数量:1
ABLETON Liveコントローラー Push がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆付属品は写真に写っている物が全てになります ◆万が一商品に不具合や写真と違うということがありましても、Amazonの規定により30日間の返品・返金保証がございますので、安心してお買い求めいただけます ◆中古品のため本体にキズや使用感がありますが、動作、使用には問題ありません(動作確認済みです) ◆Amazon配送センターより、年中無休即日発送 ◆専用在庫のため在庫切れもございません! ◆コンビニ支払い、受け取りも可能。代金引換もご利用いただけます。 ◆プライム会員ではない場合、1999円以下の商品は送料350円がかかります ※プライム会員の方は送料無料になります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ABLETON Liveコントローラー Push

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 81,000 通常配送無料 詳細
ポイント: 8,100pt  (10%)  詳細はこちら
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 64,740より 中古品の出品:4¥ 34,500より
  • Ableton純正、Liveのすべての機能にアクセスする究極のパートナー
  • コンピューターの画面を見ずに制作が可能な程、Ableton Liveとの一体感を実現
  • Live9 Intro付属。すぐに楽曲制作が可能
  • お得な価格でフルバージョンのStandardやSuiteへアップグレードが可能
  • ※動作にはAbleton Live9以上が必要です
個装箱で発送:
Amazon.co.jp が発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


楽器サマーセール 後半
お買い得品多数。レジで割引ほか。楽器サマーセールをお見逃しなく。7/31まで。 楽器サマーセール 後半をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ABLETON Liveコントローラー Push
  • +
  • ABLETON DAW Live9 Suite
  • +
  • MASTER OF Live 9
総額: ¥179,904
ポイントの合計: 17704pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
メーカー型番Push
インターフェース USB
  
登録情報
ASINB00BLUMB3W
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 5,751位 (ベストセラーを見る)
発送重量4 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/2/27
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

この商品を見た後に買っているのは?

商品の説明

Pushは「ゼロから曲をプロデュース」という問題を解決する、新しいインストゥルメントです。メロディ、ハーモニー、ビート、サウンド、曲構成のすべてにハンズオンコントロールを提供するPushなら、音楽制作に必須の要素すべてを指先ひとつで操作できます。また、ラップトップとともに携帯可能なコンパクトサイズです。


メーカーより

ビートをプレイ/シーケンス

64のパッドでビートを多彩に作成。ループの再生、ステップシーケンス、調整がすべて同時に操作可能です。

Akai Professional製作のベロシティセンシティブパッドで、ビートをライブに操作。タッチセンシティブのエンドレスエンコーダーでのプレイ中にサウンドやキットを調整できます。パッドを押してトラックに合わせてノートをリピートさせ、リピート周期を調整し、リアルタイムでスウィングさせます。

Play

ステップシーケンス

ループを調整

64パッドドラム

ノートやコードを新しい方法でプレイ

同一のフィンガーパターンを使用して、各キーでプレイ。ボタンをタッチしてキー間を移動。ステップシーケンスしてノートとパラメーターの両方を編集できます。

インストゥルメントの再生中、Pushは1キーボード分のノートを64のパッドに当てはめます。中心音、調に含まれるその他のノート、すでに録音されているノートが、それぞれ別々の色でパッド上に表示されます。Pushの集約されたレイアウトにより、広範囲を簡単に操作でき、どのキーでも同じ指使いでパターンを再生できます。Pushのタッチスライダーは、ピッチベンドやモジュレーションに使用できます。

グリッドに合わせてノートをプレイ

音階を選択

ステップシーケンス

オートメーション


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「優れたデザイン、機能も多く便利なのにその説明や紹介の仕方が足りないな」という感想。

メルカリやヤフオクでたまに出品を見ますが、abelton live自体に言えることですが日本語のHOW TOモノが世に少なく、使ってみてわからなくなり挫折してしまった方も多いのでは?
これだけの価格帯で多機能で見た目も良い商品をもっとちゃんとプロモーションしたほうがいいのでは?
もったいないと思います。

apc同様、abeltonにフィットした作りになっているので細かい設定も不要ですぐ使えます。ディスプレイも搭載されているのでデバイスのパラメータ等もPCを見ず作り込むことが出来ます。ステップ入力、オートメーションも書けます。フットスイッチのインプットもついているのでハンズフリーで録音作業も出来ます。

自分はこれが初のmidiコンデビューでした。
公式のabeltonのマニュアル,High lesolutionの公式日本語ビデオも本当に初歩の初歩のみでしかなく「チュートリアルや説明書を見たらわかるだろう」と思っている方は用心してください。

midiコンというものに慣れている方はニュアンスでいけるかもしれないですが自分は初心者ということもあり
youtubeでの海外での使用者
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分はもうコレ無しではAbleton Liveでトラックメイキングできないぐらいに気がついたらなっていました。使いこなすにはPushプロパーの事でも覚える事が沢山有りAbleton Live自体についてのそこそこ深い理解も必要なように思います。だからなんでしょうかね?挫折しちゃう人が多いのは。自分は使いこなすレベルまで行ってるかといえばまだまだ勉強しなければというレベルではあるけれど、まあそれなりに慣れてきたんでそもそも超直感的ななDAWであるAbleton Liveで更に超々直感的なトラックメイキングが可能になりました。ただPush単体について十分に解説している解説本の類いがまだ出版されておらず、なかなかPush自体についての情報にアクセスしづらい状態だから、依然として学習困難な状況が残念ながら続いてます。なのでとにかく根気よく弄りたおして、アドリブなども混じえつつ操作法を覚えていくなんて事も自分の様に独学の場合には必要になってくるかなと思います。プロのパフォーマンス動画とか見たら相当凄い事ができるみたいなんで誰かPushの解説本書いてくれないかなぁ?と切に願うところなのですが。取り敢えずそういう現状なので買うときはそれなりに覚悟したほうがいいかもですかね⁈。しかしまあ、個人的に思うにある程度慣れればこれ以上のAbleton Liveのコントロール機材は無いんでしょうけど‼︎。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Ableton Live専用コントローラーということもあって、使いやすさは抜群です。
LaunchPadやMaschineも所有していますが、
Liveで曲を作るためのワークフローが練りこまれているので、
曲を作るスピードが圧倒的に上がりました。

ただ、残念なのはパッドのLEDの色のばらつきです。
特に商品のサムネイルのように、メロディを打ち込むモードに切り替えて
パッドの全面が白になったとき、色のばらつき方が顕著に目立ちます。
真っ白に光ったパッド、うっすら黄色がかったパッド、
けっこう黄色味がつよいパッドと、同じ白でもかなりまばらに光ります。

abletonのフォーラムで情報を調べてみると、同じ症状で悩んでいるひとは結構いるようで、
ちょっとした問題になっているようなんですが、それに対するAbletonの中の人の発言は、
「64個もパッドがあるから、色揃えるなんて難しいよ。少しくらい色が合ってなくても
ユーザビリティには特に問題ないよね?」とのことでした。
いや、これけっこう目立つんだけどなぁ…
https://forum.ableton.com/viewtopic.php?f=55&t=201072&view=ne
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ネットで調べたけれど見受けられない、突然プッシュが固まるという不具合が何度も起こります。
Abletonのサポートと連絡を取り合いながらいろいろ試してますが、個人的にはハードの初期不良ではないのかなと想像しつつもまだ修理には出していません。
というのも起こらないときには全く起こらず、起こり始めると15分に数回連続して起こったりするなど、修理に出してもエラーが起こらな事が考えられるため、とりあえずサポートのいう通りにエラーファイルの送信をして様子をうかがっています。

固まったのち、プッシュを再起動したら普通に使える事が多く、私はリアルタイムのライブやイベントで使う事はないため、特に困っているわけではないため、固まったら素直に電源を入れ直して使用している現状です。

さて実際のpushの使い勝手ですが、リズムトラック作成ではとても感覚的に、面白い具合にトラックが作りやすいと感じます。
鍵盤がある程度弾ける方なら、メロディやコード、ベースラインはやはり普通のキーボードに扱いやすさは劣ります。ただハードゆえの特殊なアプローチによる新しい発見もあるため時折プッシュでメロディやコードの入力で利用することもあります。
特にこれまでサンプリングやブレイクビーツを使用してトラックメイクをされていた方には、いわゆる打ち込
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告