この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Absolutely Free

5つ星のうち4.8 10個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD CD, オリジナルレコーディングのリマスター
¥1,950 ¥856
CD 限定版
¥4,100 ¥1,980
CD インポート
¥11,427 ¥4,605
CD インポート
¥678


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (1995/5/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, オリジナルレコーディングのリマスター, インポート
  • レーベル: Zappa Records
  • ASIN: B0000009RV
  • JAN: 0014431050220
  • 他のエディション: CD |  カセット |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 308,124位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Plastic People
  2. The Duke Of Prunes
  3. Amnesia Vivace
  4. The Duke Regains His Chops
  5. Call Any Vegetable
  6. Invocation and Ritual Dance of the Young Pumpkin
  7. Soft-Sell Conclusion
  8. Big Leg Emma
  9. Why Don'tcha Do Me Right?
  10. America Drinks
  11. Status Back Baby
  12. Uncle Bernie's Farm
  13. Son Of Suzy Creamcheese
  14. Brown Shoes Don't Make It
  15. America Drinks and Goes Home

商品の説明

Amazonレビュー

Sandwiched as it is between Freak Out!, Zappa's 1966 debut with the Mothers of Invention, and We're Only in It for the Money, arguably his artistic zenith, Absolutely Free comes in a distant third--but that's only because the competition is so darn fierce. Absolutely Free is a continuation of the weird freakiness--both in sounds and concepts--introduced on Freak Out! "Plastic People" and "America Drinks & Goes Home" continue the artist's lampooning of Middle American values, while this time out, Zappa also seems obsessed with the fruits and vegetables that "keep you regular" ("The Duke of Prunes," "Call Any Vegetable"). The music here jumps from avant-garde jazz snippets to gritty garage rock to operatic vocals in a manner that was truly innovative at the time; in fact, it often sounded like true musical insanity. The definitive highlight here, however, is "Brown Shoes Don't Make It," a seven-and-a-half minute mini-operetta that initially ridicules America's suburban culture of the era before comically looking at the repressed sexual perversions hiding underneath that same culture. With its 13-year-old "Teenage Queen" ("who's rockin' and rollin' and acting obscene"), the Lolita-like obsession of the brown-shoed gentleman in the title, the track was a precursor to the naughty sexual themes later found in tracks like "Dinah Moe Hum" or the entirety of the Fillmore East, June 1971 album--themes that became Zappa's artistic stock in trade. --Bill Holdship


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
評価の数 10
星5つ
82%
星4つ
18%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

10件のカスタマーレビュー

2015年11月16日
形式: CDAmazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月17日
形式: CD
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年6月5日
形式: CD
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年4月18日
形式: CD
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年8月9日
形式: CD
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年11月1日
形式: CD
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年1月7日
形式: CD
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年4月29日
形式: CD
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?