通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
AI時代の新・ベーシックインカム論 (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー・表紙に傷・ヨレ・汚れ、小口に汚れ等ありますが、概ね状態良好です。◇画像と商品が異なる場合があります。中古品の為、書込み等がある場合がございますのでご了承ください。記載のない限り、帯や特典は付属致しません。通常2営業日以内の発送となります。発送は日本郵便(ポスト投函)・ヤマト運輸等で発送致します。△別販路にて販売行っている為、在庫切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。ご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AI時代の新・ベーシックインカム論 (光文社新書) 新書 – 2018/4/17

5つ星のうち 4.7 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 907
¥ 907 ¥ 546

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • AI時代の新・ベーシックインカム論 (光文社新書)
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
総額: ¥1,771
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介


未来社会は「脱労働社会」。
AI時代にBIは不可欠だ。
――注目の経済学者が考察。

◎ 内容紹介
ベーシックインカム(Basic Income,BI)とは、
「政府が、すべての人に必要最低限の生活を保障する収入を無条件に支給する」制度を指す。
近年、特にヨーロッパ諸国を中心にBI導入をめぐる動きはかつてないほど盛んになっている。
主な理由は二つある。
一つは、格差の拡大や貧困の増大を改善する手段としての期待、
もう一つは、人工知能(AI)やロボットが
多くの人の雇用を奪うようになるのではないかという予想である。
日本での導入の可能性はどうか。財源はどうするのか。
現行の貨幣制度の欠陥とは何か。AI時代になぜBIが必要なのか。
最大の障壁となるものは何か。そして未来の社会とは――。
AIと経済学の関係を研究するパイオニアが、
BIに関する様々な問題を深く掘り下げて考察する刺激的な一冊。

◎ 目次
はじめに
【第1章】ベーシックインカム入門
1・1 ベーシックインカムとは何か?
1・2 ベーシックインカムvs. 生活保護
1・3 起源と歴史
1・4 現代のムーブメント
【第2章】財源論と制度設計
2・1 なぜ生活保護よりもベーシックインカムのほうが安上がりなのか?
2・2 負の所得税・生活保護との制度上の違い
2・3 所得税以外の財源
2・4 日本の財政危機は本当か?
2・5 貨幣発行益を財源としたベーシックインカム
【第3章】貨幣制度改革とベーシックインカム
3・1 貨幣発行益をベーシックインカムとして国民に配当せよ
3・2 貨幣制度の変遷
3・3 銀行中心の貨幣制度の問題点
3・4 国民中心の貨幣制度へ
【第4章】AI時代になぜベーシックインカムが必要なのか?
4・1 AIは雇用を奪うか? 格差を拡大させるか?
4・2 日本の雇用の未来
4・3 人間並みの人工知能が出現したら仕事はなくなるか?
4・4 脱労働社会にベーシックインカムは不可欠となる
4・5 資本主義の未来
【第5章】政治経済思想とベーシックインカム
5・1 右翼と左翼は対立しない
5・2 なぜ右派も左派もベーシックインカムを支持するのか?
5・3 儒教的エートスがベーシックインカム導入の障壁となる
5・4 なぜ怠け者も救済されるべきなのか?
5・5 労働は美徳か?
5・6 人が人であるために
おわりに

◎ 著者プロフィール
井上智洋(いのうえともひろ)
駒澤大学経済学部准教授。経済学者。慶應義塾大学環境情報学部卒業。
IT企業勤務を経て早稲田大学大学院経済学研究科に入学。同大学院にて博士(経済学)を取得。
2017年から現職。専門はマクロ経済学、貨幣経済理論、成長理論。
人工知能と経済学の関係を研究するパイオニア。
著書に『新しいJavaの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)、
『人工知能と経済の未来』(文春新書)、『ヘリコプターマネー』(日本経済新聞出版社)、
『「人工超知能」』(秀和システム)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

ベーシックインカム(Basic Income,BI)とは、「政府が、すべての人に必要最低限の生活を保障する収入を無条件に支給する」制度を指す。近年、特にヨーロッパ諸国を中心にBI導入をめぐる動きはかつてないほど盛んになっている。日本での導入の可能性はどうか。財源はどうするのか。現行の貨幣制度の欠陥とは何か。AI時代になぜBIが必要なのか。最大の障壁となるものは何か。そして未来の社会とは―。AIと経済学の関係を研究するパイオニアが、BIに関する様々な問題を深く掘り下げて論考する刺激的な一冊

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 296ページ
  • 出版社: 光文社 (2018/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334043461
  • ISBN-13: 978-4334043469
  • 発売日: 2018/4/17
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,699位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(8)

トップカスタマーレビュー

2018年6月12日
形式: 新書|Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月16日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月13日
形式: 新書
review image
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年5月11日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年7月5日
形式: Kindle版
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年4月24日
形式: 新書
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年7月3日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告