この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Adobe Creative Suite 5 Master Collection Windows版 (旧製品)

プラットフォーム : Windows
5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • 様々なデザイン分野に対応できるトータルな制作環境

この商品には新しいモデルがあります:

Adobe Creative Suite6 のパッケージ製品は在庫限りとなります。2012年5月発売以降の新機能は Adobe Creative Cloud にて提供されています。

PCソフト 定期購入 (月額版、年額版)
最新ソフトが月々162円から。使いたい期間だけ使い放題。ソフトは常に最新版にアップデート。 いますぐチェック


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: CD-ROM
  • 商品の数量: 1

製品概要・仕様

  • 様々なデザイン分野に対応できるトータルな制作環境

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows XP(SP3)/Vista Home Premium/Vista Business/Vista Ultimate/Vista Enterprise(SP1)/7 ※「Adobe Premiere Pro」、「After Effects」には64bit版のWin Vista/7が必要
  • CPU: Pentium 4以降、またはAMD Athlon 64以降 ※「Adobe Premiere Pro」と「Adobe After Effects」には64bitサポートのプロセッサーが必要
  • メモリ: 2GB以上
  • HDD: 24.3GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • メディア: DVD-ROM
  • モニタ:1280×900、16bitカラー以上 ビデオカード:VRAM 256MB以上、ハードウェアアクセラレーション対応のOpenGL 他2層式対応DVD-ROMドライブが必要 ※「Premiere Pro」は、GPUアクセラレーションを利用するにはアドビ認定のGPUカードが必要(サポートされるカードの最新情報についてはメーカーHP参照(www.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jp)。「Photoshop」は、GPUアクセラレーションを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要。Adobe Bridgeの一部の機能ではVRAM 64MB以上のDirectX 9対応のグラフィックカードが必要。圧縮されたビデオフォーマットの編集には7200RPMのハードディスクドライブが必要。非圧縮のビデオフォーマットの編集にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイが必要。SD/HDワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカードが必要。DVおよびHDVキャプチャ、テープへの書き出し、DVデバイスへの伝送用にOHCI IEEE 1394ポートが必要。Microsoft WDMまたはASIO対応のサウンドカードが必要。DVD作成には記録対応DVD-ROMドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要。Java Runtime Environment 1.6(同梱)が必要。マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.6.2が必要。SWFファイルとして書き出されたDVDプロジェクトの再生にはAdobe Flash Player 10が必要。オンラインサービスの利用にはブロードバンドインターネットに接続できる環境が必要。ビデオハードウェアの互換性および詳細な必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/mastercollection_systemreqs_jp)

登録情報

  • ASIN: B003F782S2
  • 発売日: 2010/5/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: PCソフト - 22,975位 (PCソフトの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

様々なデザイン分野に対応できるアドビのクリエイティブツールがすべて揃ったトータルな制作環境。イメージを自在に表現することができ、アプリケーション間でプロジェクトを簡単にやり取りして、印刷、Webおよびインタラクティブデザインに対応。ビデオ制作に活用したり、モーショングラフィックスやエフェクトを作成することもできる。さらに、新しいAdobe CS Liveオンラインサービスを利用すれば、さらに生産性が向上し、優れた作品のデザイン、効果的なコラボレーション、メディアの枠を超えた配布がトータルにサポートされる。CS Liveオンラインサービスは、一定期間無償で利用可能。詳細はメーカーHP参照(www.adobe.com/go/cslive_jp)。Windows版。
製品構成:Photoshop CS5 Extended、Illustrator CS5、InDesignCS5、Acrobat 9 Pro、Flash Catalyst CS5、Flash Professional CS5、Flash Builder 4 Standard、Dreamweaver CS5、Fireworks CS5、Contribute CS5、Premiere Pro CS5、After Effects CS5、Soundbooth CS5、OnLocation CS5、Encore CS5、Bridge CS5、Device Central CS5、Dynamic Link、BrowserLab、CS Review、SiteCatalystNetAverages、Acrobat.com(Story)。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2011年4月17日
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。先端工具