中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観上キレイな物を出品しておりますが、中古品につき若干の使用感、傷み、ヤケ、折れなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。検品には万全を期しておりますが、検品漏れなどがあれば、ご一報下さい。対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AVP2 エイリアンズVSプレデター (竹書房文庫 DR) 文庫 – 2007/12/22

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

南極大陸の奥深くに眠るピラミッドでの死闘は、序章に過ぎなかった…。コロラド州の田舎町ガニソンの森に、ある日突然、謎の物体が墜落。それは太陽系を離れようとしていたはずのプレデターの宇宙船だった。標本用のフェイスハガーがうごめく船内では、エイリアンとプレデターの血を受け継ぐ新種“プレデリアン”が誕生し、急速に成長しつつあった。外界へと放たれた彼らの襲来により、ガニソンはたちまち大混乱に陥る。もはや町を捨てて逃げるしかないのか。追いつめられた住人たちの前に現れたのは、エイリアン駆逐を生業とする新たなるプレデター“ザ・クリーナー”。かくして人類の眼前で、恐るべきクリーチャーたちの壮絶な戦いが幕を開ける…。果たして地球に明日はあるのか…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山下/慧
映画系文筆業。脚本修行、高校講師・塾講師等を経て映画ライターに。映画雑誌・業界誌・映画ムックに記事を執筆し、「映画検定」スタッフにも参加する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 竹書房 (2007/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812433495
  • ISBN-13: 978-4812433492
  • 発売日: 2007/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
展開の早い映画の、理由の分からずに戸惑ってしまうような箇所が小説では細かく描かれています。
プレデリアンの能力。ザ・クリーナーのかっこよさ。軍の思惑などなど。
自分は映画の後にこれを読みましたがとっても楽しめました!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作品の一番の見せ場は何といってもプレデターとエイリアンたちのバトルシーンだと思うけど、そこをもう少し丹念に描いていてほしかった。人間たちの生活、性格の描き方は悪くないけど、とにかく全体に少し底が浅い印象。エイリアンと人間とプレデター、そしてプレデリアン、異なる生物なのでものの感じ方は四者ともに違うと思うのだが、感情の書き分けができていないのも残念。特にプレデターの特異な精神性を、しっかりと表現していただきたかったです。

ネタバレ(今更?)になるといやなので、詳しくは書きませんが、しかし、ラストバトルの描写が本当にきれいでした。たった2行でしたが、涙が出るかと思いました…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 私は1よりも前にこの本を読みましたが、プレデターとエイリアンの戦いが1よりも激しく、濃く描かれていて、1よりも面白かったです。(ウルフが下水道で4匹のエイリアンと戦うシーン、スーパー・マーケットでエイリアンをムチで倒し、エイリアンにかわされながらもやっとのことでエイリアンを撃ち倒すシーン、病院でのプレデリアンとの最終決戦のシーン)
 あと、エイリアンと戦うプレデターというクリーナーという設定は日本のクジラ捕りやマタギ、カナダのイヌイット、スウェーデンのサーミのようにある動物(クジラやクマ、アザラシ、トナカイなど)を狩る狩猟民族のように見えて非常に魅力的でした。(特にプレデリアンとの一騎打ちのときのウルフは、獲物にいどむハンターのようで非常にかっこいい)
 それと、できることならウルフには映画の「プレデター」のシュワルツェネッガーのように生き残って欲しかったです。(できれば1のスカーにも生き残って欲しかった。)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/5/9
形式: 文庫
映画を見て暗くて何やってんだかわかんねーよ!!って思った人にオススメです。
これを読めば映画でよく分からなかった部分が分かるかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック