通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 青 龍
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易クリーニング済み。中古商品となりますので、スレ・傷・日焼け・汚れ・角折れ等のある場合がございますが、通読には支障のない商品となっております。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。【ゆうメール発送】【日時指定不可】【今一度、宛先の確認お願い致します。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書) 新書 – 2015/3/19

5つ星のうち 4.3 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 452

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
  • +
  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、
雇用・産業構造、医療・介護、芸術……

「自ら学んで成長する能力」を身につけた
次世代ロボットは、
人間社会をどのように変えるのか

--------------------------------------------------

AIが「人類を滅亡させる」のは本当か?
いまそこにある「日本衰退」の危機とは?

「ルンバ」などのお掃除ロボット、
グーグルが先鞭をつけた自動運転車は、
掃除機や自動車などの姿を借りた次世代ロボットであり、
おそらく今後、あらゆる製品で同じようなことが起こる。
つまり、家電や自動車をはじめとする多くの既存製品が、
一種の知性(AI)を帯びたロボット的な製品へと
生まれ変わるのだ。

AIと次世代ロボット技術は、今後、
私たちを取り巻く全ての産業を塗り替えてしまう。

日本の産業界がそれに気づかず、
この分野でグーグルなどに後れを取ると、一体どうなるのか。

これを今こそ、日本の産業界はよく考えないといけない―。

--------------------------------------------------

【本書のおもな内容】

第1章 最新AIの驚異的実力と人類滅亡の危惧
――機械学習の光と陰
第2章 脳科学とコンピュータの融合から何が生まれるのか
――AIの技術と歴史
第3章 日本の全産業がグーグルに支配される日
――2045年「日本衰退」の危機
第4章 人間の存在価値が問われる時代
――将棋電王戦と「インダストリー4.0」

内容(「BOOK」データベースより)

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術…「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062883074
  • ISBN-13: 978-4062883078
  • 発売日: 2015/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,942位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
ほとんど知識のない分野なのですが、とても分かりやすく平易な文章で一気に読めました。とても読みやすかったです。

タイトル通り、第1章から衝撃の内容でしたがわかりやすく説得力がありました。現状認識ができるので導入の章として、ここを読んだだけでも手にしてよかったと思いました。
第2章で歴史に触れ、第3章、第4章で未来を読む、そんな内容でした。著者の考えも織り交ぜながらも、偏った方に誘導されているような不快感も感じることなく最後まで読み切ることができました。
AIのこれからということだけでなく、人間の存在価値についても考えさせられる独特の読後感が残りました。専門家の人がどう読むかはわかりませんが、いままでこの分野に関心のなかった人にこそ読んでもらいたい作品です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/5/12
形式: 新書
グーグルに買収されたディープマインド共同創業者のシェーン・レッグ氏は、「最終的に、人類はテクノロジーによって絶滅するだろう。(中略)今世紀におけるその最大の危険要因はAIだ」と語っているという。Deep Learningを中心に、人工知能研究の進歩について紹介した本。

機械学習。背景にあるビッグデータとIoT。ディープ・ニューラルネット。なぜ強化学習。フレーム問題。カルマン・フィルター。ロジスティック回帰分析。コスト関数。パーセプトロン。ルールベースのAIの失敗。ベイズ定理。サポート・ベクター・マシン。スパース・コーディング。GPU。脳のシュミレートとカットオフ問題。ROS(ロボット用の基本OS)。AIに対するGoogleの研究投資の凄さとロボット大国日本の競争力への危機感。将棋電王戦。インダストリー4.0との関係。AIが作曲も行う。人工知能の将来と人間の立場。

一般向けになるべくわかりやすく書かれている。Deep Learning向けの専門書にあるような数式類はほぼ出てこない。現代のAIの教養レベルの基本知識とトレンドについて簡便に理解できるという点で、良い本である。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2017/3/16
形式: 新書 Amazonで購入
AIの開発の歴史と現状、ディープラーニングとの関わり、雇用に対するインパクトなどが要領良く紹介されています。雇用問題に関連して、レビュアーは「モラベックのパラドックス」という見解を本書で初めて知りました。あえて難点を言えば、第1に、出典が曖昧な点です。例えば、ハーバート・サイモンは「20年以内に人間ができることはなんでも機械ができるようになるだろう」と述べた,という記述がありますが(87頁),サイモンのこの言葉の出典は何か?一般読者向けの書籍であっても、出典が明記されているか否かで、書籍の有用性に大きな差が生じます。出典表記が不要と思われる引用文に出典が書かれている箇所があるだけに、違和感もあります。第2に、本書の記述と最先端の研究開発の状況との間に大きなギャップがあるのではないか、と思われる箇所が散見される点です。
以上のような難はあるものの、文系の学生諸君やビジネスパースンには一読をお勧めできる良書です。ただし、ベイズ統計、カルマン・フィルターなど理系のテーマも取り上げられています(説明は、中途半端ですが)。AIは、学際的テーマである以上は、当然の予備知識ということでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ここ最近マスコミでAI(人工知能)が取り上げられることが多くなった。その際、多くの場合人類への脅威という観点から必要以上にセンセーショナルに
扱われることも多い。この書物も題名は「AIの衝撃 人工知能は人類の敵か」という具合に、やや過激ともとれるものにしているが、内容は至極
真っ当である。数か月前に読んだ「人工知能と経済の未来」では2030年に人工知能の発達で、人間は職を失い、これを解決するために国民に
BI(Basic Income)を平等に与え、その基礎財源として所得税の増税を説いていたが、その余りにも将来予想の超悲劇的な展開と、解決の
ための方法論の超楽観的な考え方のギャップに嫌気がさした。しかしながら、この「AIの衝撃」では、まず、AIの発展に関しては、同様に脳科学
の研究と機械学習能力の向上により多くの職が、発展したAIに取って代わられるという強い示唆を明示しながら、「知能」は人類に残された
最後の砦ではなく、自分よりも優れたものを作っていこうとする人類の「懐の深さ」と「先見性」がそれを上回るものであるという結論を出し
ている。具体的には、現在人類最大の問題の一つである核廃棄物問題の解決を図る一つの可能性としての、宇宙開発。ここには人間の活躍の
場がまだまだ残されている。要は、AIに取って
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー