通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
AR-拡張現実 (マイコミ新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AR-拡張現実 (マイコミ新書) 新書 – 2010/7/24

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • AR-拡張現実 (マイコミ新書)
  • +
  • AR〈拡張現実〉入門 (アスキー新書)
総額: ¥1,644
ポイントの合計: 96pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

iPhoneアプリとして有名な「セカイカメラ」、箱根にCGで再現された実物大のエヴァンゲリオン、マーカーをWebカメラで読み取るとアイドルの3D映像が出現する変わったキャンペーン…。 これらにはAR(Augmented Reality)=拡張現実という概念、技術が利用され、最近注目を集めている。モニター越しに映る現実世界にさまざまなデジタル情報が浮かび上がる、そんな漫画やアニメ、SFでおなじみの光景を実現するのがARだ。 ARとは「情報技術を使って、現実空間に何らかの情報を追加すること、あるいはそれによっ

内容(「BOOK」データベースより)

アイフォーン・アプリとして有名な「セカイカメラ」、箱根にCGで再現された巨大なエヴァンゲリオン、マーカーをウェブ・カメラで読み取るとアイドルの3D映像が出現する変わったキャンペーン…。これらにはAR(Augmented Reality)=拡張現実という概念、技術が利用され、最近注目を集めている。モニター越しに映る現実世界にさまざまなデジタル情報が浮かび上がる、そんな漫画やアニメ、SF作品でおなじみの光景を実現するのがARだ。本書では、ARとは何か、今ARに何が起きているのか、そして私たちの生活をどのように変えようとしているのか。遠い未来の話としてではなく、すでに現在になりつつある話として考察する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2010/7/24)
  • ISBN-10: 4839935645
  • ISBN-13: 978-4839935641
  • 発売日: 2010/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 303,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
日経コミュニケーション編集部から出ている「ARのすべて-ケータイとネットを変える拡張現実」も一緒に読んだので比較しながら書きます。
まず、「ARのすべて-ケータイとネットを変える拡張現実」の特筆すべき点はARに意欲的な企業や教授のインタビューがあることでしょう。
KDDI研究所、大日本印刷株式会社、頓智ドット、ARToolkitの開発者の加藤博一教授 …などなど。
それと、ARを実現するための ”技術” に関してはこの書籍より詳しく、図や表を使っていて分かりやすくと感じました。(まぁページ数をけっこう割いているので当然なのですが)
ARってこういう技術で、今、企業はこんな取り組みをしてるんだ〜。と全体像を把握するにはとても良いです。しかもスイスイ読めます。

そして、こちらのAR-拡張現実についてのレビューです。
一言で言えば ”ARは様々な現実を変える” ことについて書いた本ではないでしょうか。
広告、デジタルサイネージ、ショッピング、教育、SNS、コミュニケーション、ARから見たインターネット、そして現実空間そのもの…
ARというテクノロジーによって様々な業界にどういう影響を与えるのか非常に深く考察していて素晴らしい。
そうそう、自分もそう思ってた!と頷くことが多かったです。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sickboy VINE メンバー 投稿日 2012/4/8
形式: 新書 Amazonで購入
新しい技術は人間の可能性を拡大させる。ARというものの役割、可能性、できることできないことを知りたくて購入通読。
情報との新しい形での付き合い方を感じさせてくれる書籍になっていると思います。拡張現実という技術がどこまで進んでいるのか。現実としてどこまで利用されているのかを説明してくれています。また、これからの最適な使われ方、社会とARとの相互関係、インターネットとの関連なども思考をめぐらすことのできる書籍だと思います。E空間という発想はすでに実装するための技術は準備できているということに、人間の加速力を感じる。GoogleのProjectGlassと非常に相性のよさそうな技術群だと感じる。
まだまだ、先の技術だと感じていたAR・・・気が付けば周りには実装する準備ができている。既存のガジェットの枠にとらわれない発想ならARという技術に特化したツールが出てきてもおかしくない。専用のガジェットを準備するとなるとハードルは高いが、利用者は生活を加速させることができると感じる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
2010年初版本だが、3年経った今でも「ARとは?}を学ぶに十分な情報が得られました。
技術説明に始まり、提供されているサービスまでを淡々と軽快に述べられています。
ARを知るためには本書は十分な知識を与えてくれます。
最終章ではネットと現実を結ぶコミュニケーション・アプリへの今後の開発・技術が日本で
登場してくることを期待して締めています。
コンテンツデザインのビジネスにARが使われる場が多く出てくることに期待し、その知識
を得られた良書に感謝します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ビジネスへのARの活用の仕方が判り易く解説されています。技術の進化はどんどん進むものですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
専門家ではなく IT ジャーナリストが書いた AR 論だ. だから,AR の技術よりは社会,とくに広告などのビジネスが中心の話題になっている. セカイカメラやそれに類するサービスにかなりのページがさかれているが,こういうサービスはセカンドライフと同様にあまりパッとしない.

むしろ,本書でもふれられている 「AR 空間を整備することで,現実空間の人の流れを意図的に変えようという試み」 のほうが興味ぶかい. つまり,AR をみているひとの数はかぎられているので,他のひとにどれだけ影響をあたえられるかが勝負だとおもえる.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告