KORG DS-10 PLUS がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装またはエアクッション包装でお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

KORG DS-10 PLUS

プラットフォーム : Nintendo DS
5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、オフィスユウが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いが利用できます。
新品の出品:6¥ 9,800より 中古品の出品:21¥ 1,598より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • KORG DS-10 PLUS
  • +
  • 弾いて歌えるDSギター"M-06"
  • +
  • KORG DS-10
総額: ¥17,629
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B002EL47B6
  • 商品パッケージの寸法: 13.8 x 12.4 x 1.6 cm
  • 発売日: 2009/9/17
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 7,580位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

●「KORG DS-10」とは?
KORG DS-10は1978年にKORGより発売されたパッチ式アナログ・シンセサイザー"MS-10"をデザイン・コンセプトに、
昨年7月に発売され大ヒットを記録した、世界初のニンテンドーDS用シンセサイザー・ソフトウェアです。
ニンテンドーDSの持つタッチスクリーンを用い、すべての操作をタッチペンで行えます。
これまでのハード・シンセ、ソフト・シンセにはないインターフェイスと使いやすさを実現したまったく新しい楽器です。

アナログ・シンセサイザーならではの音を再現したクオリティの高い音源部には、
株式会社コルグのノウハウが惜しみなく投入され、さらにニンテンドーDSのタッチパネルを最大限に生かした、
感覚的なノート入力/サウンド・コントロール・モードも用意されるなど、
楽器を触ったことのない方から音作りにこだわるプロの方までご満足いただける仕様となっています。

●拡張された機能
■SONGモードの拡張(DS、DSi共通)
KORG DS-10に新たな2つの機能が搭載されます。

―再生中のパラメーター編集
SONGモード中のパラメーター編集が可能となります。これにより、SONGとして制作された楽曲をプレイしている時にも、
リアルタイムに演奏を行うことができるようになります。
これからは、制作された楽曲を聴きながらその時のインスピレーションを形にしていくことができます。

―トラックMUTEのプログラム機能
作成されたトラックに対して、ミュート/ソロの切り替えをプログラムによってコントロールすることができます。
限られたトラックを有効活用することができるようになるため、これまで以上に幅広い楽曲制作を行うことができるようになります。

■Dual DS-10モード(DSi専用機能)
「KORG DS-10 PLUS」の最大の特徴である、ニンテンドーDSi専用機能「Dual DS-10モード」では、
アナログ・シンセ・シミュレーターが2台から4台へ、ドラム・マシンは1台(4パート)から2台(8パート)へ拡張され、
12トラック・シーケンサーとなります。
つまり、「KORG DS-10」2台分の性能となり、高度な楽曲制作やパフォーマンスを実現することができるのです。

●基本仕様
:パッチング可能な2台の2オシレーター・アナログ・シンセ・シミュレーター。
:アナログ・シンセ・シミュレーターで制作した音を使用する4パート・ドラム・マシン。
:6トラック(アナログシンセ×2トラック+ドラム・マシン×4トラック)/16ステップ・シーケンサー。
:ミキサー部にディレイ、コーラス、フランジャーの3種類のサウンド・エフェクト装備。
:カオス・パッド、キーボード、マトリクスの3種類のノート入力モード。
:カオス・パッドによるリアルタイムのサウンド・コントロール・モード。
:ワイヤレス通信による複数台での同時プレイ、曲や音色データの交換可能。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

DS-10PLUSの新機能としてデュアルモードを挙げられる方が多いようですが、DSLiteのボクは意味無いじゃん!というオチ。
でも実はもう一つの追加機能、DSLiteでも利用可能な"SONGプレイ中のパラメータエディット(=演奏録音)"がなかなかの優れもの。

songに適当にpattern2〜4種類ほど登録し、そこだけループさせればよりパターン1つに縛られないフレージングが可能です。
せっかくついているカオスパッドもパターンに縛られず録音できれば、より創造性豊かな演奏が可能ですよね。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
無印のDS-10では同時に鳴らせるのは2音まででしたが
今回は一気に12トラックまで増えています。
それだけでなくプレイモードでつまみをいぢれたり、
DSi専用機能など他にも細かな所でパワーアップしています。

敷居は高そうに見えますが
カオスパッドをぐりぐりしたり
音を鳴らしながらつまいをいぢっているだけでも
楽しめるかと思います。

昔は数100万円したようなシステムが
それ以上の操作性で、
この値段で手軽に買えてしまうとは
凄い時代になったものです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いままでDS-10をハード1台でやっていたユーザーにとって、プラスを買うと必ずもう1台DSiが欲しくなってくると思います。
なぜなら過去に作ったオリジナルのデータをプラス内でミックスできてしまうので…。
またヘビーユーザーは、データのバックアップ用に初代を手放すことも考えにくいだろう。
ただ難易度は上がっているので挫折には十分注意。
次は同期できる声やループ系の音が多めのドラムマシンみたいなソフトになれば嬉しいかな…。
あとディレイにリバーブかけられたりできるといいかな…。
また次回の作品も楽しみにしています。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
凄い事だと思う。ポータブルなゲーム機でこんなに音作りを楽しめるなんて。
モノシンセ*2、ドラムパート*4だけれども、アナログシンセをかじった事のある人なら触れるだけでマニュアルなくてもある程度楽しめます。

秀逸なのはカオスパッド、パッチ。
シーケンサーは画面の大きさを考慮するとリアルタイム入力が難しいので、譜面入力があればと思います。
後はファイル保存がいまひとつ。
やはり音楽ソフトなのでサウンドは命ですから、アンプにスピーカーを外につけるともっと良い音に聞こえるかも。
それとMTRを使えば、立派にレコーディングツールとして使えるのではないでしょうか。可能性を秘めたソフトです。
M01もあるそうですが、音を作るならDS01、曲を作るならM01かもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
画面を色々タッチしてるうちに曲らしきものが…出来ちゃいます。楽譜のように難しい記号はいりません。
音符が読めなくてもマスを埋めてけば自然と音になります。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
以前から気になっていたDS-10がバージョンアップしたということで、購入してみました。
DS-10は結構使いこなしが難しいという噂を聞いていましたが、実際は意外と感覚的に簡単に使えました。
DTMとアナログシンセの基本がわかれば、操作にはまったく苦労はありません。

一方、使っていて気になったのは、操作性の悪さです。
DSだから仕方がないのも十分わかるのですが、

・つまみの操作がタッチペンでしか扱えない。
(ボタンでつまみの選択と増減をコントロールできると格段に操作しやすいはず。)
・シーケンサーは1パターンずつのつなぎ合わせになっているので、若干曲作りにてこずる。
・鍵盤を叩きながら音作りのチェックが出来ないので、結構めんどくさい。

のような事があげられます。
次回アップデートすることがあるなら、検討してもらえるとうれしい部分です。

こんな中でひとつ思ったのが、プロペラヘッド社のReBirth。
こちらのソフトはPC向けに無料公開されていましたが、
シンセ2台にリズムマシン2台という構成で、ビンテージシンセのエミュレーション、しかも若干使いにくい・・・という非常に似た環境となっています。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー