ASUSTeK Intel X99搭載 マザーボー... がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 PC-MAX
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 元箱付き / 付属品欠け無し / ゆうパック発送
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 66,000
330pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: バリューアップライフ
カートに入れる
¥ 66,322
+ 関東への配送料無料
発売元: ヒットライン.
カートに入れる
¥ 70,000
+ 関東への配送料無料
発売元: アルバセレクト

ASUSTeK Intel X99搭載 マザーボード LGA2011-v3対応 RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING【E-ATX】

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 59,445 通常配送無料 詳細
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでSIMカード実質無料 1 件

残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 59,445より 中古品の出品:3¥ 45,500より
ATX
RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING
  • Chipset:Intel X99
  • Memory:8xDIMM,最大64GB,DDR4 3300(OC)~2133MHz


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more
マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

キャンペーンおよび追加情報

サイズ名: ATX | スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING


製品の特徴:
サイズ名: ATX | スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING
  • 製品概要:Intel X99搭載マザーボード RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING 「ATX」
詳しい仕様を見る

よく一緒に購入されている商品

  • ASUSTeK Intel X99搭載 マザーボード LGA2011-v3対応 RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING【E-ATX】
  • +
  • Intel CPU Core i7 5960X 3.00GHz 20Mキャッシュ LGA2011-3 Haswell E BX80648I75960X【BOX】
総額: ¥177,940
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

サイズ名: ATX | スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING
詳細情報
ブランドASUSTek
商品重量3.9 Kg
梱包サイズ36.3 x 12.2 x 32.5 cm
メーカー型番RAMPAGE V EXTREME/U3.1
商品の寸法 幅 × 高さ12.2 x 32.5 cm
OSnot_machine_specific
  
登録情報
ASINB00TXBP23C
おすすめ度 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 10,270位 (ベストセラーを見る)
発送重量3.9 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/4/16
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

サイズ:ATX  |  スタイル名:RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING

オーバークロッカーのために特別に設計を行ったプロ仕様のX99マザーボード
・ピン数を増やして安定性を向上した互換ソケットの「OC Socket」を搭載
・ASUS史上最高性能のファンコン機能「Fan Xpert 3」を搭載・低ノイズにこだわったデジ/アナ分離基板を使用したオーディオ機能「SupremeFX 2014」を搭載
・32Gb/sの転送速度に対応するPCIe 3.0 x4接続のM.2スロットを搭載
・最大転送速度1,300Mbpsに対応するIEEE802.11ac/n/a/g/b無線LAN機能を搭載
・外付けコントローラーでPCのモニタやOCを行える「OC Panel」を付属


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMINGサイズ名: ATX Amazonで購入
所有欲を満たしてくれます。E-ATXは初めてだったのですがデカイですね><
以下2ヶ月程使ってみてのレビューになります。

固定ネジはATXと同じ所なので幅広な分フロント側にボードが はみ出しているような感じになりますので
マザー用の24pinを接続する時、渋くて無理に力を入れたりするといやな感じに曲がるかと思います。
下から支えるようにしつつ取り付けました。

サウンドチップの周辺とCPUソケット下のヒートシンクが赤く光ります。
リアパネル部のヒートシンクも良いですね。見た目も重厚感をかもし出しているし、
個人的には気密性が ひいては防塵、遮音性が上がっているのが嬉しいです。
ここは前々から気になっていた所です。リア端子郡付近はどこのメーカーも昔からチャチさ全開でしたからね。
他社製品もハイエンドクラスはその内真似してくるのではないでしょうか。

5インチベイサイズのCPUの温度やファン回転数、内部倍率表示、OCボタン等を搭載したパネルも付属してます。
こういう遊び心も良いですね。

そしてファンコンは感動的でした。
おそらくですがヘタな社外のファンコンより性能良いと思います。
ただ400rpmを下回る
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nagato 投稿日 2016/5/7
スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMINGサイズ名: ATX Amazonで購入
すんばらしいの一言です。
まず、OCしても安定して電源供給可能。安物マザーボードだと電源供給が不安定だったりしますからね。
そして2つ目に、SATA3が10個、eSATAが2個付いているので、HDDやSSDを大量増設可能。こちらは動画編集の仕事のため、HDDを大量に使いますが、こいつのおかげで安心して仕事ができます。
最後に、RAMスロットが8チャネル動作、ソフトをたくさん動かしても問題なし。A社のソフトは妙に重いのでRAMを大量に必要としますが、フルで積んでもまだ余裕があるくらい。

PCIスロットも文句なしの5本、M2も装備されている。拡張性、機能性、美しさ、等々、いろんな観点で評価しても☆5です。

また、ジサカーの方々の浪漫であると思います。

タイトルにはATXと書いてありますが、実際はE-ATXです。間違いのないよう。

【スペック】
M/B・・・RAMPAGE V
CPU・・・i7-5960X Extream Edition
RAM・・・DDR4-2133 64GB
HDD・・・3TB×8
SSD・・・256GB×1
OSは8.1です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スタイル名: X99-Deluxe IIサイズ名: ATX
マザー特徴および常用OC環境など、気が付いたことなどメモ書き
(テスト環境 CPU:6950X、BIOS0601適応済み、G.Skill3000 8GB×4枚 QuadChannel、950Pro M.2 NVMe、GTX1080FE SLI)

・BIOSの安定性がすこぶる良い(起動時のPOST不良ほぼ無し)
・OCメモリとBro-E CPUとの組合せではメモリクロックを落とさず、X.M.P設定で安定(発熱や安定性の向上)
・Cacheは36倍より上は危ないが、コア倍率100*42倍において1.28v以下常用はほぼ確実に可能
・4.2GHzまではコルセア等の簡易280mmラジエタで十分冷える
・OCCT4.2.2 Linpack1Hテストを通っても、通常テストの1Hが通らないとVMW6等エンコにおいて高確率でBSoDやOSクラッシュが発生した
・occt4.2.2 1H&linpack1Hパス、VMW6(NVENCと10コア20スレッド同時エンコード)12H完走時のBIOS設定
 XMP DDR4-3000/BCLK(CPU Strap)100×42倍 core1.27v/cache ratio 15-36倍 cache1.26v/dram1.35v
 冷房無常温:平均~75度/最
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スタイル名: X99-A IIサイズ名: ATX Amazonで購入
メインストリームZ87から初のハイエンド向けのX99に買い換えました。6800Kを使い28レーンあるはずのPCIeですが、かなり使い方に制限があります。
まずビデオカードは1枚目は必ずPCIex16-1でないといけないようです。CPUクーラーとの間に隙間が欲しくてPCIex16-2にGTX1080を挿したところ、PCIex1で認識され、電源が落ちない、モニタが復帰しない、立ち上がらないこともあるなど不安定でした。
またPCIex16-4にIntel SSD 750を挿すと全体でx8-x8-x8モードになるようで、実害はありませんでしたが、Intel SSD 750はPCIex16-3に挿しなおし、x16-x0-x8でビデオカードがx16で認識するようになりました。
ハイエンド慣れしている方からすれば当たり前のことかもしれませんが、挿せば適当でオッケーなメインストリームから移行してくると、よくわからない設定も多く、期待通りに動かすには知識がいるのかもしれません。
OCはAI Suite 3で自動設定で全コア43倍で動いています。設定をつめれば上も目指せるのかもしれません。
Windows10のクリーンインストール環境ではIntel SSD 750はNVMeドライバをIntel製に入れ替えないとサスペンドから復帰できませんでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

サイズ名: ATX | スタイル名: RAMPAGE V EXTREME/U3.1 GAMING