AFFLICTED アフリクテッド [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

AFFLICTED アフリクテッド [DVD]

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,052より 中古品の出品:7¥ 792より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でAfflicted アフリクテッドを今すぐ観る ¥ 400 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: デレク・リー, クリフ・プラウズ, バイヤ・レハズ, エド・ヴァン・ブリーマン, ベンジャミン・ゼイトン
  • 監督: デレク・リー, クリフ・プラウズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2015/02/25
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00QR4RA7O
  • JAN: 4571390739390
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 157,870位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第38回トロント国際映画祭、第46回シッチェス映画祭 受賞作品!
『クロニクル』に続く、爽快で恐ろしい体験型SFスリラーの誕生! !


◆『インシディアス』シリーズを手がけた製作陣の最新作!

◆ホラーファンからの高評価(ロッテン・トマト83%)、次の『クロニクル』との高い呼び声!

★第38回トロント国際映画祭 審査員特別賞(最優秀初監督カナダ映画)受賞
★第46回シッチェス映画祭 最優秀特殊効果賞 受賞/最優秀作品賞 ノミネート
★オースティン・ファンタスティック映画祭 最優秀監督賞/最優秀作品賞/最優秀脚本賞 受賞

【あらすじ】
俳優のデレクと友人のドキュメンタリー作家のクリフは、世界中を旅して、
各地の映像をブログにアップする“The end of the Earth"という計画を始動させる。
デレクは脳の病気を抱えており、一時は旅を辞めることも考えていたが、クリフの支えもあり決行の日を迎えたのだ。
旅をつづけて7日目、パリ。デレクはバーで魅力的な女性と出会う。 デレクは彼女を口説き、ホテルの部屋に連れて行く。
クリフは2人の“お楽しみ"の感想を聞こうと帰ると、そこにいたのは、肩から血を流し倒れているデレクだった。
彼はその女性に何かされたようだが、覚えていないという。その日から、彼の身体に変化が起こる。
食事が食べられなくなる、光を浴びると全身が火傷に襲われる、そして、大きな石を割れるほどの力と、
バイクを追い抜けるほどの脚力がつく――。
一体、彼の身体に何が起こっているのか?苦痛に耐えながらも、強大な力を手に入れた彼の運命は――?

【キャスト】
デレク・リー『Snakehead』『The Shell』
クリフ・プラウズ『Kick Me Down』『Chloe And Attie』
バイヤ・レハズ
エド・ヴァン・ブリーマン
ベンジャミン・ゼイトン

【スタッフ】
監督・脚本:デレク・リー、クリフ・プラウズ
製作総指揮:ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ『インシディアス』シリーズ、『ダークスカイズ』
製作総指揮:スチュワート・フォード『セイフ/SAFE』、『デッドマン・ダウン』
特殊効果:デヴィッド・バークス『ファイナル・ディティネーション』
VFX:プリヤンク・ムラーカ 『アメイジング・スパイダーマン』、「アンダー・ザ・ドーム」

【DVD仕様】
2014年/カナダ・アメリカ/カラー/本編85分+特典映像(予定)/
16:9ビスタ/片面・1層/音声1.[オリジナル英語]ドルビーデジタル5.1chサラウンド
音声2.[日本語吹替]ドルビーデジタル2.0chステレオ/字幕1.日本語字幕 字幕2.吹替用字幕/1枚組

※画像はイメージです。デザインは変更となる予定です。
※仕様は変更となる場合がございます。

発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
販売元:TCエンタテインメント

(C) 2013 HEMOGLOBIN PICTURES LTD.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

デレク・リーとクリス・プラウズのコンビが贈る体験型SFスリラー。デレクとクリフは、世界中を旅して各地の映像をブログにアップする計画を始動。デレクは病気を抱えていたが、決行の日を迎える。旅の7日目、デレクはバーで魅力的な女性と出会い…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
前半ほのぼのな感じかしら?っと思ったら主人公が食事中に思いっきり嘔吐してから、不穏な世界感になって最後まで気持ち悪かったわ。
自分の目玉をエグったり、子ブタを殺したり、普通の人は絶対途中で観るの放棄すると思うわ・・・。

『クロニクル』は十分楽しめたんだけど、今作は・・・。
決して駄作とかじゃなく、観る人を選ぶのよね。
特殊な撮影方法で、かつグロくて先が読めないのが好き!って人には向きかしら。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
余命一年の男が友達と旅行に出て吸血鬼に噛まれ、不死身になるという目出度いゲロ満載ホラー。コメディか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
SFの棚にあったのを全く予備知識なしに見始めたのですが、意外に拾い物でした。
今となっては食傷気味のPOV手法で作られた映画で、たぶんPOVだと分かっていたら、好みではないと思って見なかったと思います。
しかし、若者の日常的な行動や会話と古典的なスリラー的題材が妙にマッチして、この手法の映画としては成功の部類ではないでしょうか。

ストーリーは、難病に冒された青年が、友達と二人で1年間のバックパックの世界旅行に出る、というごく平凡なものかと思いきや、途中から意外な展開を見せます。ある女の子に出会ったことがきっかけで、体に変調が起きるのですが…どうなるのかは自分で見たほうがいいでしょう。ごく平凡で古典的、と言っておきます。

しかし、撮り方がうまいのか、題材のミスマッチ的組み合わせが新鮮なのか、サラッとしたプロットであんまり押し付けがましくないのに、予想外に面白く見れます。変化の過程も自然で、特殊メイクがなかなか腕が良いようです。
ただ、ゲロに拒絶反応のある人はやめておいたほうが、無難かもしれません。嘔吐の描写は、生理的にダメな人は徹底してダメな場合が多いですし、むしろグロよりもきついかもしれません。私も普段はさほど気にしないのですが…この映画では迫力ありすぎてウッとなってしまったもので。地中海レストランのシーンで
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
最初この作品を見始めた時、脳の病気で余命幾許もない男が友達と世界旅行をする作品だと思い込んでいた。普段休日にはSFかホラーをまとめてレンタルしているので何故このような作品を借りたのか自分でも不得要領だった。ところが、旅の7日目の夜、主人公が1人の女性とホテルに行ったところから急展開を見せる。女はいつの間にか消え失せ、男の肩あたりから出血していた。翌日、男は美味しい料理を吐き出す。やがては素手で壁を壊したり、高い場所にまでジャンプしたり、車を持ち上げたり、超能力者めいた行動が取れるようになり、随行した友達も喜んだり、興奮したりするが・・・・・・ここまで書くと、この男がどうしたのかが分かるようになる。もう1つ言えば、日に当たると手などが火傷したようになる。警官の発砲も何のその、男には通じない。こういう映画の撮り方もあるのだなと感心した。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
クロニクルのパチ物みたいなコピーがあったので、へえじゃあみようかなあと思い視聴。

一年間世界中を旅するために五年勤めた会社を辞めたデレク・リー、それに付きあう幼馴染のドキュメンタリー作家クリフ・プラウズ。
旅の様子はカメラに収めて、毎日ブログにアップするからみんな見てくれよな。それじゃあ旅はじめまーす。
みたいな軽いノリでサクサクストーリーは進む。

最近のドキュメンタリー系って映像が綺麗ですよね。
ブレアウィッチプロジェクトやパラノーマルアクティビティやクローバーフィールドのころの、粗い粒子がない。細かいところまではっきり分かる。
町並みやホテルの様子がはっきり分かってホントに現地にいる感じになります。ヨーロッパ独特の石造りの建物が織り成す色彩の少ない背景。そこで俳優たちが生き生きと遊びまくります。ゴーカート乗ったり、スカイダイビングやったり、やたらと楽しそうです。
パリにツアー中だというミュージシャンの友人二人が加わり、旅は続きます。

取り方が自然なんでしょうか。演技が上手いんでしょうか。
なんだろ、「水曜どうでしょう」のわくわくするグダグダ感、仲の良い友達同士でのざっくりした会話からこっちも楽しくなってきます。

そんなこんなで7日目
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告