現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

AEROSPACE PROTECTANT 303 DX 約237ml

5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
  • 【総輸入元:マリンサービス児嶋(株)の国内正規輸入品】。(※安価な並行輸入品には特にご注意下さい)303エアロスペースプロテクタントは液体サンスクリーンです。総輸入元:マリンサービス児嶋(株)http://www.303products.jp
  • 1980年に、飛行機と航空宇宙産業のための紫外線・オゾン問題解決の為に開発されました。303は、石油化学製品、シリコーン油または石油生成品を含みません。303は油性ではなく、ベトベトでなくてちりを引きつけません。303の定期的な使用は、最高100%紫外線をカットすることができます。
  • 1980年以後紫外線防止テクノロジーでのリーダーです。303はビニール、革、ゴム、ファイバーグラスと大部分のプラスチックに利用できる最も強力な紫外線防止剤です。
  • オープンカーのリアウィンドウ、タイヤ(側面)、ライトレンズ、樹脂バンパー、ダッシュボード、革シート、ウッドステアリング、ウッド製品、ウィンドウシール等のゴム部分、加工(染色)された革製品、紫外線を浴びて劣化する品物にご使用頂けます。
  • ロードバイク等のカーボン製品の紫外線劣化予防にも最適です。ボートのゲルコートファイバーグラス、エンクロージャー/クリアウィンドウ、インフレータブルボート、ビミニサポート・ツナタワー・ウインドシールド、ヨットのマスト・ブーム・スピンポール・ウインチ、ダイビングスーツ、ビニール/革ソファー、動きが悪くなったファスナー、ヘルメット、ゴーグルなどにもご使用頂けます。


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランド303 PRODUCTS, INC.
商品重量82 g
梱包サイズ19.6 x 10.4 x 5.3 cm
メーカー型番230330
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ19.6 x 10.4 x 5.3 cm
  
登録情報
ASINB000XBGQ0E
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 車&バイク - 46,138位 (ベストセラーを見る)
発送重量82 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/2/16
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

303 Aerospace Protectant 303 エアロスペース プロテクタント

【総輸入元:マリンサービス児嶋(株)の国内正規輸入品】(※正規輸入品と明記のある商品をお求め下さい。正規輸入品と明記のない出品商品、並行品の内容物の保証は致しかねますので注意下さい)総輸入元:マリンサービス児嶋(株) http://www.303products.jp

303 Aerospace Protectantは素材を選びません!
紫外線(Ultra Violet)による劣化を防止します!<SPF40>
特徴:ビニール・ゴム・プラスチック製品・アルマイト処理されたアルミニューム等の製品を紫外線・オゾンから保護します。
303には研磨剤を含んでいません。 
防水・防汚・防カビ・静電気防止・潤滑効果があります。
効果が長持ち・安価で、汚れても清掃が簡単にできます。

塗布量の目安:8oz(237g)につき約140平方フィート(13平方メートル)以上
塗布方法:対象とする物にスプレーして全体に拡げます。
30-40秒後、吸湿性のある柔らかい布で拭き取ります。 乾くまでふきとり、乾燥すれば作業終了です。

何もしていないゴム、ビニールやプラスチック類は、容易に紫外線を吸収して劣化します。
ビニールの乾燥を防ぎ柔らかく保ちます。 
製品の色・光沢を元に戻し、美しくその状態を持続します。

紫外線の放射 
●タイヤの劣化理由
タイヤの側面は長い期間を経過すると乾燥し、ひびが入って、割れます。
そうして タイヤは乾燥することにより劣化していくのです。
キャンピングカーやトレーラーやクラシックカーの所有者にとっても大きな問題です。
303エアロスペースがタイヤ劣化に対する解決策であるかについて科学的に、詳細に説明します。
タイヤ製造業者は、オゾンと紫外線による劣化を防止するために添加剤をブレンドしています。
オゾンは、無臭のガスですが、一般に「電気的なにおい」とみなされます。
都市と製造工場で多く発生しています。オゾンは空気の一部で目にはみえません。
知らない内に紫外線によって、オゾンがゴムの劣化を引き起こしているのです 。

●紫外線による劣化
太陽光の放射される光の中で目に見えない光線の一つが紫外線(UV)です。
ファイバーグラスを黄ばませ、弱めて、ファブリック弱める事が、紫外線に起因する問題です。
UV光が害を引き起こす前に、吸収・反射されなければなりません。
それが熱に変えられるか、すぐ近くのスタビライザー分子へ移されないならば、弱い化学繊維や製品を壊します。
これが、UV損害の始まりです。
ある材料は容易にUV光を吸収します。容易にUV光を吸収する材料は、速く損害を受けます。
ゴム、ビニール、ゲルコートファイバーグラスと多くのプラスチック類です。
アクリルはゆっくりUV光を吸収するために、それに応じて劣化します。
UVスタビライザーは、UV光の有害な作用を反射するか、中性化する能力をもつ一群の化学品です。
303の吸収剤はUV光を熱に変換することによって、紫外線を無害な物にかえ保護します。
他のUVスタビライザーは、違う働きをします。
全てのUVスタビライザーは時間とともにその効果が消滅します。

●2つの重要な点
1. 持続的なUV保護が必要ならばUVスタビライザーは定期的に更新又は補給されなければなりません。
 しかし、 永久的なUVスタビライザーはありません。

2. UV光が吸収されるとき、 化学的接合は破壊し始めて、白亜化し、変色と分解が起こります。
UV吸収から生じている裂け目は、「本体全体」の破壊を引き起こします。
表面に見えている部分から(空気の面前で)連鎖をおこし。そしてより多く深い部分まで、破壊し裂け目を生じさせます。 
このように、UV保護をし、紫外線のエネルギーを無害な熱に変える(黒いカーボンがタイヤでするように)為ににエージェントを提供することは重要です。

●UVスタビライザーの必要性
メンテナンスにおいて紫外線による劣化防止に、UVスタビライザーと呼ばれている効果的な、メンテナンス剤が必要です。
非処理のゴム、ビニールと他のプラスチックは、容易に紫外線を吸収して劣化します。
303は容易に購入できる最高の紫外線防止剤です。
303の使用は色・光沢を元に戻し、美しくなって、その状態を長く持続できます。

あなたの為のSPF40(SUN PROTECTION FACTOR)
1. 303は世界中で最も強力な紫外線防止製品です。
  定期的な使用は弱まっている紫外線防止力を蘇らせあなたの大事な財産を保護します。
2. 303で保護されているビニールは表面完全性を維持するために、ちり、ほこり、油、木樹液としみをはねのけます。 
3. 定期的な使用で、303は失われた色と光沢を元に戻します。
  そして、ビニールを再び新しい製品のように見えるようにし、保ちます。
4. 303の防汚効果により長くきれい保ち、また清掃が簡単になります。
5. 簡単な使用方法:スプレーして拭き取るだけ。
6. ゴム、プラスチック、グラスとペンキにとっても安全です。シリコーン油または石油生成品を含みません。
7. 再適用:最大の紫外線保護効果を得るために、屋外露出の30-45の日中ごとに再適用してください。

下記を使用する材料及び製品に特に有効です。
* ゴム製品
* ビニール製品
* クリアービニール
* ファイバーグラス
* プラスチック
* ダクロンモノフィルム
* インフレータブルボート
* 加工された革
* レクサン・アクリル
303 エアロスペースプロテクタント タイヤへの効果
●タイヤの劣化理由
タイヤの側面は長い期間を経過すると乾燥し、ひびが入って、割れます。
そうして タイヤは乾燥することにより劣化していくのです。
キャンピングカーやトレーラーやクラシックカーの所有者にとっても大きな問題です。
303エアロスペースがタイヤ劣化に対する解決策であるかについて科学的に、詳細に説明します。
タイヤ製造業者は、オゾンと紫外線による劣化を防止するために添加剤をブレンドしています。
オゾンは、無臭のガスですが、一般に「電気的なにおい」とみなされます。
都市と製造工場で多く発生しています。オゾンは空気の一部で目にはみえません。
知らない内に紫外線によって、オゾンがゴムの劣化を引き起こしているのです 。
●紫外線とタイヤが黒い理由 
紫外線は目に見えない光の一種です
ゴムを紫外線による劣化から保護する必要からタイヤは黒い色をしているのです。
この目的のために、「吸収装置」と呼ばれているUVスタビライザーが使用されます。
有害なUV光波エネルギーを捕らえて、吸収します。
有害なUV光波エネルギーを熱に変え それが無害に消えることができるように考えられているのです。
全てのタイヤ製造業者は、吸収材(カーボン-黒色-でとても安い混合物)を使っています。
タイヤが黒い理由とタイヤが他の色を選択できない理由です。
他のUVスタビライザーは非常に高価で、コストの面でも使用するのが困難なのです。 
UVスタビライザーは消耗します。そして徐々にUV損害から保護する事ができなくなります。
黒いカーボンがその仕事能力を失う時、それは灰色になります。
古くなったタイヤやゴムが灰色や白っぽくなっているいるのを見た事があると思います。
それは、UV損害のダメージを受けて、保護・抵抗できなくなっている状態なのです。

●オゾンによる劣化
タイヤ製造業者は、オゾンから保護するワックスを使います。
タイヤは走行時に伸縮します。伸縮することにより、保護するワックスはタイヤ表面に移動します。
空気(オゾンと酸素)とタイヤポリマーの間で物理的なバリアを作り上げる為に、伸縮する事によりワックスがタイヤの表面に移っているこの過程を「ブルーミング」と呼びます。
タイヤが規則正しく使われない(伸縮しない-駐車されたRV、ボート・トレーラーまたはクラシックカー、 その他-)時にはブルーミングは起こりません。
その間にもオゾンは、保護するワックスを侵食し始めて、やがてタイヤポリマーに達します。
黒い表面カーボンは、紫外線とオゾンから保護する能力を失いタイヤは乾いてひびが入ります。

●他の劣化防止剤
石油化学製品とシリコーン油は、保護するワックスを除去して、劣化スピードを増します。
一般の自動車保護剤と「タイヤワックス」は概してどんなタイプの物も紫外線防止効果が全くなく、石油化学製品やシリコーン油を含みます。
そして、見た目とは裏腹に実際にはタイヤを痛めます。
保証問題が起こった場合には、タイヤ製造業者はこれらの種類の製品の使用の証拠を捜します。
使用が見つけられた場合、タイヤ側面(上記のような製品を塗った部分)についての保証はされません。

●タイヤのためにオゾンと戦う303
303エアロスペースプロテクタントは、問題となる石油化学製品またはシリコーン油を含みません。
303エアロスペースプロテクタントは、タイヤを保護しているワックス効果を失わせませないように、タイヤに吸収され効果を発揮します。
吸収される事で、黒いカーボンのUV保護する作用を補いタイヤポリマーへの強力な紫外線防止効果を届けているのです。
防水、ちりを引きつけないで長期にわたる柔軟さを保護します。
オゾンがワックスを浸食する前に303はオゾンを吸収してしまう事ができるのです。
303は、とても効果的な酸化防止剤とオゾン保護剤です
最も長い耐久性、タイヤの最も強力な保護剤で美しくするトリートメントです。
全ての他の合成又は天然ゴムの保護剤です。

●タイヤの黒さ
303で処置されたタイヤは、新しいタイヤの自然で綺麗な光沢の黒い色になります。
303で処置されたタイヤは、タイヤワックスのようなぎらぎらとした光沢にはなりません。
シリコーン油のベトベトがない為、汚れを呼び寄せる事なく新品かと感じる自然な艶が見られます。

●タイヤを最高の美しさに保つために-使用方法-
1. きれいで乾いたタイヤ側面に、303エアロスペースプロテクタントをタイヤ側面が完全に303で濡れるようにスプレーしてください。
2. 余分な303が端に流れたら柔らかい乾いた布で拭き取ってください。
 同じ様に各タイヤにしてください。
3. 10-20分後(乾燥した頃)、各タイヤを柔らかい乾いた布で拭き取ってください。
完.あなたのタイヤは、見ても触っても新しいゴムに生まれ変わります。タイヤの命はゴムの柔軟さです! 

●初めての使用や過度に乾燥したタイヤの場合-使用方法-
過度に乾燥したタイヤの場合、2度の処置が必要かもしれません。
2度目は、1度目の303が乾燥してから繰り返し同じように作業してください。

●適用間隔
303の定期的な使用で、完全に紫外線とオゾンによる劣化を防ぐことができます。
屋外に駐車している車の場合には303を20~30日ごとにスプレーしてください。
簡単な作業なので気が付いた時に行ってください。
走行距離が少ない人では、1本のタイヤを2年位使います。その間に劣化は進みタイヤの性能も落ちてきてしまいます。 

303は、100%、全ての種類のタイヤ及び全ての合金(ホイール)にとって安全です。
303を規則正しく処置されるタイヤは水をはじきます。何も処置していないタイヤと比べて手入れははるかに簡単になります。
なぜビニールに303が必要なのか?
●一般的に言うビニールとは 
ビニールは、塩化物(PVC)から作られるプラスチックです。
ビニールにはたくさんの種類があります。そして、いろいろな使用目的のために品質を変えて製造されます。
製造過程でビニールの劣化を防ぐ添加物が加えられていますが、そのままでは添加物は蒸発してしまいます。
加えられた添加物の蒸発を押さえ、ビニールを柔らかく保つのがトップコートです。
ビニールは日光にさらされると劣化する紫外線に敏感な材料です。
ビニールのトップコートの完全性を維持し、紫外線による劣化から保護する事が重要になります。
トップコートを保護する事は ビニールを良い状態に維持する最も重要な事であり、ビニール製造業者が最も心がける点です。
303エアロスペースプロテクタントは、トップコートを守るのです。 
303エアロスペースプロテクタントがビニール製造業者からも推奨されている理由はここにあります。
●清掃から始めましょう。 ビニール製造業者は、以下の清掃方法を同意して、推薦します。
・ビニールに関しての一般清掃(ビニールをきれいに保つ方法)
表面のゴミを冷たい水で流します。 
純石鹸水(合成洗剤でない)と柔らかい布またはスポンジを使っての洗浄します。取り去り難いほこりには柔らかいブラシを使います。
完全に水ですすいで、乾かしてください。
きつい家庭用クリーナー・研磨剤・スチールウール・石油生成品・アルコール・ドライクリーニング液・漂白剤を決して使わないでください。 

・カビしみ
カビをつくっているバクテリアを殺す為に、水4とアンモニア1の混合液を作り、柔らかいブラシを使って洗い落とします。
冷たい水によるすすぎを行い乾かします。

・厳しいカビしみ
茶さじ1杯のアンモニア、過酸化水素1/4カップと蒸留された水3/4カップを使用してください。
冷たい水によるすすぎを行い乾かします。

全ての清掃方法の後に、水で完全にすすがなければなりません。
研摩材をビニールには絶対使用してはいけません。 

●ビニールを保護の為の注意点
間違ったビニール保護製品を使用することは、何もビニール処置製品を使用しないことよりより悪いです!
油性だったり、ベトベトの感覚を持つ石油生成品・シリコーンを含む製品・乾くとワックスのようになるビニール処置製品を避けてください。
製品ラベルが言う、「可燃性の」あるいは「石油生成品含む」と記載のある物はビニールには使わないでください。 
石油生成品は、ビニールとゴムに一般的には「使用してはいけないこと」です。ワックスもビニール対して決して使われてはなりません。
大部分のワックスは石油生成品を含むので、ワックスは強化製品です。太陽から吸収される熱を溜めて、熱による劣化を速めます。
全てのビニール製造業者は、油類がビニールに使われてはならないことに同意します 。
シリコーン油によるビニール処置は下記の理由により使用してはなりません。
1)シリコーン油は概してビニール表面処理材を傷めます。
2)シリコーン油は通常紫外線防止効果がありません。
3)シリコーン油は熱による劣化を速める強化製品です。
4)シリコーン油はベトベトで油性で、ちりを引きつけて、より速く汚れます。

303で表面を処置する方法はビニールにとってより良い事です。
303は一度の適用よりも二度の方がより効果があります。
全てのビニール製造業者によって推薦されます。
■推奨業者一覧

●ビニールのための303使用
303エアロスペースプロテクタントは液体サンスクリーンです。
そして、定期的な使用がビニールの寿命を延ばします。
303は、石油化学製品、シリコーン油または石油生成品を含みません。
303は、強化製品ではありません。
303で処置された表面は、通常熱を消します。
303は、油性ではなく、ベトベトでなくて、ちりを引きつけません。
実際、303で処置されたビニールは、ちり、ほこり、しみをはねのけて、汚れた場合でも表面のクリーン効果によりきれいにするのが非常に簡単です。
303はビニールに対して安全であることは十分テストされていています。
クリーナーと保護剤が合成されているので、処置前の清掃は通常必要ではありません。(表面のゴミ・砂等は傷の原因となるので取り除く必要があります。)
303は、主なビニールとビニール・アクセサリー製造業者によってテストされて、推薦されます。
1980年以後紫外線防止テクノロジーでのリーダーです。303はビニール、革、ゴム、ファイバーグラスと大部分のプラスチックに利用できる最も強力な紫外線防止剤です。
303の定期的な使用は、最高100%紫外線をカットすることができます。
「303」は、お金を節約して、ビニールの寿命を延ばします。
「303」は、ビニール・ケアのために最高のあなたの選択です。
「303」は、エアロスペースと飛行機に紫外線防止製品として適用するために開発されました。

●303よる透明ビニール両側の保護
303AEROSPACE PROTECTANT をスプレーして、完全に拭き取ります!
きれいな、吸収性の柔らかい布だけを使ってください。
1、303は。ビニールにとって、最も効果的な紫外線保護製品です。
2、303は、よりクリアーな視界を得ることができます。
3、303は、汚れ、ほこりとちりをはねのけます。綺麗な状態を長く保ち、清掃が簡単になります。
4、303は、ビニールをキズ付き難くします。
5、303は、可塑剤の蒸発を遅らせます。
303エアロスペースプロテクタントは、大部分の透明ビニール、テント、コンバーティブルトップ製造業者に推薦された保護剤です。
・ 透明なビニールはより紫外線に敏感です。より簡単に可塑剤が蒸発してビニールに 霞がかかるように曇り、 黄ばみ、そして最終的には砕けます。

清掃: キズ付けることを避けるために、必ずまず水洗いで汚れを落してください 。
石鹸水と柔らかい布で洗浄します。
水ですすいで、乾かしておいてください。

カビ: ほこりと湿気は、カビ発生させ繁殖させます。
カビを防ぐ為には、ビニールをきれいで乾いた状態にしておくことが重要です 。
<汚いビニール>+<湿気>="カビ"
303で処置されたビニールは、ほこり、ちりを寄せ付けずカビが愛する汚染物質をはねのけます。
「303」は水もはじきます。 あなたが303を使い始めれば、カビは問題になりません 。
 

自動車・オートバイ・キャンピングカーへの適用
●タイヤ(側面)・パッキン部分
●ウインドシールド(ラバー)(EPDM/ethlene propylene dine monomer)
●プラスチック成型品・樹脂ライト・エアロパーツ・バンパー
●ダッシュボードなど
●プラスチックトリム・プラスチックフェンダー
●ルーフラック・デカル
●ヘルメット・ゴーグル

家庭・その他
●動きが悪くなったファスナー
●ビニール/革ソファー
●合成皮革製品
●加工(染色)された革製品
●紫外線を浴びて劣化する品物ボート・ヨットへの適用
●インフレータブルボート
●ゲルコートファイバーグラス(ボート・PWC・ヨットの船体)
●ウインドウ(アクリル・ソフト透明ビニール)
●アルマイト処理されたアルミニューム製品
●(ビミニサポート・ツナタワー・ウインドシールド・
●アルミニュームステップ・アウトリガー・ボートフック)
●チークデッキ
●PVC ベンチレーター
●ヨットのマスト・ブーム・スピンポール・ウインチ
●モノフィルムセイルクロス
●ゴムホース・ビニールホース
●電源コード
●ラテックガスケット
●ダイビングスーツ
●釣り竿・リール・釣り糸(フライライン含む) 
●ビニールクッション
303 AEROSPACE PROTECTANTファイバーグラスへの効果
バフ作業またはワックス作業が不要となります。
ビニール・gelcoatファイバーグラス(ポリエステル樹脂)は、紫外線に敏感なプラスチックです。
製造業者が製品を製造する際にUVスタビライザーをビニールとゲルコートをファイバーグラスに加えていますが、これら
の保護剤は時間経過によってその効果は減少します。 
持続的なUV保護が要求される場合には紫外線防止剤が補給されなければなりません。
色のついたゲルコートファイバーグラスは特に紫外線に敏感です。
そして、303エアロスペースプロテクタントは色のついたファイバーグラスの色を復帰させる最も簡単な方法です 。
他に303相当品はありません。303エアロスペースプロテクタントは色と光沢を新品のように復元させます。
●使用方法
十分に表面を濡らすために303をスプレーします。(303は浸透します。)
30~40秒後に柔らかい、吸収性の布で余分な303を拭き取ってください。
303はワックスと比べるとそれほど早く乾燥しません。
完全に乾いた状態になるまで待ってください。 
303が乾いたら、もう一度303をスプレーして拭き取ってください。
最高の結果を得るために、直射日光を避けて、303を適用してください 。
( ファイバーグラス表面があまりに暖かくないようにして)
熱い表面に303を適用すると、その効果を発揮する前に蒸発してしまいます。

・303の再適用
出掛ける前に!(トレーラーボート等を牽引する少し前に)、表面にスプレーしてください。
そして、30~40秒後に柔らかい吸収性の乾いた布で余分な303を拭き取ります。
これは、UVスクリーンを維持して、紫外線による劣化を防ぐ優れた方法です。
・303は、防水・撥水効果(ビーズ水)があります。
303を適用された表面には、ほこり・よごれ・虫は60マイル/時で走行する車とボートに付着しません。 
防水性能が減少し始める 前に再適用します。
303の最適用期間は、常時屋外に在るものでは30~80日と推奨されています。
アルマイト処理されたアルミニュームへの効果
アルマイト処理されたアルミニュームはボートやヨットで多く使用されます。
ビミニトップの支柱・ツナタワー・ハッチのフレーム・ウインドシールド・マスト・ブーム・梯子・アウトリガー・トリム等
アルミニュームは塩風や海水で劣化し易い材質です。
303の適用はアルミニュームが塩風や海水で劣化することを防ぐ最高の手段です。
他の保護製品と比較して格段に使用が簡単で効果もおおきいのです。
加えて、303は空気・水・しみ・汚れ・魚の血・ウロコをはね除けます。

また、レーシングセーラー&セイルボーダーにはマストの抵抗を減らします。
経験の深いボートオーナーは計器の枠やアウトリガーに303を使用します。
303はアルミ製品にとって特に有効な紫外線防止剤です。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
12年モノのベンツ(W210・Eクラス)に乗っています。
ドア内側のウェザーストリップ(ゴム・パッキン)の劣化防止の目的で購入。
GW中に洗車した後、ドア・トランク・エンジンルームのゴム・パッキン類に施工しました。

古いゴム部分の細かいヒビ割れの修復はできませんが、劣化して表面が白くなりかけていたゴムが本来の黒に近い色に復活します。
またボデーとすれ合う部分の滑りも良くなるのでは無いかと期待します。

特筆すべきは、ダッシュボードのビニール表面への施工です。
マイカーは露天駐車のため紫外線でかなりダメージを受けていたようで、洗車をする時にはたいてい拭き掃除していたので汚れてはいないのですが、どうも本来の黒色が抜けてきたような印象であったものが、本剤の塗布で黒々とした表面に復活して驚きました。
まだ施工後10日くらいですので耐久性については不明ですが、ヨット等船舶の外回りの部材にも勧められていますのでそれなりにもってくれるのではないかと期待しています。

アーマオールも所有しており、それぞれ得手不得手もあると思いますので上手く使い分けていきたいと思います。
最近買ったものの中ではなかなかの優れものであると感じており、友人にも勧めています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
市販のタイヤ艶出し保護とうたわれているのは、シリコン入りで実はタイヤにはよろしくないとのこと。
ネットで色々と調べていたら、タイヤ専門のとある方のHPでこの商品が紹介されており、一番安いAmazonから購入。
少々お高いのですが、艶も必要にして十分得られ満足です。(ひび割れ等のタイヤの寿命については分かりません)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゴムや合成樹脂、プラスチック 太陽による強力な紫外線のダメージにより白く 粉が吹いたような状態を一度は見たことがあると思います。 

これを防ぐ為に アーマーオールやクレポリメイト等の保護剤・・が身近なカー用品、ホームセンターで身近に手に入ると思います。 私も10年を超えるほど購入して来たのですが どうしても強力な太陽のエネルギーの進行を、販売されているケミカルで止めることはとても難しいと感じております。 製品が悪いとかそういうことではありません。太陽光発電をされている家庭なら、なお解ると思いますが 小さな家の屋根でも日当たり条件が並程度で 標準以下の太陽光システムを購入(2.5KW)したとしても日中なら最新の個室用エアコンが3台(1800〜2400W程)難なく動いてしまう力を余裕で出せてしまいます。安価な家庭用レベルでです。要は当たり前ですが太陽光は非常に高エネルギー波です。  
話を戻して、そこに太陽光線が当たり 例えば油性タイプ式だと、油分でゴムを守ると溶かしてしまったり、例え水性式の保護剤でも、劣化の進行を早めていたり そういうことが実際にあります。カテゴリ違いですが、CRC5-56等の潤滑剤は、潤滑やサビ止めとして鉱物油を使っており、金属表面をサビ止めし、さらには金属への浸透率を上げていますが時間が立つとそれがアダ(今度はサビの原因)となる・
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他社のタイヤコートをいくつか使用してみましたが、どれもタイヤ表面にクラックが発生してタイヤコートを諦めていました(環境条件:屋根有り、週2日運転ペース、少走行)。
この製品を購入、使ってみて一ヶ月以上経ちますが、今の所クラックは発生していません。
塗布した時の艶はあからさまな光沢ではなく、自然な感じの光沢でした(個人的主観ですが)。

最初に塗った時は、艶がありましたが、時間経過と共に少しづつ光沢は薄くなってきているようです。しかし、洗車を何回か(2週間に一回程度ペース)しましたがタイヤがあまり汚れておらず、ツヤは残っており、コーティングされている感は持続しています。
定期的に洗車・塗布で長持ちしそうです。
このまま状態が良ければ、レギュラー品として使っていきたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイヤを新調したのをきっかけに購入しました。
量販店などで売っているタイヤワックスの中には油性のものがありタイヤへの悪影響があるとのことで
油性でなくてシリコンが配合されていない303をチョイスしました。
使ってみての感想は伸びも比較的良くて塗りやすいです。
ギトギトした不自然な艶もなく自然な仕上がりです。
効果はあまり長続きしないようですが、気が付いた時に塗り込むようにしています。
あとはどれだけタイヤが長持ちするかでこの303の評価は決まるでしょうね。
使い勝手は悪くなかったのでとりあえず★★★★☆にしました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー