この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AD(アシスタントディレクター)残酷物語―テレビ業界で見た悪夢 単行本 – 2010/4/30

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 330

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

テレビ業界で話題になる「AD」はひどい扱いを受けているという話。 だが、ADの仕事の現状は、噂よりもはるかに悲惨だった。 テレビ番組の制作会社に就職し、悲惨なADの世界に飛び込んでいった著者、渾身のノンフィクション。 あなたは本書を読んで、無邪気にテレビを見れますか?

内容(「BOOK」データベースより)

夢を抱いて入ったテレビ業界。だが、その世界は想像をはるかに超えた悲惨で過酷な世界だった。ADは奴隷と同じ?ひどすぎるテレビの裏側。著者自身がテレビ局内でバラエティ番組のADとして働いた体験を再現したルポルタージュ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 彩図社 (2010/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883927385
  • ISBN-13: 978-4883927388
  • 発売日: 2010/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 494,602位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
映像業界は、本当に暴力当たり前、徹夜、会社で寝るの当たり前です。
それが耐えられないのは弱い人間と見なされる…おかしい業界です。
『やりがい』という言葉を隠れ蓑になかなか表に出てこない現状を書いてくれる人がいて良かったです…。
この本をキッカケに業界の事をわかってもらったり、業界が少しでも変われば…と願わずにはいられません。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアー 投稿日 2012/6/3
形式: 単行本
ひきこもりテレビっ子の自分もそうだったので読んでいて驚きはなかった。
薄給、暴力、セクハラ、休日なしの長時間奴隷労働。こんなもんだろうな。

単純な引き算でテレビ局社員の高給は、スポンサーかもらった総額から、下請けである制作会社に安く作らせることで、差額をピンはねする。
ゼネコンなんかも同じなのでは。

筆者と自分はとても良く似てるし、テレビの華やかで面白そうな世界に惹かれるのはよく理解できる。
ひどい奴隷のような労働でも、実際に自分が関わった番組が放送されれば充実感は高いだろう。
職業としては毎日が終わらない文化祭状態。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビへの就職を考えている大学生です。制作会社の待遇の悪さは噂で聞いてはいましたが、想像以上でした。今まで、この問題に関して書かれた本がなかったのが信じられないほど酷いです。私の先輩に、どうしてもテレビの仕事がしたいと制作会社に入社した人がいました。こんな強い想いを持っている人すら辞めていく労働条件が問題だと、著者の葉山さんは繰り返し書いています。テレビ業界への就職を考えている方に、ぜひ読んでもらいたいです。ただ、現ADや業界を見限った人の話ばかりだったので、違う視点もほしかったです。その方が筆者の言いたいことが際立つのではないかと思いました。最近は制作志望の女の子も多いので、現場のセクハラなど女性特有の問題についてもう少し知りたかったです。なので、☆1つマイナスです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
''This is a book about the hidden truth of the Japanese TV industries...'' -Ryota Nakanishi

私は、テレビ界の各種の虐待が残業代ゼロの違法性を利用して行われているのを知っていますし、実際はそうして無駄な時間が多いのです。残業代は、いじめの抑止でもあります。

日本のテレビ界の劣悪さの根源は、その違法な雇用形態にある。そこでは、派遣の偽装請け負い、残業代不払い、果ては、日本の労基法を葬る''業務委託の労働者'' なる最悪の雇用形態を発明したのもこの業界である。しかし、偽装された業務委託の労務も労働者であり、反ブラック企業の諸方策はそのまま有効であり、尚かつ唯一有効である。しかし、労働者本人が、諦めず、しかもいかなる偽装された雇用形態の下でも、労働者性を自覚し、労働者の権利を行使するための諸方策を実行することである。詳細は今野氏の諸著作に詳しい。

ちなみに、この私は、某ブラック共謀テレビジョン及びその腹黒ブルジョアジー共に勝利した!もはや、業務委託の労働者なるネオリベの発明品は労基法の正義の光の前に敗北したのである! AD諸君、戦え!私のように!チャオ!

葉山さんの勇気ある告発と、真実の記録がここにあります。体育
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック