¥33,000
ポイント: 330pt  (1%)  詳細はこちら
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

AI×自動運転車・ロボット [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

AI×自動運転車・ロボット [DVD]


仕様
価格
新品 中古品
DVD, 色 2枚組
¥33,000
¥33,000
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで¥2500OFF。 2 件
  • まとめ買いで¥2500OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • まとめ買いで¥4000OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


キャンペーンおよび追加情報

  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 梱包サイズ : 25 x 2.2 x 18 cm
  • EAN : 4562378551462
  • メディア形式 :
  • 時間 : 2 時間 40 分
  • 発売日 : 2017/3/30
  • 出演 : 宮本 和明
  • 販売元 : 新社会システム総合研究所
  • ASIN : B0711V7FYN
  • ディスク枚数 : 2

商品の説明

本セミナーはアメリカの自動運転車・ロボット開発の最新動向を解説する。
アメリカ企業は自動運転車・ロボット開発をソフトウェア開発と捉え、AIが製品の性能と機能を決定する。AIが製品開発で決定的な役割を果たす。AIの観点から自動運転車・ロボット開発の最新動向を分析する。

・NvidiaとAudiは2020年までに完全自動運転車を投入すると発表した。Nvidiaの自動運転技術がベースとなり、Deep Learningがドライブテクニックを学びクルマを運転する。
・UberはAIベンチャーGeometric Intelligenceを買収し、人工知能研究所を設立することを発表した。研究成果を自動運転車に適用し、人間のようにスマートに運転できるクルマを開発する。
・ベンチャー企業Auro Roboticsが開発た自動運転シャトルに試乗した。次世代モビリティを担うクルマだと感じた。近距離を移動する車両としてデザインされ、高齢化が進む日本社会で利用価値が高い。
・Nexarはイスラエルのベンチャー企業で車車間通信ネットワークを開発。ドライバーのスマホをこのネットワークに接続し、安全運転のためのソリューションを提供する。スマホが追突事故を防ぐ。
・Fordは誕生間もないベンチャーArgo AIに10億ドル出資しジョイントベンチャーを設立。Argo AIが開発する自動運転AIでLevel 4のクルマを開発。Fordの自動運転車開発が加速するか。
・インテル研究所とダルムシュタット大学は、ビデオゲームを使って自動運転車を教育する技法を開発。市街地で走行試験を重ねる代わりに、ビデオゲームに描かれる街中を走りAIアルゴリズムを教育。
・Fordはベンチャー企業Civil Mapsに出資した。Civil Mapsは車載センサーで収集した情報を元に全米をカバーするHD 3Dマップを生成する。AIをマップ生成で活用する。
・Googleはコモディティ・ハードウェアに最新のAI技法を取り込み高度なロボットを開発している。この背後では「Reinforcement Learning」といわれるAI技法が使われている。
・Google DeepMindはAI開発環境「DeepMind Lab」を一般に公開した。人間レベルのインテリジェンスを目指し、AIはDeepMind Labで学習を重ね機能を試験する。
・AmazonのAIスピーカーEchoが爆発的に売れている。AmazonはEchoの会話機能をAIボイスクラウドとして一般に公開した。家電や自動車メーカーが相次いでAIボイスクラウドの採用を決めた。
・シリコンバレーでオフィス警備ロボットが話題となっている。ロボットは多種類のセンサーとAIを搭載し自動走行する。自動運転車で培った技術がロボットに生かされている。

1.自動運転車、AI Carへの挑戦
(1)Deep Learning AIがクルマを運転する
~NvidiaとAudiは2020年までに完全自動運転車を投入
(2)次世代AIで自動運転技術のブレークスルーを狙う
~Uberはシリコンバレーに人工知能研究所を設立
(3)都市交通のラストマイルを担う
~自動運転シャトルがシリコンバレーで営業開始
(4)スマホカメラが追突事故を防ぐ ~AIが画像を解析し危険を知らせる
(5)FordのAI Carへの挑戦
~AIベンチャーArgo AIに10億ドル投資しジョイントベンチャー設立

2.自動運転車向け高精度マップ、AIが3D HD Mapを制作

(1)自動運転車のテストコースはビデオゲーム ~Intelが自動運転市場に参入
(2)Deep Learningで自動運転向けマップ作製
~Fordは高精度マップ作製ベンチャーCivil Mapに出資

3.GoogleとAmazonのロボット開発思想ほか
(1)Googleロボット開発プロジェクト最新事情
~ロボットが自律的に学習しノウハウを共有
(2)Artificial General Intelligenceへの挑戦
~GoogleはDeepMind Labを公開し高度なインテリジェンスを目指す
(3)Amazonはロボットクラウド事業を開始
~音声操作できない製品はもう売れない!
(4)ロボット化される米国社会 ~自律走行型オフィス警備ロボットが大人気!

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません