Abbey Road がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,950
通常配送無料 詳細
発売元: からくれない
カートに入れる
¥ 2,950
通常配送無料 詳細
発売元: F&A Company
カートに入れる
¥ 2,950
通常配送無料 詳細
発売元: 【商標登録ブランド】HoRoPii(ホロッピー)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

Abbey Road Import, from UK

5つ星のうち 4.6 249件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,950 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Import Disk Serviceが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ビートルズ ストア

ミュージック

ザ・ビートルズのアルバムの画像
ザ・ビートルズのAmazonアーティストストア
268 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Abbey Road
  • +
  • Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band
  • +
  • リボルバー
総額: ¥7,312
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1991/7/20)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import, from UK
  • レーベル: EMI
  • ASIN: B000002UB3
  • JAN: 0499999215951
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  付属品  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 249件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 9,394位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

The Beatles' last days as a band were as productive as any major pop phenomenon that was about to split. After recording the ragged-but-right Let It Be, the group held on for this ambitious effort, an album that was to become their best-selling. Though all four contribute to the first side's writing, John Lennon's hard-rocking, "Come Together" and "I Want You (She's So Heavy)" make the strongest impression. A series of song fragments edited together in suite form dominates side two; its portentous, touching, official close ("Golden Slumbers"/"Carry That Weight"/"The End") is nicely undercut, in typical Beatles fashion, by Paul McCartney's cheeky "Her Majesty," which follows. --Rickey Wright


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
*2009年の紙ジャケット(Dig)盤CDのレビュー。

以前の通常盤CDを知人にあげてしまっていたので、そこからの買い換え。その違いは著しい。
1曲目、「Come together」。ポールのベースが、ものすごいロック・グルーヴしてる。
リンゴのシンバルワークも生き生きとしてるし、スネアも効いてる。
ジョージのE・ギターのサウンドも、生々しい。

1曲1曲の輪郭が際立っているので、2曲目「Something」になると、
このジョージの名曲の良さが、より胸に迫る。すべてのインスツルメンツが鮮明なので、
以前はそれほど耳に入ってこなかったサイドギターの音がよく聞こえる。

3曲目、このアルバムの首謀者であるポールの歌がようやく入ってくるが、それがなんとも力の抜けた
「Maxwell's silver hammer」であるところが、よけいこのアルバムの凄さを感じさせてくれる。

などと、理性的に聞いていたのは、ここまでで、後はもう、夢のような時間が流れていきます。

以前はやたら過激な激しい印象だった「I want you」も全体の中になじんで、いい感じでおさまっています。

紙ジャケット(Dig)盤は、添付のブックレットも充実。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
上の通り cdが入るようになっているところが、紙でできているので cdが傷つきそうで怖いです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スナフキン 投稿日 2013/11/18
形式: CD Amazonで購入
ビートルズの実質最後の作品です
もうこの辞典ではビートルズは気持ちの面でバラバラになっていますが、
それでもこのアルバムの完成度は間違いのないものです
それはきっと、メンバー皆に、バンドとしてのビートルズの終焉に対しての寂しさや名残惜しさが少なからずあったからなのでしょうか
Oh!Darlingのポールのボーカルは非常に素晴らしく個人的に気に入っています
最後の有名なメドレーは言うことは無いですね 兎に角、聴け!って感じです
紙ジャケの質感も素晴らしくて、アートワークもまた優れたものです
間違いなく名盤 音楽好きなら、マストの一枚かと
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
中学生の頃、友人からもらったアビーロードのミュージックテープが出会いだった。
『やっぱりビートルズはこれだよ!』
と言われて、
きっとそうなんだと思っていた。
オンボロラジカセで何度も何度も聴き倒して、
そのうちなんとなく良さがわかってきて、
自分が少し大人になった気がしていた。
あれから30年以上たった今、
このリマスタリングされたアビーロードを、さっき車の中で大音量で聴いたら、
ゴールデンスランバーの途中で、涙がこみ上げてきてまいったよ(笑)
評論家や他人の評価ではなく、
初めて自分自身の中で『最高だ!』と感じられる瞬間であった。
年齢を重ねて、さまざまな音楽を聴いてきて、
またもう一度ここに戻ってこれたことに感謝したい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Constructively トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/1
形式: CD Amazonで購入
このアルバムのレビューは多くの方が書いていますので、ここでは「Abbey Road」
に関する簡単なエピソードを紹介します。
あくまでも初心者向けですので(ビートルズは私も含めてマニアの方が多いので)
あしからず・・
アルバム・タイトルは当初「マウント・エヴェレスト」だったらしく、エヴェレスト
の麓でジャケットの撮影をする予定でしたが、「ヒマラヤにまで写真を撮りに行くの
はごめんだ。ちょっと外に出てそこで写真を撮りタイトルを通りの名前にすればいい
じゃないか」とポールが言い、メンバーが横断歩道を6回往復した中の1枚を採用した
そうです。
しかし、この有名なジャケットは単なるスナップではなくそれぞれの着ている服や
ポールが裸足であることなどかなり考慮がされてありポールの死亡説のエピソードに
なっています。ビートルズは考えることが違いますね。
裏ジャケは「ABBEY ROAD」と表示のある塀を撮影したものですが、偶然青い服を着た
女性が横切ってしまった。これを面白がったメンバーにより採用されたとのことです。
                  (以上、ウィキぺディアより引用しています)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー