¥430
あわせ買い対象商品
ご注文合計額が¥ 2,000 (税込)以上の場合、購入いただけます。 詳細
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

AERA (アエラ) 2019年 12/30-1/6 合併号【表紙:木村拓哉】 [雑誌] (日本語) 雑誌 – 2019/12/23

5つ星のうち4.2 4個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
雑誌
¥430
¥430 ¥888
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • AERA (アエラ) 2019年 12/30-1/6 合併号【表紙:木村拓哉】 [雑誌]
  • +
  • AERA (アエラ) 2020年 1/13 号【表紙:草彅 剛】 [雑誌]
  • +
  • AERA (アエラ) 2020年 1/20 増大号【表紙:Snow Man】 [雑誌]
総額: ¥1,260
ポイントの合計: 12pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

■ 木村拓哉さんがAERA表紙に登場! 蜷川実花さん撮り下ろし
   カラーグラビア+インタビュー5ページ!

1月4日、5日に主演するフジテレビ開局60年特別企画ドラマ「教場」の放送を、
1月8日にはソロアルバム「Go with the Flow」の発売を控え、
分刻みのスケジュールの中で実現した撮影とインタビュー。
表紙と1ページコラム「表紙の人」はもちろん、カラーグラビアにも5ページを割き、写真もお話もたっぷり収録しました。撮影はもちろん蜷川実花です。


12月初旬、都内某スタジオ。今回の表紙撮影のため蜷川実花が用意したセットは二つ。
ショッキングピンクの背景にグリーンの光が差し込むセット。
そして、ブルーとピンクの光がオーロラのように差し込むセットでした。
スタジオに現れた木村拓哉さんはほんの少しだけ立ち止まり、二つのセットを確認すると、次の瞬間にはスッとその中に立ち、1度目のシャッターですでに、そのまま表紙にできる一枚が撮れていました。

1月4日、5日に放送されるフジテレビ開局60年特別企画ドラマ「教場」で演じたのは、警察学校の冷徹な教官・風間。自分が本当にいいと思ったものではなくても、周囲の反応を読んで「いいね! 」ばかりが乱発される世の中にあって、「いいね! 」したという行為の意味をとことん問う人物が風間だ、と木村さんは言います。ここからインタビューは、「木村さんにとっての風間は誰か」という話に及び、名前が挙がったのは1989年の舞台で向き合った演出家の故・蜷川幸雄さんと、19年になくなったジャニーズ事務所の創設者、ジャニー喜多川さん。彼らがいったいどんな風に、「いまの木村拓哉」に影響を及ぼしているのか。彼らに対していま、何を思うのか。木村さんはクリアに、説得力をもって語っています。


■人気漫画「あたしンち」の連載も開始! 巻頭特集は「デジタル親孝行」
この号の巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。
作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による書き下ろし新連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」がスタートするほか、
けらえいこ氏による人気漫画「あたしンち」の連載も始まります。


巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。水や米の買い物に困っていないか。転んで動けなくなっていないか。遠く離れていればもちろん、近くに住んでいても老親の心配はつきません。そんな子ども世代の不安を解消し、親の生きがい作りにもつながる「デジタル化」。年末年始の休みを利用してできる「デジタル親孝行」を提案しています。近い将来、実用化される「アバターロボット」を体験したり、ガラケーからスマホへの移行を成功させるコツや月額500円からの「見守りサービス」を厳選してご紹介したり。この特集に沿って「デジタル化」を進めるうちに、親子のコミュニケーションも深まります。

この号では、二つの新連載も始まっています。
一つは佐藤優さんが書き下ろす「池田大作研究―世界宗教への道を追う」
8月末まで35回を費やして、創価学会トップの人物像に迫ります。

そしてもう一つは、けらえいこさんの漫画「あたしンち」
読売新聞での連載が2012年に終了して以来7年ぶりの復活に、
ファンから「待ってましたー」の声が続々と届いています。
大ざっぱなお母さんと高校生のみかんを中心に、タチバナ家の日常をユーモラスに描きます。
読めば共感すること間違いなし。ご期待ください。

ほかにも、
●部活顧問のセクハラ・パワハラも泣き寝入りしない
●伊藤詩織さん「民事で勝訴」なのに刑事は不起訴の違和感
●車いすテニス 国枝慎吾 東京でリオの雪辱に挑む
●パラアーチェリー 岡崎愛子 JR宝塚線事故から生還「人生を楽しみたい」
●森田 剛が語る仕事と日常「些細な幸せがいい」
●記述式も英語民間試験もなくなって「20年度入試」はどうなる
●獣神サンダー・ライガー 引退試合を味わい尽くす
●現代の肖像 プロレスラー オカダ・カズチカ
などの記事を掲載しています。


目次
巻頭特集
親孝行2020


●実態
・実家と親の不安「デジタル」で解消
離れていても近くに感じる
親世代こそデジタルが便利/災害情報も漏れなく届く/スマートウォッチで励まし合ってウォーキング
・親の「スマホ移行」成功のコツ10


●トレンド 月額500円からのデジタル親孝行
カメラやマイクでガチ監視より「非カメラ、非マイクで気配を感じる」

●ノウハウ
年末年始は親子でリテラシー共有&リスク対策
シニアの基本は位置情報オフ/パスワードの正しい書き残し方

●IT
スマホとHDDは「暗号化+初期化」「破壊」が安心

●皇室
「愛子天皇」待望論と日本のジェンダーギャップ
ファンタジー小説で愛子天皇と芦田愛菜首相がタッグ/待望論は息苦しさの発露

●社会
Change.orgの中の人「一人称の物語が社会を変える」
「ヤレる女子大学生」の撤回も#KuTooもChange.org発/発信するのは「私」

●スポーツ
獣神サンダー・ライガーは平成の化身
「小が大を食う」「世界が熱狂」「地方にも参戦」/引退試合を見逃すな

●集中連載①
「池田大作研究 世界宗教への道を追う」佐藤 優


●スポーツ
今度の箱根駅伝は史上最アツ 100年目の見どころ

●TOKYO2020
車いすテニス 国枝慎吾 東京でリオの雪辱に挑む
マラソン 鈴木亜由子 人生を変えた北海道が舞台「何かの縁を感じます」
パラアスリートが語るスポーツの力 池崎大輔・山本篤・成田真由美
パラアーチェリー 岡崎愛子 JR宝塚線事故から生還「人生を楽しみたい」

●インタビュー
木村拓哉

「自分を作った人」を語る
「あの教えがあったからいまがある」
警察学校の教官役「僕にとっては蜷川幸雄さん」/ジャニーさん不在の意味

森田 剛の仕事と日常
舞台では魂と引き換えに悪魔と契約/「些細な幸せがいい」

●ドラマ
いま観るべき海外ドラマ30 「ダウントン・アビー」「ジャック・ライアン」

●教育
部活顧問のセクハラ・パワハラも泣き寝入りしない
「顧問に意見できない」「子どもが人質」に抗いはじめた親たちのノウハウ
記述式も英語民間試験もなくなった20年度入試を検証

●政治
合流協議入りの立憲民主党と国民民主党 旗印は「嫌安倍」

●社会
伊藤詩織さん民事で勝訴 「刑事は不起訴」の違和感
’19 アエラ一行コピー 49連発
いくつ覚えていますか/「嵐の後の寂しさ。」「メンバー札新!」「大孫失。」

●表紙の人
木村拓哉・俳優

●現代の肖像
オカダ・カズチカ・プロレスラー/吉井妙子

●AERA-note
編集長敬白

【好評連載】
『eyes』 内田 樹/浜 矩子
厚切りジェイソンの厚切りビジネス英語
佐藤 優の実践ニュース塾
竹増貞信のコンビニ百里の道をゆく
小島慶子の幸複のススメ!
[新連載]あたしンち けらえいこ
2020_Paralympics_TOKYO/パラ陸上(車いす)
はたらく夫婦カンケイ
Zeebraの多彩な野菜

【AERIAL】
アエラ読書部
苅部 直 評『龍彦親王航海記 澁澤龍彦伝』
この人のこの本 小林聡美
書店員さんオススメの一冊
いま観るシネマ/オリヴィエ・アサイヤス
しいたけ.の午後3時のしいたけ.相談室
沖 昌之の今週の猫しゃあしゃあ
稲垣えみ子のアフロ画報
バカリズムの放談バカリズム
ジェーン・スーの先日、お目に掛かりまして season2

出版社からのコメント

佐藤優氏による書き下ろし新連載
「池田大作研究――世界宗教への道を追う」がAERAでスタート

週刊誌AERA(朝日新聞出版)は、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による書き下ろし新連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」をスタートさせます。
第1回の掲載は、12月23日発売の12月30日-1月6日合併号。
毎週4ページ、全35回程度で、8月いっぱいまで続ける予定です。


世帯数にして827万の学会員を擁する創価学会は、近年、世界192の国と地域にも広がりを見せています。創価学会を支持母体とする公明党は、長く政権与党の一翼を担っており、池田大作という人物と創価学会について知ることは、いまの日本と世界を理解する上できわめて重要だと判断し、連載を始めることにしました。

連載では、「創価学会が国内外でなぜこれほど浸透したのか」という問題関心に従って、「反戦平和」を軸に、教育、夫婦、師弟、政教分離、核廃絶といった切り口で、池田大作氏の人物像と思想を検証していく予定です。佐藤氏はこの連載について、「間違いなく、私にとっての大きな仕事になる」と話しています。

●連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」について
筆者は作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏。
12月30日-1月6日合併号(12月23日発売)から、毎週4ページでスタート。
8月いっぱいまで、全35回を予定。


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07ZWBD45F
  • 発売日: 2019/12/23
  • 商品パッケージの寸法: 28.4 x 21 x 0.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 4
星5つ
45%
星4つ
27%
星3つ
27%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2020年1月12日
形式: 雑誌Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年12月25日
形式: 雑誌
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2019年12月25日
形式: 雑誌
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告