中古品
¥ 446
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆当社都合による欠品はございません。◆帯無し。◆中古のためカバー、天地小口(商品上部、下部、開き口)に軽微スレ、軽微アセ、軽微薄汚れ、カバーに軽いアセ、軽微ヨレ、軽微へこみがございますが他はおおむね良好です。◆クリーニング済み。◆その他ページなどは書き込みもなく良好です。検品には万全を期しておりますが、書き込みなどお気付きの点、不備などございましたら返品、返金対応させていただきますので評価をいただく前にお手数ですがご連絡ください。◆商品ラベルははがしやすい物を使用しております。◆アマゾン配送センターより発送しますので、迅速かつサービスの信頼性も高く安心。通常配送は無料です。各種オプションもご利用いただけます。◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AVANTI COCKTAIL BOOK 単行本 – 1997/3

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 11,259 ¥ 188
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

超人気番組「サタディ・ウェイティング・バー アヴァンティ」がとうとう本になりました。放送での東京一の日常会話を聞きのがした人は…本書で。

内容(「MARC」データベースより)

東京は元麻布。坂を上った辺りのイタリアン・レストラン「アヴァンティ」-。TOKYO FMで放送中の「サタディ・ウェイティング・バー アヴァンティ」が本になりました。素敵なカクテルとともに土曜の夕暮れを楽しみましょう。


登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: TOKYO FM出版 (1997/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4924880698
  • ISBN-13: 978-4924880696
  • 発売日: 1997/03
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 417,336位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
番組のファンだったので読みました。内容もさることながら、カクテルの写真が綺麗で楽しめます。グラス、色、飾りとも、すべてがすばらしい。アバンティに行くと、こんな素敵なカクテルが楽しめるのかな、と思うと、是が非でも行きたくなります。そして、そうして行った時に、お店の人や周りの人に迷惑かけない礼儀に付いても、さらっとかかれている。他の人のためじゃなく、自分のために、守りたいマナーが解ります。カクテルについて知るにも、バーについて知るにも好適の一冊だと思います。そして何より、カクテルを楽しむために・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mikeneko86 VINE メンバー 投稿日 2006/5/21
形式: 単行本 Amazonで購入
麻布、広尾には縁があってしばしば訪れる。

高校生の頃、元麻布から麻布十番までよく歩いたものであるが、そのときはまさかAVANTIがあることは露ほども知らなかった(笑)。

本書は、カクテルの魅力を存分に、そして時には辛口に伝えてくれている。基本的に7つの寄稿から構成されているが、全ページの半分以上は「君が飲んでいるカクテルは・・・」が占め、60種のカクテルがカラー写真とともに紹介される。それぞれについてジェイク流レシピが巻末に掲載されている。

「スコットランドは・・・」ではシャイでやさしいイギリス人が描き出されている。「ジェイク流カクテル・コーディネート法」では、透明、黄色、赤色のカクテル群が美しいカラー写真とともに紹介され、これまた印象的
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/8/31
形式: 単行本
ラジオ番組の趣向とはちょっと離れた内容ではあるが、その中身はピカ一。一度読めば、「アヴァンティ」に足を運びたくなってしまう、とびっきりお洒落なカクテル解説がメインとなっている。カクテルのレシピも巻末に掲載されてはいるが、ここは馬場啓一氏の、「酒飲みの心得」的なエッセイを楽しみたい。バーという不思議な空間で、カクテルをこさえてくれるバーテンダーに対し、さて我々はどうあるべきか・・・独特のテンポを持つ文体でありながら説教じみたところは感じられない。そして、カクテルとバーの歴史や、そのエピソードもふんだんに織り込まれている。勿論、名物バーテンダー「ジェイク」からも一筆寄稿されている。一読すれば、バーという空間に一層の愛情を感じるようになるだろう。今夜からのバータイムを、180度変える一冊。いきつけのあの店が、あなたにとっての「アヴァンティ」になること請け合いだ。是非、再版を希望したい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告