¥ 463
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
AIの遺電子(2)(少年チャンピオン・コミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AIの遺電子(2)(少年チャンピオン・コミックス) コミックス – 2016/7/8

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 77
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • AIの遺電子(2)(少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • AIの遺電子(3) (少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • AIの遺電子(1)(少年チャンピオン・コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人が与える運命に、機械の心が軋む。
機械が選んだ未来に人の心が震える。
彼らは道具か、友人か……。
多様な「知能」に手を差し伸べる人工知能専門医、須堂の物語、全11編。


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2016/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253220975
  • ISBN-13: 978-4253220972
  • 発売日: 2016/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻では「ヒューマノイド」と「人間」がコアテーマでした。
2巻では、「産業用AI」「ヒューマノイド」「人間」と、区分けが1段階めんどくさく、もとい重層化されており話の重さも増しています。
究極には、「特定業務AI」「一般産業用AI」「ヒューマノイド型AI」「ヒューマノイド」「統率型ヒューマノイド」「派遣社員」「契約社員」「子会社正社員」「本社正社員」「本社経営層」あたりに、役割と責任が分化されてゆくのでしょうか。
人間が減っていくから機械で補わなきゃいけないじゃないか、という日本において、これがどう実装されていくかが気になります。
ヒューマンコミックスと恐怖コミックスの境目(ブラック・ジャックと違う意味で)での活躍を期待しております。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻に引き続き不可思議で優しく、時に悲哀な世界観

やっぱり山田さんの作品は話がうまい、ぼんやり夜長に読むととても面白い

今、流行りつつある技術にどんぴしゃではないでしょうか、とても面白いです、おすすめ
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
「鉄腕アトム」「ブラックジャック」の両作品から
インスパイアされているのは確かだと思いますが、

「鉄腕アトム」は、
(手塚さん本人のテーマが膨らんでいったのだとは思いますが)
人間の、ロボットへの扱い、というものを通して、
アメリカで起こった、「有色人種(黒人)の人権」復権のエピソードと
「ロボットの人権」を重ね合わせて、
「人間とは何か」を描いていたのだな、と思っています。

一方、「ブラックジャック」は、
人間はどこまで、人の体に手を加えていくことが許されるのか、
人間が生き続けるとは、生き続けたいとは、どういうことなのか、
というテーマを通し、
「人間とは何か、人間が人間として生きることの意味」みたいな所を
描いていたと思っています。

翻って現代、
私もIT関係の仕事をしているのですが、
人間の頭脳とAIの未来、役割との関係については、
本当に尽きせぬ考察がある、と感じています。

今日的テーマとして、
これからのAIを改めて考えると、
より人間の日常に自然な形で寄り添う形、
あるいは人間が行けないような所に赴く形、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
個人的には、2巻まできて、面白さが大幅にアップしていると思った。

1巻を読んでいた時点では、ヒューマノイドと人間が平等な存在として共存している社会が当たり前のように
実現していることについて、それはただの舞台設定でしかないのか、
それとも、作者は、作品世界がどうしてこのような状態にあるのかということを考えているのか、
どちらなんだろうかということが、はっきりわからない状態だった。

2巻を読了した結果、どうやら後者が正解であるように思えてきた。
作品内でまだ、おぼろげにしか言及されていないことだが、人類とヒューマノイドの上位に、
両方の能力をはるかに凌駕する高度AIが在るというのならば、作品世界内の奇妙なほどに
均衡がとれた状況にはうなずける。

もしかしたら、今後のストーリーしだいでは、一話一話ごとのドラマを堪能するだけではなく、
この世界の謎がだんだんと明かされて行くスリルをも楽しめるのだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gabu 投稿日 2016/7/10
形式: Kindle版
個人的な好みですが、2巻は1巻の時より話の幅が広くなって楽しめました。
特に好きだったのが以下の5話。

「第11話 寡黙な彼女」(コメディ系)
「第17話 ホワイトデー」(コメディ系)
「第13話 運命の人?」(怖い系)
「第20話 お別れ」(しんみり系)
「第21話 シャロンとブライアン」(しんみり系)

特に「第13話 運命の人?」のハッピーとホラーの両面性のあるエンディングは
藤子F先生の流血鬼を彷彿とさせて大好きです。

あのおばさんにはまた登場してほしいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー