¥ 3,240 + ¥ 350 関東への配送料
残り19点 ご注文はお早めに 販売元: D-STAGE

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

AHEAD - TEAM LEVIATHAN CHRONICLE / 全竜交渉部隊戦闘記録 (終わりのクロニクル イメージサウンドトラック)

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,240
残り19点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、D-STAGE が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:3¥ 3,240より 中古品の出品:7¥ 1,700より

インディーズ ストア
ゴールデンボンバー、ドラマチックアラスカ ほか、 インディペンデントレーベル商品をご紹介 詳しくはこちら


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2008/11/5)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Voltage of Imagination
  • ASIN: B001HPOGXY
  • JAN: 4560272340069
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 134,074位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「映画のように音楽創作を行う」というポリシーのもと、数々のコンセプトアルバムをリリースしてきたインディー・レーベル Voltage of Imagination の最新作は、人気ライトノベル「電撃文庫 終わりのクロニクル(著:川上稔/発行:アスキー・メディアワークス)」をモチーフとしたイメージアルバムです。 累計130万部を超える大長編ライトノベルを、 「戦闘記録」という切り口で大胆に解釈。「架空のアニメーションのサウンドトラック」というコンセプトに基づき、鋭利にサウンド化した意欲作です。アルバムは第一期、第二期とリリースされ、第一期となる今作は原作の第一章から第四章で構成されます。 サウンドプロデュースは、PS2ゲームソフト「I/O」のサウンドプロデュースなどで名を馳せる俊英コンポーザー onoken が担当。作詞・ヴォーカルは、アニメ「CLANNAD」のEDテーマで注目を集めるヴォーカリスト茶太と、「I/O」のOPテーマなどで強く透き通る声が魅力のヴォーカリスト三澤秋をフィーチャー。 美しくメロディアスなトランスサウンド、秘めた力強さを感じさせる切ないヴォーカル、重厚で優雅なストリングス…数々の名場面や戦闘シーンを、多彩な音世界で紡ぎだす今作。Voltage of Imagination と TENKY のコラボレーションによる、「終わりのクロニクル」のイメージアルバムをご期待下さい!

メディア掲載レビューほか

進撃を告げるシグナルは、恐らく誰の心構えも待たぬまま、唐突に鳴らされるものなのだろう。自分にとって、それは「Get Set」だったのだ。最初に告白してしまえば、自分は前からonokenの作る音楽のファンだし、彼の作るものに対してはいつも、少なからぬ期待はしているつもりだ。 それでも“唐突に鳴らされた”と思うほどの衝撃を受けるということはどういうことかというと、どうもこうもない。ヤバイくらいにカッコ良かったということである。 聞き覚えのあるクリスマスソングをフィーチャーした「始まりの詩~清しこの夜~」。なるほど、これは新庄の鼻歌か。ならば……ということで、優雅な調べから一転、またもや唐突に鳴らされた「regalia」である。心拍数を引き上げるように打たれるキックの利いた性急なビート。叙情的な色味を帯びた三澤秋の歌声が立ち上がるのを待つように、進撃を告げるシグナルが鳴り響く。光のようなサウンドがいくつも走り、束になり、それが拡散と収斂を繰り返すようにメロディに抑揚が生まれていく。圧倒的に新しく、物語に引き込む説得力も圧倒的。 2人のコラボレーションは今に始まったことではないが、この楽曲でさらに一段上のレベルに到達したようだ。それは9曲目「soar」のテクニカルなドラムンベース・トラックと絡み合う、ポップな三澤秋の歌声との関係性にも言えるだろう。歌と音は何よりも能弁である。 歌モノでいえば、6曲目の「ウソ」。茶太の濡れたような声に宿る切なさを増幅させる、繊細に組み上げられたサウンド・プロダクションが素晴らしい。R&Bが本質的に抱える荒々しさや猥雑さを、透明感あふれるサウンド・スケープで優しく包み込んでいる。 しかし当然のこと、このアルバムは澄み切った美しい楽曲ばかりではない。8曲目「白雷の疾風」で聴ける暴力的なまでのグルーヴ感は、フリークアウトしたバンド系サイケ・トランスの一派にも見られる危険な攻撃性がある。これは最高のダンス・チューンとしても機能してくれそうだ。 そして。落涙を音にしたかのようなピアノの美しい旋律から始まる11曲目「理由」では、茶太の歌声に心惹かれた瞬間、静かに燃えるような激情が青白いビートとなって駆け抜け、物語のページは唐突な印象のまま閉じられた。本当に悔しいけど、最後まで徹底してカッコイイ。 『終わりのクロニクル』という、長大かつ複雑な物語をアニメ化する勇気が、今のアニメ業界にあるかは正直わからない。しかし、取り敢えずはサントラにあたるような最強の音源が、万全の態勢で待ち構えているこの状況、面白すぎはしないだろうか? 『AHEAD』という作品が音楽的に優れた作品で、尚且つ『終わりのクロニクル』の読者にとっては最高の演出装置であることに間違いはない。しかし同時に、その存在そのものがアンビバレンスな要素を抱えているからこそ、なんとも抗しがたい魅力が宿っているのもまた、事実である。こんなにもいちいち面白いアルバム、聴かなきゃ人生の損失だ。(文/音楽ライター 冨田明宏) --アルバムオフィシャルサイトより抜粋

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2008年11月5日
形式: CD|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月6日
形式: CD
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2008年11月7日
形式: CD
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ヒミツのここたま