この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AK‐47世界を変えた銃 単行本 – 2009/4

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 11,947
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「アフリカのクレジットカード」「10ドルの大量破壊兵器」…さまざまな異名をもつアサルト・ライフル(突撃銃)、AK‐47。ミハイル・カラシニコフが開発したこの銃は、単純な構造のため誰でもすぐに扱え、めったに故障せず、きわめて安価なため、各国の軍隊、反政府集団、テロリストたちはこぞってAKを求め、瞬く間に世界に広まっていった。本書は累計1億挺以上がつくられた「AK」が、その登場以降現在までに、いかに世界に「蔓延」し、世界をどのように変えていったのかをたどりつつ、AKの軍事的、文化的、世界的意義を浮き彫りにする画期的な1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

カハナー,ラリー
ジャーナリスト

小林/宏明
1946年、東京生まれ。明治大学文学部英米文学科卒。翻訳家、エッセイスト。アメリカのカウンター・カルチャー、ロック、ミステリー、犯罪ノンフィクションなど、幅広いジャンルで翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2009/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 405403568X
  • ISBN-13: 978-4054035683
  • 発売日: 2009/04
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 414,858位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ゴルゴ13のネタにもなっていますが、AK-47に関して非常に詳細に書かれています。
分量がありますが、飽きずに読み進められます。
ハイテクよりも、必要十分な機能、シンプル、低価格が重要であると。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 marino VINE メンバー 投稿日 2009/5/11
形式: 単行本
「小さな大量破壊兵器」と言われるアサルトライフル(自動小銃)AK−47とその父カラシニコフを扱った本はいくつもありますが、その中でも比較的バランスが良くて読みやすい作品に仕上がっていると思います。
AKの誕生にまつわるエピソードから、紛争や独立に欠かせない武器になった秘訣、銃弾やAKの内部の仕組みの図、それから必ず比較に出されるM16、AKをキャッチコピーにした商売等、割りと広い範囲に渡ってそれなりに深く掘り下げてあります。

以外に思われるかもしれませんが、戦争や紛争で最も人を殺したのは原子爆弾やミサイルではなくAKライフルなのです。
別の言い方をすれば戦士にとって最もポピュラーな武器なのです。

「AK」や「カラシニコフ」という名前は聞いたことがなくても、銃が出てくる映画にはたいてい「AK」は出演しています。そう言われると驚くかもしれませんが、「悪役が持っているマガジンが曲がったマシンガン」と言われるとピンと来るかもしれません。

ちなみに、アフリカではAKライフルが日本のモデルガンよりも数倍安く買え、しかもその金がなければAKを分割で買い、強盗して戦利品で残りの金額を払うそうです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当然ながらAK-47は軍用銃として開発されたことから,求められる性能は敵の殺傷能力である。

新しい銃を開発するさいの目標値としてあげられる数値は敵に被弾したさいにどれだけ相手の体を破壊できるかである。自明のことであるが,平和な世界に住んでいる私には,その記述が意味するところを想像すると恐ろしい。

自分が戦場に放り込まれたときに,わが身を守るための道具して銃をみたときにどのような評価となるのだろうか? と想像しながら読んだ。

軽くて,壊れなくて,扱いやすく,威力があり,命中精度が高いという用件のうち,AK-47はすべてで満点ではないが,壊れにくくて,扱いやすいいシンプルな構造のため世界に受け入れられ,そのためもともと大量生産しやすいものがよりコストダウンし,本物がレプリカよりも安く手にはいるぐらい世界で普及している。

道具論としてみると,高性能だがメンテナンスが面倒なものと,ほどほどの性能でメンテナンスがほぼ不要のもののシェア争いの壮大な社会実験のように見える。また,軍需産業の闇としては,アメリカの銃の開発のさいの軍部内での利権争いによって,一部の人の懐が暖まる銃が採用されていく様子などが興味深い。

訳者による図解補足などがあるが,AK-47が具体的にどのようにシンプルな構造で,なぜ壊れにくく丈夫なのかという点がいまいち理解しにくい点が残念である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
AK-47の誕生から、係わった戦争、紛争、事件の顛末がたくさん語られています。
銃器としてのしくみや特徴については一応記述がありますが十分ではなく、訳者の図解と解説のおかげで理解しやすくなっています。

ベトナムで埋められていたAK-47を掘り起こしたら「そのまま」撃てたようなことが書いてありますが、
実際は掘り起こして「軽くオーバーホールしたら」撃てたということでしょう。
泥が内部にビッシリ詰まっていたら撃てるはずがありません。
AKがホコリに強く壊れにくいということを言いたいのでしょうが、迷信っぽい事柄は区別して欲しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
安い、壊れにくい、修理しやすい、頑丈、最低限な機能、気候土地を選ばない名銃。世界各地へ伝染病のように拡大普及されました。
しかし、それと反比例するがごとく、昨今の日本製の家電機械は高性能、多機能、低寿命。悲しいかな当銃のような何十年も愛用されるものは皆無です。
これからの日本人技術者もこの本の内容のようにカラシニコフ氏の開発コンセプトを見習い、新商品の発想の糧にしてほしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告