Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400

¥ 112の割引 (7%)

ポイント : 39pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松本 徹三]のAIが神になる日
Kindle App Ad

AIが神になる日 Kindle版

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 2,872

商品の説明

内容紹介

村上憲郎、夏野剛、高木友博 絶賛。

来るべきシンギュラリティーに備え、人間は何をなすべきか?

村上憲郎(前Google日本法人代表取締役)
「今後AIについて何かを語るとき、この本が提起する諸論点を無視しては語れなくなると思う。」

夏野剛(慶應大学特別招聘教授)
「AIの真髄を理解したい人、正しく理解すべき人、これらすべての人にとって必読の書。」

高木友博(明治大学理工学部教授)
「ここまで広範な分野を深く理解し、縦横無尽かつ明瞭に語れる人を私は過去に見たことがない。」

コンピューター技術の発展型であるAIと、その究極の姿であるシンギュラリティーは、人類に何をもたらすか?

AIが次世代のAIを自ら作り出すことにより能力が加速度的に向上して、ついに「シンギュラリティー」が実現する時期が近づきつつある。これは、想像を絶するほどの凄まじい変革を人間社会にもたらすだろう。
産業革命は、人間の肉体的な限界を破って人間社会の在り方を変えた。コンピューターは、人間の頭脳の一部の機能を拡大して、第二の産業革命を起こしつつある。しかし、AIの究極の姿であるシンギュラリティーは、人間の頭脳のほとんどすべての機能を複製、拡大して、まったく新しい世界を創り出す潜在力を秘めている。
本書は、こうした認識をベースに、著者の豊かな知見を通して、人間が行ってきた技術革新とは何か、人間とは何か、人間が信じてきた神(宗教)とは何かを考察し、今後人間がどのようにAIに向かい合うべきかを提示する。

●目次
第一章 シンギュラリティーに向かうAI
 AIとは何か?
 シンギュラリティーとは何か?
 人間の脳の働き
 AIとロボット
 AIのこれからの姿
 人間はAIとどう向き合うべきか?
 シンギュラリティー到達後の世界
第二章 人間と「神」
 人間は太古の昔から「神」を信じた
 宗教の変貌
 世界の四大宗教
 無神論の系譜
 カルトの病理
 社会規範としての宗教
AIは「神」となりうるか?
第三章 すべての「人間的なもの」
 AIと人間との違い
 「愛」とは何か? 「憎しみ」とは何か?
 人間を衝き動かす「欲望」
 「意志」はどのようにして生まれるか?
 「正義」という「価値観」と、それから生まれる「信念」
 「価値観」についてもう少し考えてみる
 主観と客観の両面から「意識」を考える
第四章 AIと向かい合う哲学
 人は、実はいつも「哲学」している
 「人間的」であるということ
 人間は科学技術の領域からはしだいに退出せざるを得なくなる
 人間に最後まで残る領域は「哲学」と「芸術」
 AIを「神」にしてもいいが、絶対に「悪魔」にしてはならない
 AIが統治する世界
 これからどう生きるべきか? BSの時代
 これからどう生きるべきか? ASの時代

内容(「BOOK」データベースより)

シンギュラリティーに到達した究極のAIは、人類に何をもたらすか?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2068 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/7/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B073W485F6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 265位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、大変に面白い本である。AI技術の到達点や現状を説明したものではなく、これからAIが我々の社会をどう変えてゆくかを深く鋭く考察している。AIが「人間の一部の能力をより高く実現するだけでなく、人間の能力を一つも漏らすことなく身につける」(p12)ようになった段階は「シンギュラリティ」と呼ばれるが、シンギュラリティに達したAIは、人間よりずっと能力が高いので、認識や推論能力だけでなく、問題を解決するための意思決定も人間以上に適切にできる。その理由は、AIは自分が欲望したり感情をもったりしないので、感情に引きずられる人間と違って、最善の選択肢を冷静に判断できるからである。だから政治も経済も、人間が判断するのではなくAIにすべて任せよう、民主主義は衆愚政治に陥るから、プラトンの哲人政治の新バージョン、哲人の代りにAIに世界を治めていただくのが最善である、というのが本書の主旨である。碁や将棋の名人よりもAIが強くなった今日、AIこそが問題解決の最適解を見つけられるという著者の主張には、一定の説得力があるように見える。医者の診断、裁判の判定、マーケティング、工業製品の検査など、AIはビッグデータをもとに、人間には及びもつかない数の事例をもとに帰納を行い、そこに規則性を発見し(ベイズ主義にもとづく確率論)、仮説を立て、それが正しいかどうかを演繹的にも確かめながら、因果関係の認識や将来の予測...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「シンギュラリティ」という言葉が目立ち始めた頃から、
一部の人達が、そういう超知性に政治など一切を任せてしまって、今度こそ共産主義を完成させよう・・・
という夢想を持ち始めていることは、うすうす感じられていました。
本著もまさに、「それだけが人間が生き延びる道なのだ」と説いている。
そうしないと人間は滅びるだけなのだ・・・と。

著者の未来に対するビジョンには、人間を凌駕するAIが人類の完璧な保護者になり、
また知的存在として、人類の後継者になるのだ・・・という物語が紡がれている。
ジェイムズ・P・ホーガンのSF小説「未来の2つの顔」などを彷彿とさせますね。
そのビジョンの中で人類はあくまでも放っておくと自滅する愚かで弱い存在として綴られています。
ちょっと寂しい未来図です。
我々は自分自身にそんなに絶望しなければならないのでしょうか。
「民主主義や資本主義はもうたちゆかなくなってきた」と文中にありますが、
昨今の欧米で起きた現象が著者に、人間に対して悲観的な気持ちを与えた部分もあったのかもしれない。

著者松本氏は本著の中で
「人間の未来には3つのシナリオがあり得る。絶滅か、
 自作AIによって救済されるか、宇宙
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ちょっと期待はずれ。内容的には、AI系の全体像を初心者向けに、丁寧に説明されているが、この辺を少しでも勉強している読者にとっては新しいアイデアは殆ど無く、残念。最後は、AIに全て任せる事ができる世界を理想形と考えているようだが、本当にそれで良いのか?また、筆者は、脳科学の知識に関しては、fMRIなど、意識などを含む最新の研究成果をご存知無いようで、心理学もフロイト中心で、一世代前の世界を見ている感じが強くした。この手の著作を出すなら、最低限、そのへんのカバーは欲しかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者が有名な方なので、期待満々で読んだのだが、伝えたいことがいまいちよく分からなかった。
人工知能やシンギュラリティという言葉が騒がれるようになって、そのブームにのって出てきた本、というイメージ。
専門書を読める層ならすいすい読めるかと思うが、そうした人はこれくらいの内容は知っているだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover