-bit環境でのみ動作します。Windows版では、32-bit環境をお使いのお客様のために、Adobe Premiere Pro CS4およびAfter Effects CS4を無償で同梱しています。


必要スペック
【Windows】
・ インテル Pentium 4以上、またはAMD Athlon 64以上のプロセッサー(インテルCore i3、i5、i7、またはAMD Phenom II推奨);Adobe Premiere ProにはインテルCore 2 Duo以上またはAMD Phenom II以上が必要
・ Adobe Premiere ProとAfter Effectsには64-bitサポートのプロセッサーが必要
・ Microsoft Windows XP(Service Pack 3)日本語版、Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Service Pack 2を推奨)、Windows 7 日本語版
・ Adobe Premiere Pro、After Effects、およびMaster Collectionのサブスクリプションには64-bit版のWindows VistaまたはWindows 7が必須
・ 2GB以上のRAM(4GB以上を推奨)
・ 24.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
・ 1,280×900以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×1,024以上を推奨)、および256MB以上のVRAMを搭載した16-bitカラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応のOpenGLグラフィックカード
・ Premiere Pro:GPUアクセラレーションを利用するには、アドビ認定のGPUカードが必要。最新のサポートされるカードの情報はwww.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jpをご覧ください
・ Photoshop:GPUアクセラレーションを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
・ Adobe Bridgeの一部の機能では64MB以上のVRAMを備えたDirectX 9対応のグラフィックカードが必要
・ 圧縮されたビデオフォーマットの編集には7,200RPMのハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイ
・ SD/HDワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
・ DVおよびHDVキャプチャ、テープへの書き出し、DVデバイスへの伝送用にOHCI IEEE 1394ポート
・ MME/WDMまたはASIO対応のサウンドカード
・ 2層式対応DVD-ROMドライブ(DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要)
・ Java Virtual Machine(32-bit):IBM JRE 1.6またはSun JRE 1.6
・ マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.6.2
・ SWFファイルの書き出しならびにSWFファイルとして書き出されたDVDプロジェクトの再生にはAdobe Flash Player 10
・ Eclipse 3.6.1(プラグインとしてインストールする場合);対応するパッケージ:Eclipse IDE for Java EE Developers、Eclipse IDE for Java Developers、Eclipse Classic、Eclipse for PHP Developers
・ オンラインサービスの利用およびサブスクリプションで購入したライセンスを継続して利用するには、ブロードバンドインターネット接続が必要
※ Adobe Premiere Pro CS5.5およびAdobe After Effects CS5.5は、64-bit環境でのみ動作します。32-bit環境をお使いのお客様のために、Adobe Premiere Pro CS4およびAfter Effects CS4を無償で同梱しています。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。日立 掃除機