Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,402

¥ 378の割引 (10%)

ポイント : 34pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山田祥寛]のASP.NET MVC 5 実践プログラミング
Kindle App Ad

ASP.NET MVC 5 実践プログラミング Kindle版

5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,402
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780 ¥ 2,979

紙の本の長さ: 568ページ

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

Microsoftの標準Web開発プラットフォーム、ASP.NET MVCを初めて学ぶ人のための本です。C#を最低限理解できている人を対象に、ASP.NET MVCプログラミングのための環境構築、大まかな開発の流れ、ASP.NET MVCを構成する基本要素Model/View/Controllerそれぞれの開発テクニック、ルーティング、JavaScript/CSSによるクライアントサイド開発、単体テスト、認証のノウハウを解説します。Java、PHP、Rubyの経験者にもオススメ!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

内容(「BOOK」データベースより)

ASP.NETのメインストリームフレームワークを徹底解説。ビューエンジンRazorの採用でデザインとの分業がより容易に。Scaffolding機能でCRUD型アプリケーションをカンタンに作成。3大要素、モデル・ビュー・コントローラーを徹底理解。ASP.NET Identity、国際化、Azureにも対応。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 128879 KB
  • 紙の本の長さ: 570 ページ
  • 出版社: 秀和システム (2014/10/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00XBF8E9K
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 50,139位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ここしばらくWindowsストアアプリの勉強をしていました。ASP.NETの最新技術も知りたいと思いこの本を購入しました。
 本書にはASP.NETの最新技術を網羅した解説がなされています。この本一冊でASP.NETの全体を把握できるのではないかと思います。
 当たり前のことかもしれませんがASP.NETを利用したWindows Webアプリは、WindowsデスクトップアプリやWindowsストアアプリと比べてその仕組みは全く異なります。またVisual Studio 2005のころのASP.NET技術と比べてみても大きく様変わりしているのに驚きました。プログラミングの技術の進歩は速く、常に最新情報を修得することの重要性を痛感させられます。
 本書の中ではLINQ(統合言語クエリー)の記述が印象に残りました。LINQを利用することで異なるデータソースをほぼ同じ方法でアクセスできるようになります。データベースを扱うWebアプリにとっては開発効率向上のために有効な機能です。
 なお本書を読んだだけではプログラミングのイメージはわきません。サンプルプログラムを動作させながら、何度も本書の記載内容を確認することが大切です。
 特に認証機能にはアカウント、ユーザー、ロールなどの複雑な概念がコンパクトなクラスにカプセル化されています。私もプ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「実践」というタイトルになっていますが、内容は機能がつらつらと紹介されているだけです。
内容が多いのでそれはそれで仕方が無いのですが、であれば、タイトルを「ASP.NET MVC5 機能概要」として頂きたかった。
概要説明書と割り切れば良書だと思うのに残念です。
また今後は(ASP.NET4.6 + MVC5)と(ASP.NET CORE + MVC 6)との選択を迫られます(この2つに互換性無し)
この本の執筆時点からは大きくその点が変わっているので、各自で最新動向の把握が必要です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はASP.NET MVC5の本です。
チュートリアルが素晴らしいです。少しずつアプリを成長させつつ、技術を理解することができます。

そして、Entity Frameworkについても丁寧に書かれています。MVCでアプリケーションを作るときには、EntityFramworkも理解しているほうが何かと理解がはかどります。
CodeFirstやマイグレーションまで丁寧に解説されているので、最近のMicrosoft Web開発についてオールインワンで学ぶことができます。

さらに、コラムも素晴らしく、ViewBagとViewDataの違いなどについても書かれていたりします。

インターネットには、ASP.NET MVCの情報はあふれていますが、MVC1〜4の過去の情報は役立たないこともあるので、この本を利用することで最新の必要情報を効率的に学ぶことができます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
必要最低限(とはいっても膨大)な知識が網羅されており役に立ちました。
ASP.NET MVC のような規約ベースのフレームワークは行き当たりばったりでいきなり触り始めるのではなく、まずはこれを全読し全容を把握した上で触るのが良いでしょう。

内容には満足なのですが、せっかくのKindle電子版なのにテキスト検索できないのが難点でした。
技術書においてテキスト検索できないのはかなり痛いです。索引もそれほど網羅されているわけでもなく、ペラペラとページをめくるしか情報を探し直す手段がないというのはなかなか辛いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容的には、初心者向けではないので、
ある程度の知識が要求されます。
待っていた、MVC5用なので、星5
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
PCの画面なら大丈夫かと思いましたが、それでも読みにくいです。
サンプルで確認することをおすすめします。

改良されるまでは紙で我慢しましょう
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Entity Frameworkをベースに説明をしておられる本です。

個人的には、ASP.NET MVCにおける、Model View Controllerをどう書かなければいけないのか?
そういったお約束こそが大事な事で、それを重点的に描いてほしかったのですが、
1章から3章あたりでEntity Frameworkを利用したサンプルとそれにともなうEntity Frameworkのすごく簡単な説明がちょろっとありますが、
正直読んでて意味がないと思いました。

データに対して、何を利用してアクセスするかなんてのは、開発をする際に、適宜決めることであり、MVCの実装方法とは別の話です。
それをわざわざ混ぜて書く理由がわかりません。

本来なら、Entity Frameworkはおまけの説明で、これを使うと、自動生成でこんなものまでできあがるんですよ程度でいいはずです。

っというか、毎回この手の本で思うのがEntity Frameworkの役にも立たないうっすい内容を何回読めばいいのでしょうか?
画面作るような本でもみかけますし、プログラムのサンプルでも見かけます。

そして毎回役にも立たない薄い内容の説明がさらっと書いてあるだけで
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover