無料配送: 8月8日 - 19日 詳細を見る
通常3~4日以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 TheWorldShop
販売元 TheWorldShop
出荷元
TheWorldShop
販売元
お届け日 (配送料: ¥257 ): 8月18日 - 31日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 Paper Cavalier JP
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: おおむね良好ですが、多少傷み・変色等ある場合もあります。元図書館の蔵書の場合、蔵書印があります。 海外からの発送のため、2—4週間程度でお手元に商品をお届けします。商品及びサービス等の質問は、日本語で対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

Achyut Krishna Kharel: Autobiography ペーパーバック – 2018/10/5

5つ星のうち4.6 3個の評価

価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2018/10/5
¥4,188
¥3,742 ¥3,484

商品の説明

著者について

Achyut Krishna Kharel was the chief of Nepal Police during the Maoist's Insurgency. He served in Nepal police for 31 years. He was also the captain of Nepal Police Football Team in the late 1970s. From his early days in police, he confronted smugglers and goons in Chitwan and Bhairahawa. He was a star cop during the panchayat era. He dealt with the then Panchayat heavy weights and the Palace. After the restoration of democracy, the Maoist conflict started to create impact in the law and order situation, Kharel had to lead the Police force with limited resources. During his high office at the Police service, Kharel had to work and maneuver through a complex relation between the political parties, palace, bureaucracy and the Royal Nepal Army

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ Thuprai (2018/10/5)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/10/5
  • 言語 ‏ : ‎ Nepali
  • ペーパーバック ‏ : ‎ 408ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 9937921279
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-9937921275
  • 寸法 ‏ : ‎ 13.34 x 2.59 x 20.32 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
3 件のグローバル評価
星5つ
61%
星4つ
39%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

日本からの0件のレビューとお客様による0件の評価があります

他の国からのトップレビュー

sita adhikari
5つ星のうち5.0 Goo
2018年11月18日にアメリカ合衆国でレビュー済み
Amazonで購入